お金持ちっていつになったらなれるのか?「お金持ちは安心の代名詞」

shutterstock_319366961

いくらお金を持っていたらお金持ちだと思いますか?

お金持ちになりたいという人は沢山いるでしょう。

私もそんなお金持ちになりたいと思う一人です。

しかしいつも思うことなのですがお金持ちになるというのはとても難しい目標です。

まず手段を考えると難しいでしょう。

景気の低迷、税金の増大と平均賃金の減少、スタグフレーションとも言われる日本の状態で持たざるものが大金を稼ぐのは至難の業です。

しかしそれ以上にお金持ちになるのが難しいのは「何円持っていたらお金持ち」と言う明確な基準がない事だと私は思います。

一千万円持っていたらどうでしょう?

普通の生活を営む私からするとかなりのお金持ちですが2千万の貯金がある私の知人は「俺は金持ちではない」と言い、私以上に切り詰めた生活をしていました。

どうも一千万はお金持ちの基準になってくれなそうです。

では1億持っていたらどうでしょうか?

億万長者と言う言葉があるぐらいですからお金持ちの基準に相応しいかもしれません。

でも本当にそうなのでしょうか?

その答えは「人による」です。

お金持ちになりたい方、「お金持ちとはなんなのか」を一緒に考えてみませんか?

給料が高いとお金持ち?

お金持ちかどうかの基準として給料の高い仕事をしているかどうか、と言うのは重要な要素でしょうか?

一般的にもお金持ちというと高収入な仕事をしているというイメージが多いと思いますし、そもそも入ってくるものが大きくなければ減るものをどれだけ減らせても自由に出来るお金が少なくなりますから当然ですね。

しかし給料が高いとそれだけ税金が高くなり、高収入の仕事を手に入れるためには現状何らかの資本が必要です。

資本とは生産要素の事を指し、才能だったり努力だったり運だったりもしますので必ずしもお金の事ではありませんが、経済成長率が利益収束率を上回る現代においてはそれ自体がお金である事が多く、こうなってくると「高収入になるためにはお金持ちである必要がある」となってしまいます。

そうなってくると仕事での給金、労働による収入はそれほど問題ではないのかもしれません。

お金持ちであるかどうかを決めるのに仕事の給料はあんまり関係ないのかもしれません。

保有する資産が多いとお金持ち

実際お金持ちと呼ばれる人の中には仕事の年収はそれほど多くなくても、巨額の資産を持っている人もいるのです。

寧ろそうした人の方がお金持ちの方には多いです。

特殊な資産を除いて、巨額の資産があればそれを運用することができるので、結果的に年収も高くなることが多くなるのも当たり前。

例えば駅前の一等地を持っていたとしたらそこを貸し出すだけで並みの労働で得られる収入を超える月収を得ることができます。

現金で持っていたら株や投資と言う方法でアルバイターの月収を上回る収入を一日で大きく超えることが出来ます。

こうして考えると最終的には総合で保有している資産の額がお金持ちかどうかを決める要素となりそうです。

しかしそれも無理して借金をしてでも手に入れてしまうとこれはまたちょっと違う気がしてきます。

借金してでもお金持ちになりたい。

なんだかとても矛盾した言葉ですね。

「借金してでもお金持ちの気分を味わいたい」であるとか「一時的に借金してもお金持ちになる」なら分からなくもないですが、どの道そうした方法を取る人をお金持ちとは誰も呼ばないでしょう。

負債を追った時点でお金持ちではなくなると思いますので仮に1億円のマンションを持っていても、ローンで買ったらお金持ちではないと言え、やはり注目するべきは自由に動かせるお金がどれほどあるか、にかかってくると言えるでしょう。

自由に動かせるお金とは?

お金持ちは収入の高い仕事をしていればなれる訳ではない。

資産と言う形でお金を持っていなければいけないが、借金をしてそれを手に入れてはいけない。

と言う前提のもと先に進みます。

ここで言う「自由に動かせるお金」とは自分が生きていくのに関係がないお金の事だと思っていただけたらいいです。

誰にだって経験がある事だと思いますがちょっと高い家電製品を買ったとか、お洒落や遊びにお金を使いすぎて給料日やお小遣いの前にやりたいことに我慢を強いられたことがありませんか?

その我慢を強いられる、と言うものが食事を取るのが厳しくなるレベルの話になる事だってない訳ではないのです。

例えば何百億の資産を現金で持っていようともそれをもし金庫に入れた状態で開けられなくなったらその後のご飯を買うこともできないでしょう。

それと同じでいくらの資産を持っていてもその殆ど全てを常に動かし続けていないといけない「自転車操業」のような状態はお金持ちと殆どの人は思わないでしょうし、自分でそうは思えないでしょう。

国であろうと企業であろうと個人であろうといくら持っていても動かし続けなければ安定していない状態、何もしないでも安心できない状態ではお金持ちであると言う実感がわかないのではないか?

安定して安全で安心出来ないとお金はあるけどお金持ちではない。

私はここにポイントがあると思います。

目指せ総資産1億円

私もそうですがお金持ちになりたい人は安心した生活を送りたいからではないでしょうか?

ある日突然働けなくなっても、大きな怪我や病気になってもそう思いたいから。

日本では昔から「死ぬまで食べていけるだけの金」とか「一生食うのに困らないだけの金」と言う言葉がありますがそれが一体今ではいくらに相当するのかを考えて見ましょう。

その金額はずばり1億円です。

自分にとって絶対に必要な消費でなくなるお金をのぞいて1億円の資産を持つことが出来たらその段階でどんな状態になろうともとりあえずは生活していくことが可能になります。

なぜ1億円なのかというと実は簡単でリスクの少ない方法で300万円を稼ぐことの出来る金額だからです。

結婚して家族を養いながらもある程度の文化的娯楽を楽しめる程度の給与が年収300万円程度と日本人の多くは想定しており、実際に私はそれで10年程生活してきて特に問題を感じることもなかったのでこの金額を目安としました。

例えば1億円の金融資産を運用すれば、一箇所集中さえしなければ利回り平均で3%得られるとされており、1億円の3%で300万円となります。

中長期的な株取引や外国為替取引、所謂FXなどでコレを運用しようとすればそれ以上の利益を得ることも簡単でしょうが失うリスクもまた元手が大きいためちょっと不安なところです。

一番無難なものとしてはやはり賃貸物件の購入からの貸し出しなど昔から金持ちが更に金持ちになる方法として知られているものの方が安定はします。

1億円がもし手に入ったとした場合その運用方法として大事なのはどれほど安定しそうに見える運用方法だとしても絶対にそれだけに全額使わないことです。

リーマンブラザーズ、マウントゴックスなどそれまで安心できると思って大金を預けていた人が泣きを見たケースは世の中にいくらでも存在しています。

可能な限り纏まったお金を可能な限り違う手段で分散投資し運営する。コレが1億円の3%である300万円を1年で手に入れる最も堅実な方法です。
 

お金持ちは安心の代名詞

最終的にお金持ちになったかどうかの判断基準はここにあるという事ができるでしょう。 先程例に挙げた年収で300万円ほど確実に得られる様になるには自由に動かせるお金の総資産が1億円と言う例を上げましたが資産運用に自身のある方からすれば1億円なくても充分かもしれません。 もしくは年収300万円では満足する生活を送るには足りない。 最低年収1000万円は必要だ。 そうなってくると単純計算3億円以上の自由に動かせる総資産あるいはお金が必要になる人も出てくることでしょう。 安心できる生活がどんなレベルのものなのかが、国、人種、民族、個人によって違う以上、お金持ちの基準もまた人によってそれぞれになり変わってくるのはある意味で当たり前の事なのかもしれません。 また自身の中にある見栄を張りたいという欲求もお金持ちであるかどうかの基準に大きく影響されてきます。 自分がお金持ちであると思うだけでなく、回りからもそう思われたい。 言い方を変えると、どれだけ周りの人から見ても自分は安心して良さそうなレベルになったと思いたいかどうかとも言えます。 こちらの場合は不当低多数の人にお金持ちと思われたければ思われたいほどもちろんハードルが上がって行きます。 お金持ちと思われたい人間、言うなれば自分が安心かどうかを確認して欲しい人間が増えればしなくてはいけない事が増えるのです。 何かをアピールするためにお金がかかり、人間関係は円滑にしようとすればするほどお金がかかりますし、自分がやりたいことをする時間を作るために人を雇ったり、機械を買ったりするのにお金がかかります。 以上の事からお金持ちは安心の代名詞であり、実はお金をいくら持っているかよりも安心できる状態がどんなものなのかに大きく影響されるものである事。 そして安心できる状態がお金を必要としない状態であればあるほど、見栄を張りたい欲求が少なければ少ない人程お金持ちに早くなれるという事が出来るのではないかと思います。 皆様はいくらの総資産を持てた時お金持ちになれそうでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

お金持ちっていつになったらなれるのか?「お金持ちは安心の代名詞」
Reader Rating 1 Vote