モテる女性は何にお金をかけるのか?

shutterstock_107084198

モテる女性、モテない女性

男性の方がモテるモテないに拘るイメージがあるように思いますが女性にだってその傾向がない訳ではありません。

いつの時代も男女であろうとモテる人モテない人というのが出るのは当たり前であり、女性にだってそうした違いは生まれます。

その為モテる女性とそうでない女性に分かれてしまうのは当然の事です。

ではモテる女性の特徴とは何なのでしょうか?

もちろん同じモテる特徴とは言うものの異性にモテる要素と言うのは男性と女性では違うところがいくつかあります。

身体的特徴は言わずもがな、更には求められる行動様式や活動傾向、思考形態まで男女で違いがあるように、モテる女性とモテる男性では決定的に違うところがいくつもあるのです。

しかし男性受けが良い女子、モテる女性とはどんな女性なのかと言うものはモテる男性に比べて特徴が一致しやすい傾向があります。

女性の理想の男性像に比べて、男性の理想の女性像と言うものはバリエーションが少なく、求める条件も少なく、偏りが多いからです。

男性の思考と好みが女性に比べると単純であるからそうなるとも言えますが、もちろんそれだけではありません。

男性は女性に比べて動物の本能的に自然と求める条件が減るような特性、多くを望むことを良しとしない特性が備わっているからなのです。

その為そこに気を配ることでモテる女性像に近くなることがある程度モテる男性に比べて簡単と言えます。

今日はそうした男性の求めるものと一般的にモテる女性の特徴を例に挙げ、どうしたらモテる女性になるのか、又はモテる女性としての印象を周囲に与えることができるのかについて考察します。

若い女性がモテる女性

男性が女性に求めるもの、つまりモテる女性の条件の一つに「若さ」と言うものがあります。

男性は女性に比べ、ことさらその傾向が強いです。

これは動物的な本能で男性が「子孫を残すのに適しているかどうか?」と言うものと「自分が守る必要があるか?」と言うものを無意識にパートナーを選ぶ時に考えるからだと言えます。

バリバリの仕事が出来る女性の上司よりも、ちょっと頼りないぐらいの後輩の女性がモテるのはこうした理由があります。

もちろん男性がそれだけでパートナーを選ぶことはありませんが、女性もそれを感じているので「若くあろう」とすることを無意識に心がけます。

女性に年齢の話は振ってはいけない、相手を誉める時に「若く見える」と言うと効果的。

などの事はそうしたことの表れだと言えます。

その為モテる女性は若さを保つことにお金をかける方がかなり多いです。

ある程度の年齢を過ぎるとどうしても起こってくる加齢に伴う症状の予防と治癒、老化防止、抗加齢、抗老化。

アンチエイジングとして女性の中で話題に上ることが多くなったこうしたものへの関心は女性であれば誰でもある程度はあるでしょうし、若いころからそれを保つために入念な取り組みをしていらっしゃる方も少なくありません。

肌や手に年齢が出るとされているため手入れやそれに効果的な栄養摂取にお金を使う人もいれば、医療機関で再生医療の技術を使ってまでこのアンチエイジングをする方だっています。

それに加えてアンチエイジングにお金や労力をかけることで精神的な若さと言うのも若返ると言われており、年齢と共に積み重ねたモノを「老い」と捉えることなく、前向きに「成長」「経験」と捉えられるようになるようにもなるそうです。

しかしもちろん若さだけがモテる女性の全てではありません。

確かに若いうちはただ可愛ければそれだけでも男性にモテますが、男性の方も歳を重ねるにつれて内面的要素へとモテる要因はだんだん比重が重くなっていきます。

特にこのストレス社会の中、仕事や生活に疲れた男性を優しく癒せるのは若いだけの女性ではないのです。

話術がモテる女性のポイント

話術でモテる女性と聞くと少し良くない印象を持ってしまう人も居るかもしれませんが別に相手に嘘をつけとか詐欺を働けという事ではありません。

会話する上で相手に好感を与え、精神的に癒し、時には相手を楽しませることができるようにするための話術。

そうした話術に長けた女性はモテます。

一般的に話術と言うと話す方に目が向けられがちですが本当に話術が巧みな人は人の話をきちんと聞ける人です。

男女問わず外見がよくても、自分の言いたいことや、自分の要求、自己中心的なものの話し方をする人は一緒にいても会話していてもだんだん疲れてきてしまいます。

きちんと話を聞いてくれる女性は、心に余裕があると思われますし、自分の事を信頼してくれていると言う安心感を相手に与えます。

もちろんただ黙って話を聞いているとか、スマートフォンを弄りながら返事を返して聞いている気になっているだけでは逆効果です。

相手への反応をしっかり返してあげねばなりませんし、時には質問したり自分の言葉で相手の話をまとめてみたりすることで「しっかりと」話を聞いてくれていると相手は思ってくれるものです。

しかしこうしたことが出来るようになるには学ぶ必要性があります。

人の話す内容や話し方は千差万別、定例文や無難な言葉など形だけ覚えても聞き上手にはなれません。

そこで経験を培うためにモテる女性は交際費を惜しみません。

人との付き合いを多くし、一緒に遊び、いろいろな話を聞いたり時には逆に喋ったりを色々な人と繰り返すことでそうした経験を培うのです。

もちろん男性の中には基本無口であまり自分から話そうとしない人もいます。

しかしそうした男性にも興味関心がある事や言われて嬉しいことがもちろんあります。

しかしそうした男性にどうやって話術を用いるのかと言うと先ずは話題豊富な人である事が必要になってきます。

話を振っても「そうですね」で終わるより「それってもしかして」などと更に話を広げたり、話が終わったあとにも「そう言えば今の話で思い出したのですけど」などと似たような別の話題をすんなり出せるようになると相手は自分の事をわかってくれる相手だと思うもの。

こうして相手が話さないタイプの男性であろうとも笑顔で話が尽きない会話が出来る女性はやはりモテます。

そのために欠かせないのが情報収集。

もちろん自分で体験してみるのが一番ですがあれもこれもとやるのには時間もお金もかかります。

そこで女性同士のネットワークを利用しての情報収集でそうした話術向上への経験値を増やすのです。

女子会と言われる集まりやクラブに行ったり、女性同士で食事に行ったりなどお金をかけるのもモテるための情報収集として考えればモテる女性になるための効果的な投資です。

直接的ではなくなりますが笑顔も話術に必要な要素の一つです。

笑顔で人と接すると、男性からも穏やかな印象を受けるし、緊張感などもほぐれるため、コミュニケーションなどを取りやすくなります。

しかし素敵な笑顔は「作る」ために費用がかかります。

そう、練習したりや本心からのものであれば笑い方や仕草は好意をもたれるものが誰でもお金をかけずにできます。

しかしそういう事ではなく、ここでの「作る」は容姿の問題です。

化粧はもちろん、髪型、相手の視界に入る手の手入れや服のコーディネートに至るまでモテる女性はお金をかけているのです。

モテるモテない以前に印象をつけるモテる女性

モテる女性はそもそも相手の印象に残るものです。

なぜなら一番異性に関心をもたれないタイプの人間とは嫌われるような人間や悪目立ちした人間ではなく印象に残らない人間だからです。

例えばあなたが食事をしにレストランに行ったとします。

そこにいる一人の店員の態度が素晴らしく、とても印象に残ったとしたら、次にそのお店に行き、会った時にその人のことが分かるでしょう。

余程印象が強ければお店の外で私服を着ていたとしてもわかると言う人もいます。

しかし逆に接客態度が悪くてもそれは同じ事が言えます。

覚えていられない人とは極々普通、当たり前に接客をしていた店員であることが多く、例え次にお店で会ってもその人だったかどうかが殆どの人には分かりません。

個人が頭の中で特定さえ出来ない状態ではモテる女性もモテない女性もないのです。

だから女性は髪型や服装などのファッションや化粧に気を遣い相手の印象に残るようにするのです。

モテる女性は当然相手に良い印象を与えようとするので流行を取り入れ、ブランド品で身を飾る訳ですがこれは一歩間違うと先程紹介した「印象に残らない女性」になるのです。

極々普通の店員と同じように流行の皆がするような格好で、皆が使うブランド物を持ち、みんながするような髪型で、皆と同じタイプのメイク。

これではどうしても人間の記憶の中で「普通の人」として埋没するのです。

モテる女性はそうではありません。

個性が出るようにしつつ、何かおかしくならないように流行をしっかりと取り入れたり、自分のトレードマークになるような印象付ける何かを作るなどして没個性にならないように情報を収集し、相手の記憶に「良い印象をはっきりと」残すのです。

限定品や一般の人では高くて手を出せないブランド品を持つことでそれを成す人もいますし、芸能人と同じ髪型にするだけでなく服装や小物まで模倣すると言う人もいるでしょう。

しかし誰かの模倣や流行やブランドイメージに頼ると見た目の印象が良くても、その後の自分と会話した時にギャップで印象が悪くなることもあります。

その為モテる女性は自分の性格や普段の言動に合った、もしくは合わせた格好をしているという事が多いです。

もちろん性格や普段の言動とのギャップを良い印象の方向に向けるという方法も、そこまで計算して自分に合わせるというテクニックだって自分に合わせた格好の一つです。

女性は男性に比べてお洒落にお金をかけるのはそうした記憶に残ることの大事さを熟知しているからなのです。
 

モテる女性は男性の要求にお金をかける

以上のようにモテる女性はお金の使い方が非常にうまいです。 プロ彼女と呼ばれる人の登場もある意味ではとても自然な事で、モテる女性の理想像は男性の理想像に比べて少ないので、その絞られたものになるために何かをなす女性は正にプロと言えるでしょう。 モテる女性の条件は多くはないとは言え、その全てを満たせるほどの時間とお金は誰もが持っているわけではありません。 その為モテる女性は必要なポイントに必要なだけのお金をかけることでモテるべくしてモテていると言えるでしょう。 男性にしてもこの必要なポイントに必要なだけのお金をかけることでモテるべくしてモテているという事は言えます。 目的のために費やせる資金が多ければ大きな結果を出せますし、目的をしっかりと絞り確定させることで費やす資金が同じでも大きな成果を出すことが出来ます。 今回紹介したお金の使い方だけがモテる方法の全てではないですがモテる女性は「若さ」と「話術」と「見た目」にお金をかけている事は確かです。 そうしたお金の使い道の最適化でモテる女性は決まるのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

モテる女性は何にお金をかけるのか?
Reader Rating 1 Vote