スティーブ・ジョブズが大成功したワケはイチからやり直さなかったからである


スティーブ・ジョブズが大成功したワケとは?イチからやり直さないという視点

人が何か大きなことをする場合、そのほとんどは全くのゼロからやり遂げた!とお考えの方が多いのではないでしょうか。

革新的なアイディア、合理的なシステム、人の目を惹くようなデザイン・・・、挙げればまだまだ出てきそうですが、こういったものは実はゼロから創りあげたものではないのです。

それを誰の目にも分かるような形で成し遂げたのが「スティーブ・ジョブズ氏」です。

スティーブ・ジョブズ氏、ご存知ですよね?

アップルを創業し、世界的な企業へと育て上げた方です。

どんな人かは知らなくても、お名前を聞いたことはあるのではないでしょうか。

iPhoneやiPod発売時のあのプレゼン映像を、テレビや動画投稿サイトなどでご覧になった方もいらっしゃると思います。

スティーブ・ジョブズ氏が大成功できたのはなぜか?そこにはある視点があったのです。


アップルを導いたジョブズ氏の視点とは?

ジョブズ氏がアップルを大企業へと導いた視点とは、「イチからやり直さない」という視点です。

つまり、まったくのゼロから何かを創りあげたわけでは無く、すでにあるものや同業他社がやっていることからヒントを得て、それらを改良していったのです。

さらに、ジョブズ氏が手掛けてうまくいかなかったものに少し手を加え、巨大ビジネスを構築していきました。

iPodはその代表的な製品です。iPodのような製品の登場を誰もが待ち焦がれ、さらに著作権保護の観点からも音楽を「買う」方向へと人々を向けさせることができ、正常な市場を創りあげました。

しかし、iPodはまったく白紙から革新的アイディアのもとに生まれたわけではないのです。

すでに存在している、いくつかの製品やプランを元に生まれ、発展していきました。

同時に、そこに潜んでいたいくつかの問題をも解決し、消費者だけではなく販売元や製造元を救い、真っ当な市場を生み出したのです。

だからジョブズ氏のことを悪く言う人はほとんどいませんし、彼を尊敬し崇拝する人々が後を絶たないのです。

アップルは電子機器企業ではなかった?

アップルは当初、パソコン販売企業として産声を上げました。
世界で初めてキーボード付きのパソコンを開発し、その形が一気に世界に広まったのです。

しかし、その市場もどんどん飽和していき、アップルはパソコン市場で苦戦を強いられました。
ジョブズ氏はパソコン販売と開発で得られた知見を活かし、「他にできることがないのか?」
をずっと考え続けていたということです。

ジョブズ氏が出会った大きな事例

ちょうどその頃、ソニーからウォークマンが発売されました。
歩きながら音楽を聞けるというシステムは画期的なものとなり、瞬く間にお茶の間に広がり、25年の間に3億台以上も売れたのです。
この事例はジョブズ氏にとって、大きなヒントとなったようです。

いろいろな生活のシチュエーションで、人々は音楽を聞くことを求めていたのです。
家で聞くだけでは無く、会社への通勤や帰宅時、ランニングのとき、公園のベンチにのんびり腰かけているとき、喫茶店でコーヒーを飲んでいるときなどなど。

そのうち、音楽をダウンロードする仕組みができあがり、それもアメリカをはじめとして世界中に広がっていきました。
それによって音楽の著作権が大きな問題になっていったのです。

不正に無料ダウンロードを手掛ける企業が現れ、音楽を作った人やプロデュースした人、販売元などに大きな打撃を与えました。
もう、法律に訴えるしかない、とまで考えられていたのです。

ジョブズ氏はそこからもヒントを得て、「音楽は買える」という判断を下してiPodの開発に踏み切りました。
そして販売開始したところ、大ヒット製品となり、初日からものすごい売り上げをもたらしたのです。

今ではアップル社の利益の半分程度がiPodからもたされているとまで言われおり、いかにものすごい革命を起こしたかが分かると思います。

ジョブズ氏の優れた嗅覚

ジョブズ氏が非常に優れているのは、「嗅覚」です。
つまり、何がうまくいって何がうまくいかないのか、人々は何を求めていて何を必要とはしていないのか、を見極めることができるのです。
そして、そのための土台を持っていました。

だからウォークマンがヒットを飛ばした時には、人々は何をしていても好きな音楽を聞いていたいということに気づけたのです。
そしてダウンロードできるシステムが日の目を見たときには、人々はレコード店やCD販売店に行くよりもダウンロードして手元に置けるモノに魅力を感じていることをかぎ分けたのです。

なぜそんな嗅覚を身につけられたのか?
それは彼が常に市場を観察し、人々を見続けたからにほかなりません。
製品を開発し、「これは素晴らしい製品だ!必ず売れる!」と思っていたとしても、それを判断するのは顧客たちなのです。
開発者や販売元が「売れる」と決めるわけではありません。
消費者が「欲しい!」と思うから需要が湧くのであり、売れるようになるのです。
ジョブズ氏はそのことを強く認識し、意識していました。
それを来る日も来る日も意識し、頭に植え付け、考え続けてきたからこそ、過去の事例からヒントを得てそれを改良し、または発展させてきたのです。

模倣とは全く違うモノ

事例からヒントを得るといのは、「模倣」であり「パクリ」ではないか?と思うかも知れません。
しかし、過去のモノに独自のアイディアや仕組みなどを入れた時点で、それは模倣でもパクリでもなくなるのです。
それまでに存在しなかった、全く別のモノになるのです。

iPodがいい例として君臨しています。
ウォークマンからヒントを得て、音楽ダウンロードに需要があると見るや著作権の問題を解決し、それを保護しながら音楽を「買って」ダウンロードしてもらうという、それまでなかったものを創りあげました。

それまでは音楽を「買う」ということは誰もが思っていなかったし、考えてもいなかったのです。

というよりも、音楽を売っても買ってくれる人がいると考えられていませんでした。

しかし、レコードやCDをお金を出して買う人がいるように、ダウンロード配信でも音楽を買う人はいるのです。

ジョブズ氏はそれを確信していたからこそ、iPodを世に送り出すことができたのです。

ジョブズ氏は圧巻なセールスマンでもある

ジョブズ氏はすぐれた経営者という一面がありつつも、実は非常に優れたセールスマンでもあります。

iPodやiPhoneなどの製品を新しく販売する際には、ご自身が表に出てプレゼンする姿を、あなたも見たことがあると思います。

彼は経営者である前にセールスマンであり、営業マンなのです。

それも国のトップに向かってセールスするのではなく、一般消費者に向けてセールスをしています。

言葉の使い方、非言語コミュニケーションの活用、表情、すべてがセールスマンの動きなのです。

動画投稿サイトにも多数アップされているので、お時間がある時にでもぜひ見てみて下さい。

なぜ彼のスピーチは、人の心を掴んで離さないのか?

というより、なぜ離れられないのか?と考える方が正しいかもしれないですね。

実際、見入ってしまうのですから。

そして彼が素晴らしいなと思ったことは、「夢を見させてくれる」ことです。

自社が販売している商品によってどうなれるのか?を飛び越した先を見せてくれるのです。

数日先がこうなるし、その先はもっと楽しく面白い日々が待ち受けているのではないか?と、ワクワクさせてくれます。

だから、彼のスピーチから人が離れられないんですね。

ジョブズ氏のセールスやプレゼンは営業マンはもちろんのこと、技術者や経営者、起業家の方にも非常に参考になる、良い教材なのです。

ジョブズ氏が残した教訓

ジョブズ氏はかつてこう言っていました 「ピカソには格言がある。 彼はこう言った。 そこそこのアーティストはコピーし、偉大なアーティストは盗む。 私達は前から偉大なアイディアを盗むことを恥ずかしいとは思っていなかった」 と。 ジョブズ氏はiPodの成功からヒントを得てiTunesを生み出し、iTunes Storeは世界各国に広まって非常に大きな市場になっています。 これもアイディアを盗んで生まれたものです。 さらに、彼が素晴らしいのは盗むだけにとどまらず、独自の視点をそこに入れてまったく新しい市場を創りだしてしまうことです。 独自の視点があるからこそ、そして独自の視点を日々身につけようとしているからこそ、こういうことが可能になります。 ジョブズ氏の取り組みやその裏を垣間見ると実に面白い出来事が繰り広げられていて楽しいものですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

スティーブ・ジョブズが大成功したワケはイチからやり直さなかったからである
Reader Rating 1 Vote