モテる、かつお金ともうまく付き合える男のお金の使い道とは?

shutterstock_275191106

西島秀俊さんから考えるモテ男とお金の関係にせまる?!

芸能界のモテ男が結婚する時の一般女性の喪失感を表している「○○ロス」の先駆けとなった西島秀俊さん。

CMにドラマに映画にと、結婚して益々お目にかかる機会が増えました。

サラリーマンや主夫などのCM出演も多数あり、結婚して一層稼ぐ力やモテ力を発揮しているように思えます。

西島秀俊さんは、GACKTさんとともに、宝くじtotoBIGのCMにもご出演です。

過去そのなかでも印象的なセリフで一度は言ってみたいのが次の言葉です。

GACKTさん「俺が金を好きなんじゃない。金が俺を好きなんだ。」

西島秀俊さん「どうすればお金に好かれる?」

と言うわけでモテとお金について考えていきます。

モテるには余裕をいかにつくるかが勝負、余裕がなけりゃお金も女も入る隙がない

MOZU劇場版公開での撮影に関する西島秀俊さんの言葉からも余裕が感じ取れます。

「毎日が戦場のような日々だった。」

「肋骨(ろっこつ)にひびが入ったり、左肩を壊したり、右目の角膜をはがしたりした。それがすごく楽しかった。」

『・・・ちょ、ちょ、ちょっとまって、お兄さん。聞いているだけでも、めちゃくちゃ痛い!!!』

と、思わず突っ込みたくなりますが、死に近い状態を感じた事がある人は、ちょっとやそっとの事では動じない余裕を持てるようになります。

はたから見たら余裕がない状況下でも、それを楽しめる、と言う事は、なんだって、楽しめそうだし、笑顔で居られそうだな、支えて行きたいなと感じて、そばに居たいと思う女性も増えるでしょう。

あと、お金の余裕と言えば、コップ理論です。

お金持ちは、コップに溢れた水だけを舐める。

大体の人は、コップから水が溢れないうちから飲んでしまう。

だから、いつまでも貯まらない。

水=お金ですが、余裕の部分だけを使う人が、残り物には福があるで、余りから裕福になって行きます。

給与から先取り貯蓄をして、余裕の部分で生活する、と言うイメージでしょうか。

余裕が出来たら貯金するのではなくて、余裕がなければ生活は送れないので、余裕は必要不可欠な存在なのです。

空気の流れを読めるとお金の流れも見える

モテる男の特徴は、その場の雰囲気を壊さずに、あまり自己主張せず、空気の流れを読んで発言できる事があげられます。

思った事をそのまま言ってしまうと、頻繁に誤解されたり、違った意味で噂となって広がり、知らぬところで敵を作ってしまう事もあります。

その場を仕切っている人は誰か、誰と誰の考えが近くて仲がいいか、自分の与えられた役回りをこなすことに徹していると、空気の流れが見えてきます。

お金の流れも同様に、1つの支出から、そのお金が回っていき、やがて誰かのお給料に変化します。

支出だけでなく貯蓄も一見動いてない様に思えますが、やがてお金が足りない誰かの役に立っています。

ある程度読めるようになったら、FXに挑戦してみると、流れを読む技術が上げられる場合もあるでしょう。

お金の使い道を決断するまでに、あらかじめ徹底的に下調べをしている

モテる男と言えば、デートも多く場慣れしています。

なので、下調べはさほど必要のないもののように思えますが、油断大敵です。

学生時代、家で予習をしていない時に限って、先生にあてられて赤っ恥をかいたり、あてられないかずっとひやひやしてうつむいている事、ありませんでしたか?

ときめきとは、違うドキドキを味わう事となります。時間もロスしてイライラ余裕がない状況のデートは楽しめない。

デートも重要なお金の使い道の1つです。

お金を使わない公園デートやおうちデートならのんびりでも良いと思うのですが、せっかくお金を使うのであれば、なるべく無駄な時間とお金は省いた方がより濃密な時間を過ごせます。

ホスト側であるならば、渋滞予測や移動時間、相手を喜ばせるプレゼントや食事などなどの下調べをして、デートに臨むのですが、キツキツの計画を立てるとしんどいので、なんにでもできる空白の余裕の時間を組み込めるスケジュールがいいですね。

西島秀俊さんご出演の、現在放映中のtotoBIGCMではないですが、「まさか!はありえる」のです。

常に不測の事態に備えて予備の受け皿を用意しておける余地は残しておきたいですね。

徹底的に集中する時間を買う

西島秀俊さんの魅力は、その肉体美です。鍛え抜かれた体を作り上げるのに、お金をかける事を惜しみません。

西島秀俊さんは、ジムをはしごしたり、高級プロテインを飲んでいるとのエピソードがあります。

女性にモテる男は、筋肉が標準装備です。

女心としては、筋肉が重要なのではなく、とことんまで自分を苛め抜く厳しさやストイックさが重要です。

それが浮気をしない一途さを連想させたり、いざという時に守ってくれる王子様になってくれるのではないかという期待を女性に抱かせるのです。

また、そのストイックさはお金にも発揮され、いくらまで貯めて何かを購入する(もしくはなにかをする)ために、とことん我慢できます。

さらに、Time is money.と考えており、それだけに集中して効率的に成果を出すために、お金を使います。

さらに徹底して結果を出すために、努力もしますし、無駄や回り道をしないので、予想外の余分な費用が掛かる事も少ないのでお金が貯まりやすいと言えます。

例えば、西島秀俊さんが趣味の映画鑑賞も一人で行くのも、役作りと仕事に直接つながるし、集中力を最大限に発揮して映画を観る事が出来るからでしょう。

お金とモテは、放置のさじ加減を知っているか否か

西島秀俊さんでもう一つ話題になった言葉があります。

それは「プロ彼女」。

すでにご結婚されていますが交際時に守ってほしい七箇条があったようです。

彼女はそれを守る、非の打ちどころがない人、と言う意味で「プロ」と言われています。

が、意外とこの七箇条は、女心の程よい放置のさじ加減を知っているものとも言えると考えます。

ご存知の方もいるかもしれませんが、それではまいりましょう。

1.仕事のわがままは許す事・・・仕事のわがままって、それも仕事のうちでしょ。
2.映画鑑賞についてこない・・・もし同じ趣味なら少し寂しいかもしれないけれど、興味がない趣味だと付き合わされる事がないので楽。
3.目標を持って、常に一生懸命な女性である事・・・夢中になるものがあれば、個人の時間を有効活用できる。
4.“いつも一緒”を求めない・・・最初は寂しいかもしれませんが、長い付き合いになると息苦しい時もある。離れたい時もある。離れてこそ大切さがわかる?自由時間が増える。
5.女の心情の理解を求めない・・・逆に男心わからないし。
6.メール返信がなくてもOK・・・大切な事は会ってか電話で伝えればいい。
7.一か月半会話なしでも我慢する事・・・うーん。観察眼や想像力が育つ。コミュニケーション能力アップ?

女性も、毎日ラブラブすぎるとある日突然覚めた時に、お互いに重くなったり、しんどくなったりします。

・・・の後が本音。

長く付き合うにはある程度放置=距離感が大切で、それはお金にも言えます。

常に財布の中にお金を入れておくのではなくて、預金に預けます。

すると今、預金金利は少ないですが、定期預金にでも預けておけば、その期間になれば、少しだけお金が増えます。

普通預金に完全放置でも、少しずつ貯まります。定期預金は、期間中の解約をすると元本割れが起こる場合もありますので、自分とお金の程よい放置期間を決めていくのが良いでしょう。

モテてお金ともうまく付き合える男性の特徴まとめ

・どんな時もお金と女のための余裕を残しておく ・お金の動きと空気を読む ・行動する前に下調べは徹底する ・熱中する時間を買って、効率アップ ・良い所を尊重しあい、つかず離れずの距離感を持つ この特徴を考えていたら、徳川家康さんが頭に浮かんできました。 彼は、20人以上の側室を持ち、今も眠るとされている徳川埋蔵金を後世に残し、人質人生から、自分の身の振り方を空気を読んで行動しています。 また慎重派で、健康にはお金を使い、部下を信頼して太平の世を築いたとされています。 大奥第一章で3代将軍徳川家光さんを演じた事のある西島秀俊さん。 どこか、モテてお金持ちの徳川家康さんの要素が少しあったからだった・・・からなのかどうなのか、は謎ですが、モテ要素は高く、お金にも好かれている方である事は確かです。 今後ますます女性からモテて、お金にもモテる生活が送れる事を願っています。 ご覧いただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

モテる、かつお金ともうまく付き合える男のお金の使い道とは?
Reader Rating 1 Vote