お金は自分の理想を現実化する為に必要な最強の道具?

お金持ちを目指す理由?

多くの人は必ず「生きる上で困らないから」と答えることでしょう。

しかし、もし共産国として生活の全てが保障されたものであるならば事情は異なります。

食事、住居、衣服、医療に至るまで支給・配給されるとしたらお金はもはや意味をなさないかもしれません。

自由という言葉とは異なる画一された人生を進むことがあります。

しかし、人生が開拓し続けることで意味を成すのであるならば、全体的な理想を構築するという開拓方法ではなく、個々の自由からなされなければならないかもしれません。

つまりお金持ちとは、自分の理想を現実化する為に必要な最強の道具なのです。

ではお金持ちに近づく方法はどうやれば良いのでしょう。


一番はモチベーションを上げ続ける

ある人は生まれながらにお金持ちという絶対的な環境を持って生きている人がいます。

この人は教育と周りの支えに守られてこの財産を維持していることです。

他の人の場合後天的に財をなすケースの方が多いはずです。

何か商売がうまくいったり、あるいは地道な方法で財を得るなどです。

この両者とも共通していることは、品位を下げないようにしている点といえます。

品位とは自分がお金を持っていることにふさわしい振る舞いをするということです。

車を所持する時、間違いなく選ぶのは普通乗用車です。

どんなに買い物が趣味で手にもてないくらいの量の品を購入するからといって、軽トラックを買う人はいません。

あるいは、旅行が趣味だということで、常に格安の航空便を検索し、行き当たりばったりのバックパッカーのようないでたちで海外に行くお金持ちはいません。

それは、そういうスタイルを選択する考え方が毛頭ないからです。

持っていない時からもその品位という部分に磨きをかけている点も顕著にあります。

なるべく安かろう悪かろうという商品を選ぼうとせず、いいものを長く使うという観点を持つことです。

実はこの磨きをかける為に常にモチベーションを保っているとさえいえるのです。

よくまねること

お金持ちになるための方法というより近づくための方法を考えて見ましょう。

お金を稼ぐことやお金をなるべく使わないこと。

あるいは賢くお金を貯めることのように市場にはお金に関わることがたくさん載っています。

どれも間違ったことではないのですが、その人でしか通用しない場合が多すぎて参考になる例が少ないはずです。

ゆえにたくさんの本が出ていたり、実践セミナーが行われていても誰もがそのようにはならなかったりします。

本当にお金持ちになりたいのならば、その人の真似をとことんするしかない。

すり替わる方法しかありません。

寸分たがわぬ行動と生活習慣そして考え方に至るまでその人にならなければお金持ちにはまずなれないでしょう。

しかしそれは、映画の世界でしかありえませんから実際にはその擬似的な行動という事になるのです。

オーソドックスな考え方

お金持ちになるには並々ならぬ努力が要ることです。

考え方としては、丁度プロのスポーツ選手育成に似ているかもしれません。

一流のトップ選手になるにはまずは幼少の頃からの教育が重要です。

目標が定まっている分作業をこなすという印象があるものですが、モチベーションを持ち続けることの大変さはあります。

年端のいかぬ子供ならば楽しいことや興味のあることは多々ありますし、偏った教育を受けてしまう弊害すらありえるからです。

価値観がそのスポーツだけというのは寂しすぎるからです。

ゆえに監督やコーチ、あるいは親も神経質になりながら選手として鍛えていくものです。

ある程度大きくなったとき、本当にものになるかどうかの試練が生まれます。

スカウトです。

実はお金持ちに関しては監督もコーチも居なければスカウトすらないという世界なのです。

プロになるための資質や考え方を鍛え、その生活を続けながらやがて来るチャンスをつかむ。

その点においては全くこのお金持ちへのプロセスがおなじであっても、誰かに管理されるということがないのがこの世界です。

管理する側もお金持ちになりたいからし方がありません。

あるいはお金持ちの人はお金を持ち続けなければならないので常に上を目指し続けなかればならないのです。

いってみれば現役選手のままということです。

現役選手同士がさらに情報を共有しつつ時にはライバルとして競争にかちまた富を得る。

ある程度まではその土俵に近づくための練習は伝授してくれる。

会社を経営するすべを教えてくれたり、優秀社員を募集する方法や部下を育てる方法など、地道であっても確実にお金が入ってくる方法は教えてくれます。

その先は既に現役選手となってしまったが為に自分で考えなかればならないのです。

おかしいと思うこと

お金持ちの人とそうではない人との決定的な考え方の違いとは何ででしょう?

お金持ちの人は自分をお金持ちとは言いません。

それが普通だからです。人並みという言い方をするか、少しだけリッチな生活を目指しているという言い方をします。

謙虚である人が多いのですが、自慢をすること以上に自分の今のポジションを誇りに思っている人が圧倒的に多いです。

そして“貴方もお金持ちに!”などというのんきなことを書く人はいません。

中学受験などにあつまる教育ママの現場のようにわが子第一主義です。

全てがライバルですからステータスを守る為に必死です。

ゆえに日常の生活でもステータスにそぐわない行動はしません。

買い物をするのに1円でも安い所へいくということはしません。

仲間と大量購入をした上でシェアしたりあるいは上手に販売したりということで楽しみながら利益を作っていきます。

受動的に情報を得るのではなくこちらから発信していくような方法を常にもっているのが彼らのか考え方です。

そうしないとお金が入ってこないからです。

お金が入ってこなければ自分たちの生活が保てないわけです。

この点を自分と比較して“自分はおかしい”と思わない限りお金持ちには近づかないのです。

根がもっと深い

何故自分は貧乏なんだろう、お金に苦しめられるのだろうと思う時、人は本気で自分を変えようとするかもしれません。

そのことで大いに悩み、生まれをうらむかもしれません。

でもそう考えるのならば、今の自分はその前から続いていると考えた方がスッキリするかもしれません。

前世という考え方があります。信じる信じないもありますし宗教的なこともありますので多くは語りません。

宗教をすすめるのではないのですから。

しかし、仮に今お金に苦しめられていることが解決しない、考えが及ばないということで行き詰っているのならば見方をかえる一つの方法としてみてもいいかもしれません。

前世からの因果。

生まれる前にお金に苦しんでいる人に酷い仕打ちをしてきたとか、お金があることが当たり前で自分だけがよければ良いという思いでお金を使ってきたなど。

そういう醜い自分を今世では償う。

そのことに目覚めさせ、解消しようとするすべを今まさに取らせているということです。

お金のありがたみは前世ではわからなかった。

しかし今世ではようやくわかった瞬間、大事にお金を使おうとする。

ここから段々と無駄にお金を使うことをやめていき、使い道すらも変わってくる。

そんな事を感じないでただ、お金に苦しめられ続ける人もいます。

運良くお金持ちに成ったとしても、維持できず失墜していく人です。有る無しをくり返してしまうのです。

もし、因果に苦しめられていると判れば考え方のベクトルもかわってくるはずで、見えるものも変わってくるのです。

お金が入る結果は同じであったも、使う方向は同じであっても、その落としどころが違ってしまうのです。

つまり、お金の使う意味合いが違ってしまうのです。

自分の背丈にあった場所からはじめる

お金持ちになるためには考え方を変えたり反省できる点は反省すると言うことのほかに実戦が重要です。

どうするのかといえば、自分の力が一番発揮出来る土俵に自分を置く努力をすること。

これは、やっているようでやってないものです。

お金持ちの人はいつもいつも、得意なところで力を発揮させる。

苦手なところでは苦手を認めた上で謙虚になるという、得意分野を引き出すことさえします。

チャレンジというのも、何でもガムシャラにはしないものです。

ダメなら方向転換を即座にしたりするものです。

やり続けるのはパチンコで出ない台を元が掛かっているからとやり続ける人と同じです。

回収もままならなくなりどんどんスルだけです。

それならば、次元を変えて更なる成功点を見つけ出すべきなのです。

実行しより早く回収する方向にシフトすれば結果は直ぐに出てきます。

パチンコ台でいうなら台を替える、店を代える、地域を代える、新装開店以外はやらないというやり方を代える。

更に言えば、経営側に回ってパチンコを打つ人をパチンコ玉として捉える考え方に代える。

結果が今以上になる為に自分の考えられる範囲の土俵に置くのです。

効率的に良いことが全てであるからです。

お金持ちはこだわりっていないのです

お金持ちはどこに価値をおくか、どこに最重要価値観をみいだすかが普通の人と大きく違うものです。のちがい。 お金持ち。失敗した時は反省しても何時までもその事にとらわれない。 いつもその失敗が基準点判断材料としない。 例えば病気をした、次は病気にならないことを考えるだけです。 それ以外の派生した考え方に意味はないと理解しているのです。 深く突っ込んだ考え方に支配されることがどれほど無意味で建設的でないかを知っているからです。 およそ成功しない理由は用をなさないところにこだわっているからと的を得ている答えを言えるようにしたいです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

お金は自分の理想を現実化する為に必要な最強の道具?
Reader Rating 1 Vote