金持ちになるには金持ちから学べ!富裕層から学ぶ金持ちになるための習慣


金持ちから吸収するのが一番カンタン!金持ちの習慣

突然ですが、あなたはこのようなことがありませんか?

「お金がない」「お金がない」と言いながらも何か買わなければいけないとき、こんなもの欲しいよね?という話になった時、お金があれば…と思うことはないでしょうか。

もしあなたが、「お金持ち」であったらどうでしょう?

ただし、ここで抑えておくべきポイントは、なんとなくお金を稼げればいいのか?ということです。

多くの人が金持ちになりたいと思いながらもそうなれないのは、そこに現認があるからなのです。

お金持ちの人とはどういう人でしょうか?

いや、どういう習慣や行動をとってきているのか?を考えた方が手っ取り早いですね。

実はお金持ちと呼ばれる人はお金持ちになるための習慣や行動があり、それを必ず実践しております。

今回はその習慣をいくつかご紹介します。


金持ちが持っている秘密

「どうしてあの人はお金に困らないのだろう?」ということを思ったことはありませんか? 

お金に困らない人と、いつもお金に困っている人の違いはどこにあるのでしょうか?

そこには一般にはあまり知られていない、多くの秘密があることに気づきました。

それはこのような視点です。

「お金がない」「お金がない」と口にしていると、お金に困る生活を送るハメになるのです。

一方、金持ちは「お金がない」ということを口にしません。それどころか、本気で「今自分はお金持ちだ!」と信じてやまないのです。

この差はすごく大きく、それだけで金持ちになれるかどうか?を分けてしまうといっても過言ではありません。

マインドを変える必要があるのです。

「お金がない」のではなく「お金がある」というマインドを持つことが大事です。

人は自分でイメージした通りの方向に自然と進みます。

お金がある!と本気でイメージしていればお金がある生活へと進むことができるのです。

反対にお金がない!と考えていると、本当にお金がない生活に堕ちてしまうのです。

だからこそ、マインドを変える必要があるのです。

お金に対するメンタルブロックを外そう!

お金がないないと言っている人の多くは、お金に対する何らかのメンタルブロックを持っています。

たとえば、お金を稼ぐことにためらいがあったり商品をセールスするのに後ろめたさを感じていたり、というようなマイナスメンタルを持っているのです。

これは仕事やセミナーで多くの日本人と接する中で見てきた、「お金がなかなか増えない」と言っている人の共通点でもあります。

お金の増えない人たちに共通していること、それは、お金が悪い物だと思っている点です。

お金を増やしたいと思うなら、最初にするべきは、お金に対するマインドを変えることです。

お金持ちは「お金は素晴らしくていいモノである」と本気で想っています。

だからこそお金を稼ぐことに対して何のためらいもないのです。

お金を稼ぐことで自分だけでは無く、周りの助けにもなるということを分かっているからです。

一方で、お金がないと言っている人たちは以下のような言葉を発します。

「あの人、いつも〝お金〞〝お金〞って、お金のことばっかり話して欲が深い」「お金持ちは、絶対に裏で何か悪いことをやっている」
彼らはお金やお金持ちに対するネガティブな考え方です。

お金を嫌っているようにさえ聞こえます。

人間関係において、「誰かを嫌いに思っていると、その人からも嫌われる」ということはよくありますね。お金も同じです。

お金を嫌っていると、お金から嫌われて、決してお金持ちにはなれません。

逆に言うと、お金を好きになれば、お金が集まってくるということです。

この点をよく理解しておくとあとで非常に役に立ちます。

お金は人々の人生をより良く楽しいものにすると理解する

お金を欲しがるというのは、人がもともと持っている本能の一つです。

それは「お金は人々の人生をより良くし、楽しモノにする」ということを、本能で理解しているからです。

だからこそ、お金は悪い物では無くいいモノだと断言できます。

そもそも、お金は本当に「悪いもの」なのでしょうか?

「お金がなくても、愛さえあれば、結婚生活はやっていける」と言う人がいます。

でも、実際は、離婚の理由の第1位は、「生活費を入れない」「過度の借金」(「弁護士ドットコム」調べ)など、お金がないことによるものです。

誤解を恐れずに言うならば、「お金=悪」ではなく、「お金がないこと=悪いことを生む」ではないでしょうか。

そして「お金があること=楽しい人生」なのです。

なぜならば、お金は欲しいものを手に入れるために不可欠なものだからです。

お金があるから、おいしいものが食べられる。

お金があるから、友だちと飲みに行ける。

お金があるから、いろいろな楽しいことができるのです。

私が初めてアルバイトをして、そのお金で洋服を買ったとき、「楽しい」と思いました。「お金って楽しいものなんだ」と実感しました。誰にでも、そう思った経験はあるでしょう。

初任給で両親に何か買ってあげたとき、自分を誇りに思ったはずです。貯金をはたいて彼女や彼に何かプレゼントしたとき、ワクワクしたはずです。

お金は、自分の物欲を満たすためだけのものではありません。

たとえば、「世界一周の旅に出よう」「医学部を出て医者になろう」といった目標や夢を叶えるためにも、お金は必要です。

災害時に人を助けるには「義援金」が、海外に小学校を建てたりする際には「寄付金」が欠かせません。何をするにもお金は要ります。

お金は決して悪いものではありません。楽しく、いいものです。

お金を欲しがることは、いけないことではないし、決して恥ずかしがることではありません 。むしろ健全な欲求なのです。

お金持ちになるにはいつも自信を持とう!

世の中の真理として、「お金を増やすには自信が必要不可欠」です。

「お金=〝悪〞」という固定観念に加え、「自信がない」ことも、「お金がなかなか増えない」人の共通点だと思います。

お金を増やそうと思うなら、自己投資を含む〝投資〞が必要です。

ですが、自信がなければ、リスクを取ることができず、思い切った投資ができません。

あるビジネスマンはある事業に対して「1000万円投資します。なくなっても惜しくないです」と楽しそうに言いました。

彼はおそらく、お金を失うことへの恐怖よりも事業が成功する喜びの方が大きいと感じているのです。

なぜそのような思考回路なのかというと、自信を持っているがゆえに冷静にものごとを見ることができているからです。

だからこそ、「お金がなくなっても、また稼げる」という圧倒的な自信を持っているのでしょう。

だから、リスクが取れるのです。

もちろん、リスクを取らないほうがいい場合もあります。

養うべき家族がいるのに、全財産を投資するようなリスクは冒すべきではありません。

リターンがあまりにも小さいのに、リスクが大きすぎるときは、わざわざリスクを取ることもないでしょう。

お金との向き合い方

お金がないと言っているサラリーマンを見てみると、お金と正面から向き合っていないと強く感じます。

これまでの話とリンクするのですが、お金と真剣に向き合っていないので使い方が分からなかったり、惰性に流されて無駄遣いしてしまったり、といったことを何度も繰り返している人がすごく多いように思います。

そこにはお金に対するリスペクトがなく、お金に対するプラスのイメージも無いのでどうでもいいというふうに考えてしまうのです。

どうでもいいと思ってしまうと、どうでもいいことにお金を使ってしまい、あとになって後悔するということを何度も何度も繰り返します。

よく、楽しいと思っていたことにお金を使ってしまって、あとに残ったものは虚しさだけという話も聞きますが、良い例ではないでしょうか。

お金と真正面から向き合い、リスクペクトの気持ちを持つことはすごく大事です。

これが無い人ばかりだからこそ、真剣ぬに向き合うことであなたがお金持ちになれる可能性はすごく高くなるのです。

お金持ちへつながる習慣は難しくない!

ここまで読んできた方はもうお分かりだと思いますが、お金持ちへとつながる習慣は難しくありません。 何か特別なスキルが必要かというとそうではないですし、当たり前と言えば当たり前のことばかりです。 ここまでお話してきた習慣や視点は、やればできるものばかりであるということが、あなたにはお分かりだと思います。 あとはやるだけです。 やれば自然とお金持ちになる方向へと向かいます。 あなた自身もお金持ちにふさわしい人物へと変化できます。 ぜひ実践してみて下さいね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

金持ちになるには金持ちから学べ!富裕層から学ぶ金持ちになるための習慣
Reader Rating 3 Votes