お金がないと嘆いた時、先ず省みるべきことは自分自身のことである

shutterstock_296157110

お金がないのは誰のせい?国?会社?あなた自身?

お金がないと思わず口にする人は多いです。

恐らく普通に生活している人の殆どがそう口にした事があると思います。

一体それは誰のせいでしょうか?

税金をとってくる国のせいでお金がないのでしょうか?

それともあなたに見合うだけの給料を支払っていない会社のせいでしょうか?

もしかしたらあなた自身の「浪費」のせいでお金がないのでしょうか?

会社があなたに与える給金又は給与体系を個人の意思と力で変えるのは大変な事です。

国の税金の金額や制度を変えるとなるとそれ以上に大変で、およそ不可能な事でしょう。

しかし自分自身を省みて自分の思わぬ浪費癖を省みることは直ぐにもできます。

お金がないと嘆くことが多い方、先ずは自分の浪費をチェックしてみてはいかがでしょうか?

お金がない現状と浪費の関係

お金がないと良く言う人の半分以上は大体収入より多く使ってしまうからです。

税金も高くなり、物価も上がりつつありますが私の経験上、住む場所を余程選ばなければ今の日本で人間一人が1月生きるのに10万円あ

れば最低限の文化的生活を送ることが出来ます。

それ以下の収入であると言う人であればお金がない理由は浪費癖以外のところにあると思いますが、そういう人はお金がないという人の半分以下でしょう。

なのでまずはお金がないと言ったり思ったりする事が多い人は自身の浪費について一度省みてみると良いです。

浪費とは簡単に言うと無駄な消費、無駄使いの事で、どこまでが浪費で、どこまでが必要な消費なのかという所が最大のポイントでもあり難しいことでもあります。

なぜならそれぞれの人の立場や環境、家族構成などに合わせてこの「浪費」と「必要な出費」は変わってくるからです。

例を上げると人間が生きていくために食費は必要な消費ですが、必要のない食事、お菓子やジュースとなると基本的に浪費であると言えます。

しかし小さなお子さんがいる家庭ではもしかしたらお菓子やジュースを必要な消費なのかもしれません。

同じ食べ物を買うとしても質に合わない金額のものを買ったり、敢えて高いものを買うとそれも浪費であると言えます。

しかし、それを買うことでつながっている縁や人脈があるとしたらこれもまた必要な消費になることがあります。

こんな事を言い出すともちろんキリがありません。

なので浪費なのか必要な消費なのかを判断するときの基準として浪費してしまう心理を理解した上で考えて欲しいと思います。

浪費してしまう日本人の心理

お金がないと言いつつ、何か買うときはお金をかけたほうが良いことだと思って浪費してしまう人は意外と日本人には多いです。

お中元にお歳暮などにわざわざ高いデパートのものを買い、相手にお金をかけている事をアピールするのが良いとされる文化を思い出していただけると良いと思いますが、日本人はかけたお金と言う付加価値に拘るところがあるからです。

例えば「限定」と名が付くと内容が同じで大したことないおまけのために我先にと列を作りますし、有名なブランドの商品などは殆ど差がないにも拘らず少し前のものが安売りされているものよりも、最新の高いものを良い物だと思うところがあるのです。

そんなこと思わないし安いものの方が良いに決まっている。

そういう風にいう方もいると思いますが「高い物イコール安心、安全なもの」と一度でも思った事があれば、そうした傾向「お金をかけることが良い事」という心理が頭のどこかにあると言えます。

もう一つはその逆で所謂「安物買いの銭失い」と言う浪費をしてお金がないと言ってしまっている人です。

安いものを買っているのにお金がなくなるのはおかしいと本気で思っていたり、節約しているのに妙な話だと思う人も居るかもしれませんがそれは違います。

お金に執着するあまり「安い=買うと得」と思っている人が典型的なこのタイプで、必要のないものを買ってしまったり、買い替え頻度や購入頻度が高くなることが結局多くなるからです。

どれほど安かろうと「買う」と言う行為である以上お金がなくなるのです。

スーパーの特売品を買って腐らせる人が世の中にはいますし、あんまり使わないけど安いからと思って買って帰ってみると同じようなものを既に持っていたりする人もいます。

そういう人は「安い=買うと得」と言う考え方をまず変えるところから始めなければなりません。

100円均一のショップに行って千円近く使いもしないものを買ってしまったことはありませんか?

もしくは安いからと質が良くないものを買って結局直ぐにだめになってまた買いなおして無駄になった経験をしたことはありませんか?

コレは正に浪費の例でコチラもまた日本人に多い浪費をしてしまう心理です。

自分だけが分からないお金がない理由

お金がないのは何でなのだろう、自分は必要なものしか買っていないのに?

そう本人は言うものの周りからはお金がないと困るのが明白な事も結構あります。

一つは浪費を浪費だと思っておらず、お金を使い続けるタイプの人。

自分にとっては必要でも周りから見るとそうは見えないものと言うのも世の中には結構あります。

分かりやすい例で言うならタバコやお酒、もっと言うと多すぎるお菓子や外食などもそうであると言えます。

愛煙家や酒豪の方からすればそれらは確かに必要なものかもしれませんが、タバコが嫌いな人やお酒が飲めない人からすれば「そんな単価の高い嗜好品買うなんて」と思われます。

お菓子や外食も同じ事が言え、普段食べない人からすると、そんなにお菓子をいつ食べているんだ?

と思われることもありますし、自炊するのが苦ではない人からするとそんなに美味しくもないものを何で高いのに食べに行くんだ?

と思われることもあります。

ゲームにおける課金なんかも同じで、本人と一部の共感してくれる人はいるかも知れませんが、やらない人からすればこのタイプの人はかなり浪費家だと思われています。

もう一つのパターンとして、浪費することでストレスを解消する人も殆どの場合自分だけがお金がない理由に気がつきません。

そしてそうした人は大概お金がない状態をストレスと感じる傾向が強いです。

ストレスを抱えてそれを解消するためにお金を使いすぎ、お金がない事がストレスになってと繰り返し、最後に行き着く先は借金。

冗談のように聞こえるかもしれませんがそういう人も一定数実際に存在しています。

最初に述べたようにこうした浪費は自分では気がつきにくく、信用している相手から指摘されても受け入れにくいものですが、一度何人かの第三者の意見を聞いて客観的に判断した方が良い浪費と言えるでしょう。

浪費を進めるマスメディア

自分のお金がない原因は自分の浪費に合ったとしても、全部自分自身が悪いからとは言い切れないところもあります。

良く年配の方が「自分は無駄遣いなんてしなかった」「自分が若いときは自制心がもっと強かった」という事を口にされることが多いように思いますが一概に人間の自制心が時代を経て弱くなったのかと言うとそんな事はありません。

マスメディアの発達により人間はどうしても浪費することを進められてしまうところがあるからです。

テレビがなかった時代の人よりもテレビがある時代の人の方が。あるいはインターネットが世に出たばかりの時代の人よりもスマートフォンを殆どの人が使っている時代の方が多くの商品の広告、CMを目にしているのは確実です。

当然、商品の情報を目にする機会が多ければ多いほど購入しようと思うようになるのは至って普通の事です。

そうした広告に乗っている商品が必要な消費にあたる商品ばかりであれば、浪費で消えるお金の額は、どれほど広告を目にする環境が多い時代であろうと変わらないでしょう。

しかしもちろんそんな事はありません。

寧ろマスメディアの発達に伴い浪費と言われるような商品は増えている傾向があるのですからそうなるのもある意味仕方のない事です。
 

お金がないのはもしかして自分自身の思い込み

浪費について色々言ってきた後に「お金がないと思うのは自分自身の思い込み」と言われるとお金がないのは自分が無駄遣いしているから悪い。 と言われているように感じると思いますがここで私が伝えたいこの言葉の意味はそれではありません。 まず「お金がない」と言うのが何に対して、何をすることに対して「お金がない」と言っているかを思い出して欲しいのです。 自分が思わずお金がないと口にしてしまう時は実は「浪費するだけのお金がない」ではなかったでしょうか? 友人と遊びに行こうと誘われたとき、ちょっとお買い得そうな商品を紹介されたとき、あるいは新しい趣味を始めようと思ったとき。 そんな時こそ思わず口から「お金がない」と言う言葉が出てしまっている事は多いはずです。 それが全てという訳ではないですが本当に必要な消費に対しては「お金がない」を理由にすることはあまりなく、浪費になるかも、と思ったことに対しての方が思わずそう思ったり言ったりしてしまうことも少なくはありません。 意外とお金はなくは無いものです。 思わず出てしまったお金がないと言う言葉や思いをちゃんと考えてみてみれば「無駄な事に使うお金がない」であることも多いので「お金がない」と言う言葉そのものさえも実はそんなにネガティブな事ではないのかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

お金がないと嘆いた時、先ず省みるべきことは自分自身のことである
Reader Rating 1 Vote