節約生活こそが豪遊生活への最短ストーリーである!


節約生活を経験したからこそ豪遊生活になる資格がある!あなたもその一人!

節約をしている人、すごくたくさんいます。
昨今のブームでもあり、物価の上昇とも相まっていろいろな節約方法やノウハウが公開されていますよね。
食費とか遊興費とか趣味とか、いろいろなものを節約している人がホントに増えてきました。
節約した結果、どんどん貯金が増えたり自由に使えるお金ができると嬉しくなるものです。

反面、節約生活に疲れてしまった・・・という方もたくさん見かけるようになりました。
推測ですが、節約生活によるストレスではないかと思います。
あれこれと切り詰めた結果、心身ともに疲労が溜まってくるからです。

今回の記事は、そんなストレスを吹っ飛ばす内容ですので、最後までじっくり楽しんで頂いて、あなたのライフスタイルに活用して頂きたいです。


節約生活がなぜ豪遊生活に?

節約生活がなぜ豪遊生活に結び付くのか?
イメージが湧きにくいかも知れません。

「結びつくわけねーだろ!」と思っているかもしれませんね。
ところが、この両者には密接な関係性があるのです。

その関係性とは「お金に関する知識の有無」です。

節約も豪遊も、どちらにもお金というものを知るために必要なことなのです。

お金とはなんぞや!?なぜお金を使うの?ということをきちんと踏まえておけば、節約生活が豪遊できるくらいの日々に変わりますし、ストレスなく節約生活を楽しむことができるようになるでしょう。

そのための前提・背景となるものがあなたには必要です。

では、その前提や背景となるものとは何か?
節約する「目的」です。

なぜ節約するのか?なぜ節約生活をする必要があるのか?を、とことん考えて下さい。

たとえば勉強したいことがあってビジネススクールに通いたいから、その学費を捻出する、とか、大事な人との記念日は豪華にすごしたいのでそれに使えるお金を作りたい、とか。

もしくはどうしても食べたいものがあったり、絶対に行きたいと思う場所があったり。

私は勉強したいことがあり、さらにどうしても会いたい人がいます。
その人に教えを請いたいと思っています。

そんな目的があって節約生活を送っています。

傍から見ると、「あいつ切り詰めてんなー」と思われているかもしれませんし、「そんなに貧乏なのか?」と笑われているかもしれません。

が、やりたいことがある身にとってはそんなのどうでもよく、そんなことにも流されることなく、さらにストレスなく節約生活ができるのです。

目的があり、そしてそれに納得していると人は突き進むエネルギーが出ます。

しかも、それほど重荷に感じることなく、負担に思うことなく前進できるのです。

目的を持つというのは、あなたのストレスをできるだけ軽くする意味もあります。

節約生活に入る際にはまず、「目的を持って」やりましょう。
これができる人が豪遊生活も夢では無くなるくらいに変化がおきてきます。

節約生活でやってはいけないこと

節約生活を送るうえでやってはいけないことがあります。

これをやらないだけで、あなたはスムーズに節約生活を送れるはずです。

それは「周りに安易に流さる」ことです。
これをやらないでいることによって、ストレスを少なくしながら節約生活を送れるようになります。

あなたが節約生活を送っていることが周りに分かってくると、「そんなのいいから、飲みにいこーぜ!」などといったようなお誘いがくることがあります。

これは節約している身からすると、かなり行きたくなる言葉です。

私は「悪魔のささやき」と呼んでいますが、非常に気持ちがゆらぐのです。
それは日々節約して自分を押さえているため、それを発散させようとするからです。

行けばすごく楽しい時間になるのでしょうが、問題は終わった後です。

楽しさが過ぎ去ると「あ~、やっちまった・・・」というような、何とも言えない虚しさにあなたは襲われるでしょう。
そして、翌日以降はさらに切り詰めないといけなくなるのです。

そのお誘いが楽しければ楽しいほど、その落差がストレスとなります。

さらに自分自身を追い詰めないといけなくなるので、負荷が強く感じられるのです。
なので、安易にお誘いに乗ることはやめるべきです。

そこに目的があれば、お誘いに乗ることはあってもいいと思います。
たまにストレスを発散すべく、あえて誘いに乗るというのもアリです。

何の目的も無く、いっときの欲望に流されてしまうことがNGなのであって、目的があってあなたが納得していればOKです。

しっかり目的を持って行動することで、あなたの節約生活は楽しいものとなります。
ストレスを少しでも軽減でき、快適な日々を送れるようになるのです。

そして。それこそが豪遊生活への道しるべとなるのです。

節約生活がお金の知識をもたらす

最初に「目的を持って節約生活をすべき」と話しました。

これには、ある効果があります。

それは「お金に関する知識が身につく」ということです。
自分自身はどういうことにお金を使いたくなるのか?それはなぜなのか?周りの人が大金を使ってまでも手に入れたくなるのはどうして?
ということが分かるのです。

この「なぜ?どうして?」ということを考えることによって、お金が回る筋道が少しずつ見えるようになってきます。
そうすると、「こうすればお金が入ってきて、こういうことをすればお金が出て行くんだな」というのがわかるのです。

つまり、生きたお金の流れが見えるということです。

お金に関する勉強会やセミナーが、全国各地でたくさん開催されています。
私も何度も参加したことがあるのですが、そのどれも机上の空論だったりきれいごとばかりで、何一つ役立ちそうだなと思ったことが無かったのです。

ところが、節約生活を送ることで綺麗ごとだけでは無い生々しいやり取りが分かり、それを通じてお金に関する活き活きした知識が手に入るのです。

豪遊生活を送る人達、いわゆるお金持ちと言われる人たちはお金の知識をたくさん持っています。
しかもその知識は現実世界でのやり取りを通じ。いろいろな経験を経て得たものなので、最良の教科書なのです。

しかも、現場から得た知識なので、実践という教科書も同時に手に入ります。
すぐ使える形で学ぶことができるのです。
だから彼らはお金持ちになっているという側面があります。
そのための知識を節約生活で身につけられるとしたら・・・、楽しくなってきませんか?

ラクじゃないからいい!

節約生活はラクではありません。
生ぬるい物ではありません。
辛いこともあるしシンドいと感じることもあるし、きつい思いをしなければならないときもあります。

だからいいのです!

ラクではないからこそ、自分自身を鍛える格好のトレーニング場になります。
きつい思いをするからこそ、辛く感じるからこそ、自身が鍛えられてその後の人生に大きな助けとなるのです。
様々な欲望に打ち勝つためのトレーニング、自分自身を律するためのトレーニング、賢くなるためのトレーニング、などなど様々なトレーニングができるのです。

生ぬるい日常を送っているだけでは、自分自身を鍛え上げることはできません。
貧弱で考えなしの貧乏体質になるだけです。

多少きついことがあるかもしれません。
我慢をしなければならないときもあるでしょう。

しかし、それが一生涯続くわけでは無く、それを乗り越えた先には何もかも楽しめる環境が整っている場所にあなたは招待されます。
値段を気にすることなく買い物ができ、食事ができ、学びたいことは何でも学べる。
現代の生活から考えれば、夢のような環境が整うのです。
節約生活はそのための準備期間を兼ねている、と考えれば、お金を貯めることと併せ一石二鳥になります。

そう考えるとオトクに思いませんか?

意外と楽しい節約生活

節約する目的がハッキリしていると、節約生活は楽しくなります。 節約した先何が待っているのか? 節約したことによって、自分はどうなれるのか? どんな面白いことになるのか? コレが明確であればあるほど楽しいものになるのです。 節約生活を楽しんでいる人の大半はきちんと目的を持っています。 なんのために、なんでそれをするのか? 節約して貯めたお金は何に使うのか? それによって自分たちはどうなれるのか? 何を体験できるのか? これらがハッキリと見えているのです。 これはお金持ちになっている人も同じです。 なぜお金が欲しいのか?がリアルにクリアになっているからこそ、彼らはお金持ちになれたのです。 あなたも節約生活を送る際には、一つでもいいので目的を持って取り組んでみることをおススメします。 楽しさが全然違うことに気づくはずです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

節約生活こそが豪遊生活への最短ストーリーである!
Reader Rating 1 Vote