引っ越しをしたいのにお金がない「上手に人の手を借りる方法とは?」

shutterstock_271849796

今いる環境を変えるにあたり、最大の効果をもたらすことができる方法といえば引っ越しです。

様々な理由から引っ越しを余儀なくされる。

しかし、どのケースであっても計画的に引っ越しの準備をしなければ思うようには進まないものです。

独り暮らしの男性ならば平均4万円前後といわれます。

女性ならば平均5.5万円とも言われます。

もちろん家具の大きさや移動先などの状況によって変動こそしますがかなりまとまった金額が出ることは否めません。

そして、引っ越しした後の新居の生活を考えればできるだけ引っ越しの代金を抑えたいものです。

先に新居への支払いを済ませた分すでにお金がないという事態も考えられます。

どうやったら乗り切ることができるか検証しましょう。

格安な引っ越し業者を探すこと

手持ちにまとまったお金がないゆえに引っ越しができないケース。

新居が今より安く交通も便利、買い物などの利便性でも絶対変える価値があるのにできないというのは悲しいものです。

激安な引っ越し業者を探してみますと、意外に正規の引っ越し業者ほど高くはないことがわかると思います。

特に学生を相手にするような小さな会社ですと運搬用のトラックが1トン程度から4トンと小さな車になることが多く費用の軽減が期待されるのです。

また、大手ですと、安心安全をモットーにしていますから、そのための過度な資材に補強材を使います。人手も多くします。

つまり経費上高くすることでもっとも確実な引っ越しを実現させることになるそうです。

箪笥を運ぶにしてもガード用のクッション材付きで二人体制で行えばそれだけ傷や破損を防げますし、作業員の安全も確保できます。

割高を選ぶか格安を選ぶかの選択肢はすべて利用者にゆだねられます。

もし、持ち物自体がさほど壊れるほどのものではない、精密なもの以外でしたら当然格安を選ぶべきです。

友人の力を借りれば安く済む

荷物が極端に少ない場合には自分の運転する車で移動させることも可能でしょう。

もちろんベットや家具など大きなものが出るのでしたら、仲間から軽トラックを借りるなども手です。

この場合は謝礼を包む程度で引っ越しができるのですから一番安上がりでしょう。

軽トラック自体は350キロまでが最大積載量で大人が5~6人荷台に乗る計算です。

新米の米袋30キロを12個積めばオーバーになるものです。

一回で済まそうと、無理やり家財道具を積み込めば確実に積載オーバーになって罰金や免許減点になってしまい、せっかく安く済ませようとしたのにかえって高くつく可能性があるので気を付けましょう。

何往復になるかは量の問題ですが、そこは時間と燃料も考えておくことです。

ただ、仲間が一人でも二人でも手伝ってくれるのでしたら大分作業もはかどります。

女性の引っ越しならば男性陣も喜んで手伝うでしょう。謝礼を出すのが難しいのならば、手作りの休憩弁当くらいを先に用意して気遣いを見せるだけでも十分だと思います。

男性同士であっても夜に食事をごちそうするなどの配慮を忘れなければそれで十分です。

また今後、仲間の引っ越しを逆に手伝うことなど約束をしておくことも大事です。

どうしても軽トラックでは積み切らないのならば、レンタカーでトラックを1日借りる方法もあります。

雨の心配がなければ平ボディーと呼ばれる屋根のないトラックを借りることでレンタカー代金も相当安く済むものです。

最近は時間貸しという店も増えてきましたから積極的に調べて借りる方法をとるべきです。

積み込みに関してはあくまでも友人が手伝ってくれるということの条件を考え、素人の甘さを理解しなければなりません。

多少家具が傷ついたり、食器が割れるなどのアクシデントはつきものです。

注意点とすれば路上に荷物が落ちないようにしっかりと固定させることだけです。

自身の荷物はその人だけが悲しみますが、路上という第三者がかかわる事態はさけなければなりません。

忍耐強くが引っ越しのコツ

お金がない時点で引っ越しは厳しいものです。

それは引っ越しを身軽なものにしようとして、不要なものを処分することを考えた際に起こるのです。

実はこの処分にもかなり費用が掛かかってしまいます。

業者に引き取ってもらう例で見ますと、ソファーや箪笥、ベットの一人用の物は平均4000円ほどかかります。

イスやテーブルなど小さな物でも1500円前後です。

その他テレビやパソコン、エアコンや洗濯機などは2000円前後です。

細かなもので扇風機やアイロン、ミシンやヒーター、コンポ&ラジカセなど1000円前後。

彼らはその中でリサイクルできそうなものと分けてリユース業者へ回しますがほとんどが廃棄処分させるのでその処分代に代金をあてがうことになります。

決してべらぼうな金額なのではなく妥当な金額設定なのですが、引っ越しを考えている人からすればお金を払って捨てることに抵抗感はぬぐえません。

また、市区町村などの行政の粗大ごみ回収もあります。

この場合は指定管轄内で売られているチケット型シールを数百円~数千円で購入し清掃事務局が管理するコールセンターを通じて回収予約をとるのです。

安くて安心といいたいところですが、欠点が3つあります。

一つはすべて粗大ごみとしては持って行ってくれないことです。

リサイクル法に定められる物品の回収は行わない。テレビや洗濯機、エアコンやパソコンなどはダメなのです。

また、荷物の搬出をしてくれないので決められた場所まで持っていかねばならない点があります。

数回にわけてその場所へ粗大ごみを置きに行くのは女性でなくとも難儀です。

さらに最大の欠点が、収集日や時間が限られている点です。予約という方式が一般的で、長い時で1ヶ月まで予約が埋まって待っているしかないということもあります。

費用を安くすませるには常に“我慢”のスタンスを持ち続けなければいけないものなのかもしれません。

返ってくるものを期待する術

お金が飛ぶ、費用がかさむばかりでいいことがないと思わないでください。

引っ越しする理由は自分の生活の変化であり、その先にある期待があるからで、一種の投資です。

それを信じてお金がないながらも引っ越しを敢行したのですから嘆いてはいられません。

しかし、先立つものばかりでは納得ができない人も多いでしょう。

そんな時は大いにネットやショップを利用すべきです。

多くの人が考えるのはオークションです。

楽天やYAHOOを利用することでこちらが不要と思うものであってもまだ機能するものであればほしいと思う人はたくさんいるものです。

またたとえ壊れていたとしても、ジャンク品という条件で落札する人もいます。

出品手数料を差し引けば、送料も落札者持ちですからまるまるお金が入ってくるということになります。

ただし、ある程度のスパンを見なければなりませんし、こまめなやり取りも要求されます。

リサイクルショップに持って行って買い取ってもらう方法もあります。

オークションとはことなり即効性がありますが、買い取り金額については二束三文といったことになるかと思います。

本や漫画なども大きな段ボール箱いっぱいに持って行っても数百円にしかならないなどざらです。

しかし捨てる処分代を考えたならば、手伝ってくれた友人へのジュース代に充てられるのですから馬鹿にはなりません。

物々交換サイトというものをあります。

大きなものを出品して、逆に持って行っても困らないものあるいはほしかったものと交換するという方法です。

貴金属類を出品してノート型パソコンやデジカメと交換することだって可能です。

さらに言えば、一種の仕入れという考え方から、こちらの不用品と物々交換をしてそのものをさらに転売するなどを考えてもお金は作れそうです。

賢く利用することでお金がないから引っ越しがかなり厳しかったという流れを変えてしまえるものです。

もしアパートやマンションであるならば、敷金がかえってくるという場合も考えられます。

持っているものの還元方法は十分に調べると思わぬ資金調達になります。

引っ越しは0円では絶対にできないと肝に銘じましょう

引っ越しは決して自分一人ではできません。 今いるところも誰かしらの力を借りて住めるようにあったのですから。 それが親であってもあるいは兄弟や親せきであっても周りの人の支えで実現できていることには変わりはありません。 まして、新たに他の場所へ行くということは、その人自身の現住所、居場所が変わることを保証しなければならないのですから多くの人とかかわってくるものなのです。 役場への連絡から公共料金の支払先の変更、住所変更によって様々な手続きがなされます。 全くお金がないということでは引っ越しはできないばかりか、人を頼ったとしても、やはり予算の確保は必須なものです。 移動することにばかりお金がかかるのではないことは実際に動いてみるとわかるものですから。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

引っ越しをしたいのにお金がない「上手に人の手を借りる方法とは?」
Reader Rating 1 Vote