あなたのお金に対する感情がお金持ちになるか貧乏になるかを分ける?

shutterstock_324427688

あなたはお金に対してどんな感情を持っている?

お金持ちになれるかなれないか?がわかる要素を、あなたはご存知でしょうか。

これはほぼ全ての人が持っている感情で、「どちらか」に分かれるのです。

必ず分かれるのです。

このどちらの感覚を持っているかどうか?で、お金持ちになれるかどうかがわかります。

お金持ちの人や長く経営者・起業家・実業家として活躍してきている方々を見ると、漏れなく「ある感情」を持っていることがわかりました。

逆に貧乏な人をを見ていると、これまた漏れなく「ある感情」を持っています。

私も、ホントにお金がなくて悲惨な生活をしているときには、後者の「ある感情」を強く持っていました。

では、お金持ちの人が持っている感情はどんなものなのでしょうか。

そして、貧乏な人が持っている感情はどんなものなのでしょうか。


お金持ちが必ず持っている、お金に対する感情

お金持ちが持っている、お金に対する感情とは、「お金が大好きであり、お金儲けが大好きであり、セールスが大好きである。」というものです。

いろいろなお金持ちを見ていると、お金持ちが悪だみたいな感じを受けることはありません。

むしろ、お金を稼ぐことはすごくいいことであり、稼ぐことが自分を助け、周りを助け、自治体を助け、国を助け、さらには世界を助ける、くらいに思っているのです。

もちろん、表立ってお金大好き!みたいなことは言いませんが、お金が好きであることは言動を見るとよくわかります。

好きだからお金が集まってくるし、気づいたら勝手にお金がよってくるような仕組みが出来上がっていたりするのです。

お金持ちは、お金に対するマインドが一般の人達と大きく異なります。

よく言われるのは「お金持ちは悪い奴が多い」ということです。

もちろん、そんなことはないのですが、そのような気持ちが少しでもあるとお金稼ぎは難しくなります。

お金持ちはお金を稼ぐことは素晴らしいことだと考えています。

これは日本のみならず世界中がそうです。

何かしらお金持ちと会話したり何かを教わっている人は、このことがよーく分かると思います。

お金が好きであることは、お金持ちが持っている共通認識です。

お金を稼ぐことにためらいはなく、むしろそれが当たり前でありいいことだということを実感しているからこそ、お金が大好きであるということなのです。

そして、それは同時に素直に自分と向き合っているということでもあります。

たとえば豪華な食事をしたいと思えば、そのために頑張って稼ぎ、そして食べに行きます。

本気で叶えたいことを叶えようとして行動に移すのです。

そして、それが積み重なっていって、その結果自分が過ごしたい人生を過ごせるようになるのです。

貧乏な人が持っている、お金に対する感情

貧乏な人が持っているお金に対する感情とは、「お金は悪だ!」とか、「お金持ちは悪い奴だ!」とか、さらには「お金を嫌いになろう!」ということです。

これは欲しいモノがあって「絶対欲しい!」と思っているのに、それを手にすることを諦めているといってもいいことなのです。

サラリーマンによく見られる傾向として、今の給料に満足できなくて「給料上げたい!」とか「収入を上げたい」と思いながらもそれが叶わず、「お金を嫌いになってしまえ!」というような心境になってしまうと、どんどん貧乏になってしまいます。

これはどういうことかというと、自分に嘘をついてしまって、経済的ではなく精神的に貧しくなってしまうということです。

自分に嘘をついてしまうと、それが癖となってしまって外に対しても嘘をついてしまうことにつながります。

つまり誠実さを失ってしまって、精神的に貧しくなってしまうということなのです。

さらに、それは素直ではないということでもあり、その姿勢は外面でも見られるようなることがあるので注意が必要です。

貧乏である人の多くは、自分に対して誠実ではないために貧乏になってしまうということが多いのです。

多くのサラリーマンが持っている、ある感情

さきほども少し触れましたが、多くのサラリーマンが持っている感情があります。

それは「お金は必要なのにお金を嫌いになってしまう」という矛盾した感情です。

言うまでもないことではありますが、お金は生活する上でなくてはならないものです。

毎日いくらかでも使っていますし、毎月お給料でいくらかを頂いています。

それを嫌いになるということは、実は普段の行いと矛盾しているということなのです。

なぜ、毎日会社に行って仕事をしているかというと、給料を稼ぐためのはずなのに、お金を嫌いになってしまうということは矛盾しているということに気づいていないのです。

これは多くのサラリーマンにみられる感情です。

この感情を取り除くだけで、実は意外と簡単にお金が手元に入ってくることになります。

それほど難しいことではないのです。

お金に対する感情があなたの人生を決定づける

お金に対する感情を変えるだけで、あなたの人生は大きく変わります。

稼ぐことに対して、特に日本の人はマイナスに考えることが多いのですが、お金を稼ぐことはしごく当然のことなのです。

何かを提供すれば、それに対して対価を頂けるのは自然の摂理なのです。

一番それをわかっているのが商売人であり、営業の仕事をしている方です。

彼らを見ていると、お金を稼ぐということになんのためらいもありません。

それが当然という姿勢なのです。

この姿勢は見習うべきであり、必ず持つべきマインドですね。

それがあるかないかでお金を稼げるかどうかが変わってくるのです。

お金に対する感情一つが、あなたの人生を決定づけるといっても過言ではないのです。

大事なことは決断する感情

貧乏な状態からお金持ちになるためには、「お金が好きになる」ことを決断することなのです。

この決断ができない人が、今の状態からずっと抜けられないということです。

サラリーマンをたとえにすると、サラリーマンの多くは「もっと稼ぎたい」とか「今よりも収入を上げたい!」という感情を持っています。

お金だけではなく、高級な車を持ちたがったりいい家に住みたくなったり、豪華な食事を楽しみたい!と思う方もいらっしゃいます。

そう思うにも関わらず、「お金は悪」と思っていたり「お金持ちは悪い人」と考えていると、豪華な食事を食べたい!とどんなに思っていてもそれが叶うことはありません。

これは、言い方を変えると「嘘つき」になっているということなのです。

豪華な食事を食べたい!と思いながら、実際はそのための行動を取っていないということですから。

もちろんお金を稼ぐという行為も同じことで、お金持ちになりたい!と思うのでしたら、お金を好きになることが大事なのです。

にも関わらずお金が嫌いだと言ってしまえば、それは自動的にお金をあなたから遠ざけてしまうことにつながります。

人との関係を思い起こしてもらえるとわかりやすいのですが、ある人に「嫌いです」と言ってしまえば、向こうもあなたに対して似たような感情を抱くでしょう。

これと同じです。

お金のことを嫌いになってしまえば、お金はあなたの元から去ってしまうのです。

もし、あなたがお金に対して少しでも嫌いだという感情をお持ちでしたら、それを変える決断をしてください。

お金を好きになるという決断を下してください。

そうすると、お金があなたの元を去らないばかりか、どんどんお金があなたのところに集まってきます。

お金だって自分のことを好きでいてくれる人のところにいたいですし、そうなるものです。

今すぐ変えることはできないかもしれないですが、ぜひお金を好きになるという決断を下してください。

お金が好きですか?

最後に聞きたいことがあります。 あなたはお金が好きですか? この質問に、声に出さなくてもいいので自分に嘘のない答えをあなた自身にしてあげてください。 もし、お金が好きならばそのまま突き進んでください。 お金は大事なものであり、生きるための道具です。 お金があればいいというわけではないですが、ないと不幸な人生になる可能性が飛躍的に大きくなります。 ですので、お金が好きであればどんどん稼ぐ行動に出ていってください。 そして、お金が好きでないのなら、ぜひお金を好きになるようにしてください。 お金を好きになるかどうか?は、あなたの決断一つです。 お金が嫌いなままでいると、いろいろな部分で不誠実な人生を送る可能性が高くなります。 そうなると、まったく楽しくないですしお先真っ暗な人生になります。 そうならないで欲しいのです。 ぜひともお金を好きになって欲しいと念願しています。 もう一度聞きます。 あなたはお金が好きですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

あなたのお金に対する感情がお金持ちになるか貧乏になるかを分ける?
Reader Rating 1 Vote