貧乏と思われる人と貧乏と思わせる人の特徴と行動の違いとは?

shutterstock_172534139

貧乏と言われる貧乏に見られるのにはワケがある

これまでの生活の中で、あなた自身が自分の事を貧乏と感じたことがありますか。あなた自身の周りにいる誰かに対してあの人は貧乏だと思ったことがありますか。

誰しも一度や二度は自分自身の状況を貧乏と感じたり、周りの誰かのことを貧乏だと思ったりした経験はあると思います。
その時のことを思い返してみてください。あなたはどのような状況の時に自分自身のことを貧乏だと感じたのでしょう。

周りの誰かを貧乏だと思った時というのはどのような事が原因だったのでしょう。貧乏と言うことに明確な基準というものは存在しません。

つまり、人それぞれに貧乏だと感じたり、他人のことを貧乏だと思う基準というのは異なるという事になります。それでも、やはり貧乏とは思われたくないものですよね。

可能であるのならば、周りの誰かのことを「この人は貧乏だ」と感じながら接していくのも避けたいと考える人が多いはずです。

多くの人が感じる貧乏とはどんな状況かを整理して、自分自身や周りの人がそう思われないようにするためにはどうしたらよいのかをまとめてみました。

自分自身を貧乏と感じるとき

あなたは自分自身のこれまでの生活に「貧乏だな」とか「あの頃は貧乏だった」と感じたことはあるでしょうか。
よく耳にするのは「幼少期、我が家は貧乏だった」とか「学生時代は貧乏生活を送っていた」等という言葉です。
それでは、そのような時はどんな状況であなたは、どのような事をもって貧乏だと感じていたのでしょうか。

テレビや書籍の貧乏エピソードといえば「水だけで何週間も生活した」とか「キッチンの洗い場で水で身体を洗っていた」等といった、およそ経験することのないようなものが多いはずです。

そこまでの状況ではなかったにしても、あなた自身が貧乏だと感じる何かがあったはずです。貧乏だと感じる時に共通している心情としては何かに満足できていないという事です。

例えば「食べたいものが食べれない」とか「欲しい物が買えない、買ってもらえない」といった状況がこれに当たると言えます。

このような状況において幼少期であれば自分の家は貧乏だとなり、一人で生活していれば、今は貧乏生活を送っているとなるケースが多いと言えます。

食べたいものや欲しい物が何であるかはその時々や人によって様々なケースが存在するのは当然です。
しかし、自分自身の求める何かが満たされない時に自分自身の生活に貧乏を感じるというケースが多いと言えます。

周りの誰かを貧乏と思うとき

あなたの周りにいる人を見て、「あの人は貧乏だな」とか「この人は貧乏なんだろうな」と思うことを経験したことのある人は少なくないはずです。
自分自身に対して感じるケースと異なり、周囲の人に貧乏を感じる時というのはどのような要因があるのでしょうか。

例えば「あの人はよく同じ服を着ている」とか「あの人はどうも風呂に入っていないようだ」等といった状況に触れると、その相手のことを貧乏だと思うということは多いのではないでしょうか。

一般の人が当然のように行っている何かが欠けている部分を目にすると、その人に対して貧乏という思いを持つというのが周りの人に対して貧乏を感じる時と言えます。

それが事実である場合と噂や思い込みである場合とあるのですが、結果としてその人のことを貧乏だと思ってしまうという点については共通であると言えます。

自分自身に対して感じる貧乏と同様に何かが不足、欠落していると思ったり、その事実を目にすると貧乏というイメージを持つことになると考えることが出来ます。

ただし、周囲の誰かに貧乏を感じる時というのは、その不足、欠落しているものが本来は持ち合わせているべき、出来ているべきと考える基準というのはその相手の基準ではありません。

あなた自身の基準ということになります。

貧乏に見えるとき

自分自身のことを貧乏だと感じる時というのは個人の感覚として実感なので一概には言えませんが、周りの誰かに対して貧乏だと思ってしまう時というのは見た目の印象というのが大きく影響します。

自分自身のことも含めて、どのように見えるときに人は貧乏に見えてしまうのでしょうか。

分かりやすい例で言うならば、ボロボロの服を着ているのを見たとき、またその頻度が高い時というのはその相手に
対して「この人は貧乏なんだ」という印象を持つ人が多いはずです。

同じようにボロボロではなかったとしても同じ服を毎日のように着ていたり、流行りとは全く関係なく何年も同じものを使用していたりという光景を目にした時にも感じるはずです。

「この人は貧乏なのかな」といった印象を持ってしまうことが多くなります。自分自身の事を貧乏と感じる時というのは何かが満たされていない状況というケースが多いという事ができます。

周りの誰かに対して感じる貧乏という感覚はその人に対して新鮮味を感じなかったり、同じような事や光景の繰り返しで刺激を感じなくなったりした時に生じることが多いと言えます。

その一例として言えるのが、長い間髪を切らずに伸ばし続けていると余程手入れをしていない限りは野暮ったく見えてきます。

常にそのような状態であれば「髪を切りに行くお金もないのか」とか「髪を少しくらい手入れできるだろうに」等という思いが芽生えます。

それに対し、突然髪を切ってくるとイメージが新鮮となり、貧乏なイメージというのは持たれないはずです。

貧乏と感じる行動

見た目は貧乏を感じさせる大きな要素となります。服装や髪型といった部分も見た目には大切な構成項目です。

しかしどれだけ着飾ったり、髪型をきれいに整えていても貧乏に見える人がいます。そういった人たちは何が貧乏だと感じさせてしまうのでしょう。

服装や髪型以外の見た目の要素として大きいのは行動です。例えば、目の前にゴミ箱を漁っている人がいたらあなたはどう思いますか。

「探し物かな?」と思う場合もあると思いますが、その人が空き缶や食べ物の袋を見ていたらどうでしょう。

きっと「この人はそんなに食べ物に困っているのかな?」とか「この人はホームレスなのかな?」と感じてしまうはずです。他にもこんな行動はどうでしょう。

みんなで食事に行った時ある1人だけが飲み物しか頼まなかったとします。それがその時だけでなく、何度行っても毎回そうだったらどう思いますか。
「この人はお金がないのかな?」そう感じるのが自然と言えます。

こうして見てみると服装や髪型をきれいに整えても行動が伴わなければ貧乏という印象を周りに与えてしまうということになります。

本当の貧乏とは

感覚や見た目での印象だけで貧乏という判断をするケースというのは思っている以上に多いものです。

しかしながら、それらは全てイメージや感想によって生み出されるものです。本当に貧乏というのはどのような事を言うのでしょう。

自分自身については、やはり何かが満たされない場合には貧乏な状況という可能性が高くなります。
その時に本当に貧乏かどうかに違いは満たされないものが何であるのかという事になります。

例えば周りのみんなは持っているものを持っていない状況や周りの人達は行ったことがあるところに行ったことがなかったりした時です。

それが意志で持たない、行かないという場合を除いてそれらが手に入れられない、行くことが出来ないのだとしたらそれは貧乏な状況と言えるでしょう。

周りの人についてはどうでしょう。例えば友達同士で出かけて食事に行った時に1人だけみんなと同じように注文をしない人がいます。

あるいはみんなで買い物に出かけているのに毎回何も買わずに帰る人がいます。このようなタイプに人は貧乏な状況である可能性が高いと言えます。
ただし、注意しなくてはならないのは周りの人に関してはあくまで推測や印象であるとしか言えないということです。

貧乏脱出法

状況や見た目、行動によって様々見え方の貧乏を感じるシーンがあります。それが実際に貧乏な状況なのであれば、それを抜け出す方法を知りたいと考えるのが大半の人のはずです。

貧乏な状況を抜け出すために必要なことはいくつか考えられます。まず1つ目は雇用形態を問わず、職に就くということです。

もう1つは出費を抑えるという事です。これについては1人でいる時の出費を抑えることで交際に使用する事が出来る可能性があるのでお薦めします。

最後の1つは新しいものでなくても良いので持ち合わせのもので良いので自分の見た目を意識するという事です。
外見や見た目というのは貧乏という印象を与えるのに大きなポイントとなるということを忘れてはいけないということです。

貧乏と感じる時

貧乏と感じる時というのは自分自身の場合においても、周りを見る場合においても見た目の印象というのが大きなポイントとなります。 そして、忘れがちですが、もう1つ大切な要素は行動です。自分自身が貧乏と周りに思われない為当然知っておくことが大切です。 周りにそういう人がいた時に気づいてあげたり、注意を促してあげたりできるようになるためにもこれら2つのポイントはしっかりとおさえておきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

貧乏と思われる人と貧乏と思わせる人の特徴と行動の違いとは?
Reader Rating 3 Votes