安くても美味しい驚きの節約レシピの5つのポイント

shutterstock_225948724

お金をかけずに作れる安くて美味しい料理の秘密をチェック

毎日の献立を考えるのは主婦にとって大変な作業ですよね。

しかも食費の事を考えながら、少しでも節約して美味しいものを作らないといけません。

そこでぜひ知っておきたい食費の節約ポイントについてご紹介したいと思います。

ぜひ参考にしてくださいね。

特売品を使ってメニューを考えること

今日の晩御飯は何にしようかな、となんとく思っているとスーパーでの買いもが思わぬ出費になってしまいます。

疲れている時は食事を作りたくないというときでも、外食やテイクアウトをするととても高額になりますよね。

食費の節約をするにはまず基本が「自分で作る」ということです。

どんな食べ物でも、すぐに食べられる状態になっているものは割高ですし、しかも栄養面でのバランスも心配になりますよね。

節約レシピを作る時の基本は、安い食材を使うことです。

お得な買物をする為には毎日のスーパーのチラシを参考にしてみましょう。

その日の特売品を使ってメニューを考えれば、毎日必ず違うものが食べられるメリットがありますよね。

特に野菜類は季節の旬なものは栄養価も高く健康にもいいですよね。

野菜の特売はなるべく注意してチェックしてみましょう。

そしてスーパーでよく見かける割引コーナー。

賞味期限が近いものやその日のうちに食べないといけないものなど、これらのお得な食材にも注目してみましょう。

その日に食べる分であれば全く問題ありませんし、野菜類も値切り品は多少傷んでいても、加熱してしまえば普通に食べられますからね。

献立を決めてから買物に行くとアレンジができない為に、食材に思わぬ出費となってしまいます。

なんとなく夕飯の買出しに行ったときは必ずチラシをチェックすること、買い置きができる特売品などは少し多めに購入してもよいでしょう。

主婦にとっては毎日料理をするのは大変な事ですよね。

予算があるからこそ、計画的に食材の買出しをしないといけませんね。

調理方法に工夫して光熱費を節約する

節約レシピ作る時はせっかくなのでついでに光熱費の節約もしてみましょう。

毎日食事を作るのは時間も手間もかかりますよね。

さらに無駄な光熱費を使っていることもあり、食材を安く済ませても、トータル的にはあまり節約にはなっていないなんてこともありえます。

そこで実行したい事はまずはじめにご飯の炊きおきです。

白いご飯は炊き立てのほかほかが一番ですが、少量しか焚かない場合には少し多めに焚いて冷凍保存してしまいましょう。

冷蔵庫に保管しておくと白米が黄色く変色してしまう為に、ご飯を美味しく見た目もよくキープするには冷凍保存がオススメです。

ご飯を炊く回数を3回に1回ぐらいに減らすだけでも、電気代や水道料の節約になりますよ。

チリも積もればで、わずかな金額でも節約していることに変わりはありません。

調理に関係する光熱費は水道代、電気代、ガス代などがあります。

カレーなスープなどの煮込み料理をするにはガスが意外とかかっています。

早く調理ができるオススメは圧力鍋を使う方法ですが、わざわざ購入するのはお金が勿体ないですよね。

そこで家庭でできる方法として、煮込み料理やパスタなどの調理時間を短縮する方法です。

これは余熱を利用する調理方法で、いつもの時間よりも早く火を止めてその後は余熱を利用して調理する方法です。

通常のパスタの茹で時間が8分だとしますと、5分ほど茹でた後は火を止めてそのままでさらに数分間放置しましょう。

余熱を長時間保つ為に厚めの生地で鍋を覆っておくとさらに時間も短縮できますし、煮込み料理などはしっかり素材に味が染み込み、美味しく仕上がるメリットもありますよ。

コストコを賢く無料で利用する

郊外に続々ープンしているコストコ。

買出しにはとても好都合なスポットですよね。

しかしコストコは会員にならないと買物が出来ないシステムになっています。

毎年会員カードの更新もあり、そのたびに数千円も会員費がかかるのは果たしてお得かどうか、買物の頻度によっても異なりますよね。

ましてやはじめていく方には、どんな買物ができるのかさっぱり見当も付かないのではないでしょうか。

そこで人気のコストコを無料で使い、まとめ買いをしてみましょう。

コストコには一日無料体験パスというのが発行されています。

ネットでチェックすると見つけられますので、そのパスがあれば一日だけ店内に入場が出来ます。

この場合は会計の時に5%の手数料がかかりますのでご注意くださいね。

さらにコストコの商品券を持っている方も非会員で買物ができます。

商品券には5千円と1万円の2種類があり、買物代金が商品券よりも高くなっても足りない分は現金で支払が可能です。

ネットオークションで販売されている事もありますのでチェックしてみましょう。

コストコは年間会費を払って1年間ごとの更新になっています。

無料で買物に行く方法としては一旦会員になってから1年以内に解約するという方法があります。

商品の品揃えが気にいらないなど、理由があれば会員費を返金してもらえます。

コストコは野菜や乾物など業務用サイズになって販売されていますので、普通のスーパーで買物をするよりも割安です。

近所の方と分け合って使う事も出来ますので、食材の節約にはぜひ行ってみたい場所ですよね。

会員費もかからないのであれば一度は行く価値があると思いますよ。

安い食材で健康メニューを作る

食べたいものだけを食べていたら、栄養のバランスが崩れて健康面にも悪影響があります。

値段が高い食材を使うことは決して体の為になるとは限りません。

かえって値段の安い食材ほど栄養価が高く、毎日続けて食べられますので安価な食材に注目をして節約レシピを作ってみましょう。

値段が安いといえばまず思い浮かぶのが豆腐ですよね。

大豆のたんぱく質は体のエネルギーに重要な栄養素になっていますし、女性には美容効果も抜群です。

豆腐は湯豆腐が簡単なメニューですが、それだけでなくアレンジをしたメニューが沢山あります。

豆腐サラダ、厚揚げ豆腐、豆腐ステーキなどメイン料理としてボリュームのあるメニューが楽しめますよ。

そして安い食材といえば納豆ですよね。

豆腐と同様に体によい大豆製品ですが、納豆は発酵食品でもありますから健康の為には毎日食べたいものの一つです。

特に胃腸環境を改善する為に便秘改善効果や、コレステロールを減らすメリットなどもあります。

納豆はそのまま温かいご飯にのせて食べても良いのですが、パスタや和え物など加熱しても美味しく食べられます。

食物繊維が豊富な食べ物でもありますので、健康維持のためにも買い置きしておきたい食材です。

さらにアイデアを使ったメニューにはいつもは高級で食べられないうなぎ丼もあります。

ちくわを使って蒲焼のタレで作る方法、エリンギをマツタケの代わりにしたマツタケご飯など、節約レシピはアイデア次第なのです。

ちなみに主婦に人気のある安い食材は1位がもやし、2位が豆腐、3位が厚揚げになっています。

どれも栄養価が高く色々なメニューに変化できる点が魅力になっていますね。

丼ぶりメニューで満腹効果ばっちり

節約レシピと聞くと、なんとなく満腹にならないような気がしませんか?

そこで安くでもボリュームが一杯のレシピをご紹介しましょう。

満腹感が得られる食べ物といえばご飯です。

炭水化物はカロリーも高く、エネルギー源として大切な栄養素になっています。

麺類やパンに比べると値段は圧倒的に安いために日常的に主食として食べられていますよね。

ご飯を美味しく、そしてボリュームを出すには丼ぶりメニューがオススメです。

まず最初が肉野菜丼です。

肉は高級肉を使わずに安売りの豚こま切れ肉を使います。

野菜はもやしをメインにして、その他は旬の野菜で値段が安いものを使いましょう。

フライパンで材料を炒めて塩、コショウ、醤油、みりんなどで味を調整し最後に水溶き片栗粉でトロミをつけてください。

野菜嫌いの子どもも喜んで食べられるメニューです。

そして高野豆腐で作るカツ丼風どんぶりもオススメです。

このメニューはカツ肉の変わりに高野豆腐を使うだけの簡単料理です。

味付けもまったくカツ丼と同じですし、食感も似ているので本物のカツを食べているような気分になりますよ。

丼ぶりメニューは豪華さもあり、もちろん満腹感もあり食べ応えがありますよね。

食材を節約しながらもしっかり体に必要な栄養をとれる点もメリットになっています。

献立は主食のご飯、おかず、味噌汁、と色々な種類を作れば作るほど食費がかさんでしまいます。

その点丼ぶりは見た目の豪華さもありますし、もちろん食べ応えももバッチリですよね。

節約レシピは全く新しいものを作るのでなく、食材を安いものに買えるだけで実は簡単に作れるのです。

意外と簡単な節約レシピのポイント

食べることは私達が生きていくなかでも大切なことの一つです。 一番重要なことは健康を維持する為に食生活を送るという点です。 節約レシピは栄養バランスもよく、しかもお金がかからないというメリットだらけの点が魅力ですよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

安くても美味しい驚きの節約レシピの5つのポイント
Reader Rating 1 Vote