今学んでおいて損はない仮想通貨のお話を届けます

shutterstock_245171140

確実に起こる仮想通貨革命!あなたは取り残されていませんか?

あなたは仮想通貨って知っていますか?

現在、世界最大の仮想通貨は「ビットコイン」と呼ばれるものです。

「ビットコイン」と聴いてマウントゴックス社の事件を連想される方は多いでしょう。

わたしもなのですが、マウントゴックス社からビットコインが流出した事件を聴いて、「やっぱり仮想通貨は危ないな」というイメージを多くの日本人が持ってしまいました。

でも、それは誤解なのです。

そして、このことが日本で仮想通貨が浸透するスピードが遅くなってる原因でもあります。

だからこそ、仮想通貨について正しい知識を持っておくことが大事なのです。

野口 悠紀雄氏の著書「仮想通貨革命」の中で、仮想通貨の仕組みと海外での運用事例、さらには日本でどのように仮想通貨が受け止められているかについて詳しく書かれています。より専門的なことを知りたい方はぜひ「仮想通貨革命」を読まれることをおすすめします。

ここでは多くの日本人が誤解している仮想通貨の実態について簡単にご紹介したいと思います。


仮想通貨について誤解していませんか?

まずはマウントゴックス社破綻事件についての誤解を解くことが仮想通貨を語る上で欠かせません。

マウントゴックス社はビットコインという仮想通貨を扱う取引所でした。

そのマウントゴックス社からビットコインが不正流出されたことは多くの日本人に衝撃を与えました。

その事件が報道された当時は、わたしも仮想通貨についての知識が乏しかったので、知人がビットコインを持っていて「そんな危ないものに手を出してはいけないよ」などと言ってしまいました。今考えたらその知人に謝らなければいけないかもしれませんね。

なぜなら、マウントゴックス社の破綻とビットコインの安全性とは直接の関係性はないのです。

マウントゴックス社の安全管理体制には大いに問題があったかもしれませんが、それは日本円であっても同じ事。

単に取引所で不正があっただけなのに、それが仮想通貨の信頼性というものに問題がすり替えられていたのです。

そして、もうひとつの誤解は電子マネーとの違いです。

実態のないお金、ということで仮想通貨と電子マネーは同じではないか、と勘違いされているようなのです。

電子マネーには「楽天Edy」や「WAON」など様々な種類があり、あなたも利用されていることでしょう。

だからあらためて仮想通貨なんていらない、ということです。

でも、実は仮想通貨は電子マネーとはそもそも仕組み自体が違うのです。

電子マネーを利用するとき、まずはチャージをしますよね。

つまり、持っている現金を電子情報に替えて利用するのが電子マネーです。

わざわざ紙幣や貨幣を持ち歩かなくてもお買い物が便利になるというものですね。

それに対し仮想通貨は、チャージして使うというものではなく、仮想通貨として独立している別のものなのです。

これについては詳しく書くと長くなりますが、簡単に言うと国家による保証があるものではないのです。

日本円、米国ドルといったものとは別のものとお考え下さい。

こんなにある、仮想通貨の種類

さて、仮想通貨についての誤解も解けたところで、仮想通貨の種類についてご紹介します。

といっても、その全てを紹介するのは無理です。

それだけたくさんの仮想通貨があるということです。

そして、今後も新たな仮想通貨が登場することは間違いありません。

日本でも有名なのは先にも載せたビットコインで、世界的にも一番有名な仮想通貨です。

そして、リップルも聞いたことがある方は多いと思いますし、他にもライトコインなどが有名ですが、欧米で注目を集めているのが「イーサリアム」という仮想通貨です。

この「イーサリアム」については、あの堀江貴史氏も「イーサリアムやべぇ。。。」というタイトルの記事でその可能性について書かれていました。

現在の所、取引量はビットコインが一番多いですし、そのビットコインに次ぐのがリップルだとして日本でも取引されているようですが、どの仮想通貨の値段が今後上がっていくかについては分かりません。

 

仮想通貨はこんなに便利

ではなぜ、仮想通貨がこれだけ世界中に広がっているのでしょう?

前述したように、国家が発行する通貨ではないので、信頼性に問題があるのでは?という疑問があると思います。

でも、仮想通貨には驚くべき仕組みがあるのです。

それがブロックチェーン方式というもので、世界中の取引が全て公開されていて、誰でもチェックできるという画期的な技術です。

この仕組みは説明するのが非常に難しいのですが、その仕組みを詳しく知らなくても問題ありません。

知っておいた方が良いとは思いますが、わたしも大まかにしか理解していませんし。

それよりも、仮想通貨のメリットについて知っておくことの方が大事で、その典型的なものは、圧倒的な手数料の安さです。

カード決済などをすると、手数料がかかりますよね。

国内での送金にも手数料がかかりますが、これが海外となるとかなり高額になるようですね。この手数料がビットコインの取引になると、何十分の一、何百分の一にすることも可能なので、まさに「革命」と行って良いと思います。

ただし、仮想通貨のデメリットも知っておく必要があります。

あくまで電子上のデータの取引ですので、自分でそのデータを管理しなくてはなりません。具体的には「ウォレット」と呼ばれる、仮想の財布のようなものをネット上またはパソコン上に作る必要があります。

そして、仮想通貨の交換所などを通じて得たビットコインをその「ウォレット」に送金するのですが、アドレスやパスワードを紛失してしまうと二度とその仮想通貨を取り出すことができないのだそうです。

わたしもビットコインのウォレットを作っていますが、アドレスとパスワードは厳重に管理しています。

ビットコインだけでも理解しましょう!

 
先ほど仮想通貨にはいろいろな種類があると申し上げましたが、やはり代表格はビットコインです。

わたしも実はビットコイン以外はあまり詳しくありませんし(原理はどの仮想通貨も共通しているとは思うのですが)、将来的にはどうなるか分かりませんが、とりあえずビットコインについてだけでも理解しておけば十分だと思います。

繰り返しになるかもしれませんが、ビットコインという物体があるわけではありません。インターネットで画像検索したら、さも実体があるもののように思われますが、それらはレプリカです。ビットコインは電子上にしか存在しないものなのです。

仮想通貨は今後爆発的に拡がるかもしれません

仮想通貨にも他の通貨と同様、値動きがあります。そして、その値幅は新興国の通貨並み、いやそれ以上に大きいのです。

ビットコインができた当初、ある人がピザ1枚分とビットコインを交換したところ、その後ビットコインが大きく値上がりし、その人は巨万の富を築いたという実例もあるそうです。

2010年ごろは1ビットコイン=0.1ドルだったそうです。

2013年にはなんと1ビットコイン=1200ドルに高騰!

その後一気に下がってしばらく安定していたのですが、2015年末になって、また高騰し始めています。

こう考えると、単なるばくちのようにも思えてしまう仮想通貨の取引ですが、ものすごく難しい数学の原理が働いている技術革新なのです。

その全てを理解するのはとても難しいことですが、おおまかにでも掴んでおくべきですね。

でないと、それこそ単なるギャンブルになってしまいかねません。

あなたが今できること!

まずは、仮想通貨について勉強してみて下さい。

「仮想通貨革命」という本は信頼が置けると思うのですが、概略をつかむだけなら電子書籍でもビットコインなどを扱った本がたくさんありますし、インターネットの記事でも知識を拾うことは可能です。

それらの知識をしっかり持っておくことは、あなたが詐欺などに引っかかってしまわないためにもとても大事なことですし、もしかしたら今後仮想通貨が普通に使われるようになっているかもしれないので、今のうちから知っておいて損はないです。

電子マネーも、最初からみんなが使っていたわけではなく、徐々に浸透していきましたが、それと同じようなことが起こるような気がします。
 

仮想通貨って結局信頼できるの?

ここまでお読みいただいて、改めて「仮想通貨って信頼できるの?」という疑問が湧いてくることと思います。 新しい技術ですし、国家による保証がないというところが引っかかって、「やはり危ないかもしれない」という意見は当然あるでしょう。 わたしも知人に仮想通貨を説明したときに、その不安を完全に無くすことはできなかったので、この記事を読まれただけでは十分信頼性を得られていないと思います。 でも、それで良いと思うのです。 今後、仮想通貨がメジャーになってきて「そういえば、仮想通貨が流行るって書いてあったな」と、この記事を思い出していただければ、他の人よりも敏感に対応することができるでしょうから。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

今学んでおいて損はない仮想通貨のお話を届けます
Reader Rating 1 Vote