貧乏によって強くなる!最大最強への一番の近道

shutterstock_137181929

貧乏はあなたを鍛えます!周りの誰よりも強くなる最短最速の近道

芸人さんがなぜあんなにタフなのか?を考えたことがありますか?
それは「貧乏」を経験しているからです。

貧乏を経験したことがある人はものすごく強いのです。
芸人さんに限らず、サラリーマンでも社長でも、スポーツ選手でも俳優さんでも、貧乏な時期を過ごした人は、遅かれ早かれものすごい結果を出すことが多いですね。


あんな人が激貧乏だった?

あなたは鈴井貴之さんをご存知でしょうか?

「水曜どうでしょう」でお馴染みのタレントさんであり、芸能事務所の会長をされている方でもあります。
人気俳優である大泉洋さんを見出した人です。

今でこそ売れっ子タレントであり、映画監督であり、芸能事務所役員ですが、鈴井さんは若手の頃はとんでもない貧乏生活を送っていたと、ラジオなどで何度かネタにしていました。

当時付き合っていた彼女(今の奥様)にも、いろいろ助けてもらっていたとのことです。
そういう体験があればこそ、今の立場があるんだろうと思います。

若い時の貧乏体験が、鈴井さんを鍛え上げてくれたという側面があるのです。

芸人さんてすごく分かりやすいですよね。
ネタを考え、営業に出かけ、イベントに参加し、お笑いの番組やオーディションにも出かけます。

それと並行して、食べていかないといけないのでアルバイトをしています。
今は売れっ子でも、若手の時は日々食べるにも苦労するくらい貧乏していた芸人さんもいるのです。

そういう体験があればこそ、売れ続けている土台を作り上げてこれたのだということなんです。

土台がある人は一発屋にならず、長きにわたって活躍し続けることができます。

芸能界だけではなくビジネスや商売の世界でもそうだし、スポーツも同じです。

貧乏体験によって人として、一社会人としての地盤が出来上がり、その後のあなたの人生に大きな利益をもたらす基礎となるということです。

そしてこの基礎は、仕事を進めるために必要不可欠なものであり、あとでお話する「貧乏神」を遠ざけるために役立つものでもあります。
基礎があればこそ応用が可能です。

貧乏という状態は、基礎をあなたに植え付け、この先必要となるスキルやメンタルを養える状況なのです。
そう考えれば、生きる上で必要となるものをあなたに教えてくれるわけですから、あながち悪いものとは言えないですよね。

もちろん、貧乏な状態にならずに済めばそれはそれでいいことです。
ただ、貧乏であるからこそ知りえないことや身につかないこともあるということを、覚えておいてください。

貧乏があなたにもたらすもの

貧乏というと生活がシンドイというイメージがありますよね。
お金はもちろん、時間もなかったりモノもなかったりと、ないない尽くしになっている状況が思い浮かぶのではないでしょうか。
そんな、何もかも無い状態であってもあなたにもたらされるものがあります。

それは「生活力」です。
もっと平たく言うと「生きる力」です。

平たくなかったりして・・・(汗)
最近の世の中に最も必要な力だと私は実感しています。

なぜなら素晴らしいスキルがあったとしても、優れた頭脳を持っていても、それを活かせずに底辺の層で悶々としている人がたくさんいるからです。

T大とかK大とか、日本でもトップの学校を出て、誰もが憧れる会社に入ったにもかかわらず、気づいたらその日暮らしの生活になっている人がすごく多いのです。

あんだけ頑張ったのに、なんでこんなに貧乏なんだろう?と、傍から見てても思います。
実はその原因が「生きる力」の不足なのです。

貧乏体験というのは挫折体験とも言い換えることができます。
挫折を経験した人間というのは、ものすごく強いのです。

一度貧乏体験をした人は、なんで貧乏になったのか?を知っています。
体系的に理解していなくても分かっているのです。

なぜ?が分かっているから、対策を立てることができるし、どうすれば抜け出せるのか?も知っています。

そう言う体験が一度でもあると、それを他の出来事に活用することで追い詰められても這い上がれるのです。

さらに貧乏体験を含め、挫折を乗り越えた人は仕事に必要なスキルも得ることができます。
本人が気づかない間に身についているのです。

どの仕事でも活かせるスキルが身についた!

私は貧乏体験を通じて、仕事に絶対に必要となるスキルを習得できました。

それは「仮説を立てて検証し、それを改善していく」というPDCAのスキルです。

これはどの仕事でも必要となるものです。
まず仮の答えを出し、それが正しいのかどうか?を見極めて問題点をあぶり出し、それを解消する改善策を考えて再び検証する、という思考回路が自然と身につくのです。

貧乏から這い上がる時、「こうすれば這い上がるのではないか?」と仮説を立て、それを実践してみて結果を見守ります。

その結果があなたが望んでいるモノかどうか?をハッキリさせ、問題点があればそれを解決する施策を考え、再び実践していきます。
この繰り返しによって、最終的に一番最適な解答だけが残り、貧乏から這い上がることができるのです。

這い上がるだけではなく、それとは真逆の人生になることだってあるでしょう。

仕事にも十分に使えるスキルが身につくので、その後の人生は・・・、ということです。

このPDCAのスキルは、会社が変わっても、そして業界や業種が変わっても使えるスキルです。

たとえ今お勤めの会社が倒れたとしても、業界全体が不況に陥ってしまって立ち行かなくなってしまったとしても、貧乏時代に培ったPDCAのスキルがあることで切り抜けることができるのです。

そこで会社を変わっても、業界を変わってもあなたを助けてくれる強力な武器となることでしょう。

そして、このスキルというのは衰えるということはありません。一度身に付いたら生涯にわたってあなたを助けてくれる存在になるのです。
しかも、スキルは辛い時に身につけたものほど強力なものになります。

辛い時に身につけたスキルほど、ずっと残り続けるのです。
それは何者にも代え難い財産となります。

結果としてこのスキルこそが、あなたを貧乏な状態から抜け出すための手助けとなります。
現にこのスキルによって、多くの人が逆境から立ち直っているのです。

会社を経営していたり新技術を開発している人たちなどは、その典型例です。

追い詰められていたりにっちもさっちもいかない状態から、PDCAのスキルを活用することで一気に立ち直り、自分自身の思い通りにことを運ぶことができるようになりました。

さらにもう一つ!貧乏体験からもらえるもの

貧乏になってみて、もう一つわかったことがあります。

それは「ありがとう」のありがたさです。

貧乏極まりなかった時、私は「ありがとう」というコトを忘れ去ってしまっていました。
人に感謝するということをしていませんでした。

そう言う人のところには貧乏神しか来ないのです。
人も寄ってこないのです。

それをある人に指摘され、「なんでもいいから、何かしてもらったら『ありがとう』と言ってみな。そこから人生変わるから」と言われ、それを実践するようになりました。

その結果、確かに変わっていったのです。些細なことでも「ありがとう」と言い続けることで、貧乏神が去っていくのが分かりました。出ていくお金が減り、入ってくるお金が増えていったのです。

ありがとうというのはマジックワードだと私は思っています。
感謝の気持ちを伝える最強の言葉だからです。

そこにきちんと想いをのせることができれば、さらに強い言葉となります。

感謝の想いをのせてありがとうという言葉を使うことによって、人を招き寄せることができます。
人が集まるところ、お金も集まります。

お金が集まれば自然と貧乏からおさらばできます。

「ありがとう」の気持ちが、あなたから貧乏神を遠ざけ、福が寄ってくるのです。

この体験から、「ありがとう」ということ、人に感謝することがいかに大きな力を持っているか?を知ることができました。
さらにこれが貧乏から抜け出せる一番簡単な道であることも分かりました。

貧乏から本気で抜け出したい!というあなた、ぜひやってみて欲しいです。体験してみて欲しいです。

貧乏状態は抜けだせる!

貧乏であるというのは辛いです。 何もかも制限がかかってしまっているような状態で、買いたいものが変えず、学びたいことも学べないのですから。 とはいっても、貧乏から抜け出せることは十分にできます。 本気で抜け出したい!とあなたが思い、そして行動に移せば抜け出すことができるのです。 現にそこから抜け出した人はものすごくたくさんいます。 一人二人では無いのです。 だったらあなたも貧乏から抜け出すことができます。 さらにスキルも身につくので、一石二鳥・三鳥です。 貧乏から抜け出し、今よりももっともっと楽しい毎日にしてみましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

貧乏によって強くなる!最大最強への一番の近道
Reader Rating 2 Votes