今からはじめよう!携帯電話のかしこい節約術

shutterstock_252153067

毎日当たり前に使っている携帯電話 料金の節約方法があるって本当?

今では携帯電話は私たちの生活には欠かせないツールとなりましたが、必需品であるために多少高額の携帯電話料金は仕方ないとお考えの人は多いのではないでしょうか。

そこで今から早速はじめたい携帯電話料金の節約術をご紹介しましょう。

メール代金を節約する

携帯電話は主に通話よりもメールのほうが利用が多いですよね。

簡単なコミュニケーションツールとして普及していますが、意外とメールでのやり取りはお金がかかっています 。

まずチェックしたいポイントはメールを送るときの題名ですが、全てのキャリアに共通して言える事は、題名を短くまとめる事で節約できるという点です。

仲の良い友達などとはついつい返信でメールをしていますが、「Re」という文字が題名についているとこの文字数もしっかりパケット代として計算をされています。

そのためメールを返信するときは題名の頭につく「RE」の文字を消すとパケット代の節約になります。

そしてちょっと面倒ではありますが、メールの本文をうつ時にカナや数字は半角にしたほうがパケット代も半額になるというワザがあります。

前文を半角カナで打てば、かなり節約になるという計算ですね。

実際にはちょっと読みずらいですが、やろうと思えばできなくはない節約法です。

またとても厄介な迷惑メール。

気になるのでついつい受信してしまうと、そこでもまたパケット代が発生しています。

さらに迷惑メールはウイルスなども心配になる為に、なんとかブロックしないといけませんよね。

それぞれのキャリアにて迷惑メールの対処方法が異なりますので、今から早速ブロックして受信する時のパケット代の節約をしましょう。

メールは毎日使う便利なツールだからこそ、少しの工夫で節約できる幅も大変広いのです。

必要以外のメールは送らない、無料で送れる文字数に抑えるなど、また各社にあるメールのサービス内容をよく理解して、無駄使いしないように注意しましょうね。

支払方法で節約する

携帯電話料金は意外と家計費のなかでも大きな出費になっています。

今では仕事でも携帯では持たないといけないアイテムの一つになっていますよね。

そのため携帯電話料金は光熱費の一部のようなもので、どうしても毎月発生してしまいます。

毎月数百円でもセーブできれば年間にして数千円の節約につながりますからね。

そこで早速見直したいのが料金の支払い方法です。

クレジットカードを使って毎月料金を払えば、それぞれのカード会社から付与されるポイントが2倍に増えたり、キャッシュバックされる特典などがあります。

これは全キャリアに共通することですので、いままで振込みや口座から自動引き落としにして支払っていた方はすぐにクレジットカード払いに変更しましょう。

クレジットカード会社によって内容は異なりますが、携帯電話料金や光熱費の支払でクレジットカードを使うと特典がつくカードが沢山あります。

これから新しく新規でカードを作る方は、そんな点もちょっと意識してみると良いでしょうね。

また家族が多い人は携帯電話を個々に契約するのではなく、ファミリー割引で契約したほうが圧倒的に料金の節約になります。

ドコモの場合では料金が20%以上も安くなることがありますので、それぞれのキャリアの料金プランについてチェックしてみましょう。

また各社それぞれには特色のある割引サービスがあります。

知らずにいると損をしてしまう場合もありますので、携帯会社からのキャンペーンや案内などはメルマガに登録してこまめにチェックしておきましょう。

大きな金額でなくても、毎月料金が発生するため節約する心がけが大切ですね。
 

通話料金の節約方法

携帯電話があればどこでもすぐに通話ができますが、その便利さは逆に料金の無駄使いになっている場合もあります。

毎月の料金の請求書を見てなんでこんなに料金が高いのかな、と疑問に思ったことはありませんか。

それは自覚せずに携帯電話を使っている為なのです。

意外と気が付かないのが通話料金です。

メールがメインで携帯電話を使う方も増えていますが、料金の落とし穴として注意をしたいのが通話です。

キャリアによって異なりますが、通話料金は時間帯で異なる場合がありますので、一番料金が安い深夜の時間が長電話をするにはお得です。

また電話の相手のエリアによっても通話料金が異なる場合もありますので、まずは詳しい料金の内訳などを調べる事が必要ですね。

また携帯電話から問いあわせをすると、料金が発生する番号などもありますので、緊急以外はメールで済ませるか、スカイプなどのネット電話を利用するという方法もあります。

それぞれのキャリアでは料金の競争が大変激しくなり、年々携帯電話料金も嬉しいことに安くなっていますよね。

しかし毎月発生する料金、節約を心がけることで少しでも家計の助けになりますよ。

毎日使うものだからこそ、ちょっとした工夫で大きな節約に繋がるのです。

携帯会社によっては週末の通話料金が安くなったり、同じキャリア同士は通話が無料になるなど、知っておくととても便利なメリットがたくさんあります。

携帯を便利に使うことと同時に、家計を圧迫しないようにかしこく使いこなす事が大切ですね。

今では家の電話よりも携帯のほうが普及している時代ですからね。

電源を切るコツ

 

携帯電話はご存知のようにバッテリーが内臓がされていますので、充電マークが減ってきたら専用の充電器を使って充電しないといけませんよね。

充電するタイミングに正しい決まりはありませんが、全キャリアに共通していえることが、充電をこまめにしているとバッテリーの電池容量が徐々に減ってしまうために、電源が減りやすくなるという悪循環が発生してしまいます。

また充電回数が多い携帯電話の方が寿命が短く、長く使うためには充電のタイミングにも注意しましょう。

携帯電話の本体は値段が大変高く、バッテリーが壊れて買いなおす方もいますが大変痛い出費になります。

日頃から正しいケアをしておけば、少しでも寿命を長く使うことができるのです。

携帯電話の充電はなるべくギリギリまで使いきり、フル充電ができるように心がけましょう。

しかし最近ではバッテリーの性能も大変よくなっていますので、機種によっては充電回数はまったく影響ないものが増えています。

そして節約方法としてオススメしたいことが夜中の電源を切る習慣です。

夜中は電話を使うことな少ない人は電源を切ったほうが充電回数を減らせるコツになります。

携帯電話は電源が入っている以上電力を消費しているため、使わない時間帯は電源オフにする習慣を付けるとよいでしょう。

また電波が悪いところで使用すると、電力をさらに使う場合もありますので、なるべくシグナルがフルで出てくる場所の方が電力の節約になります。

なんとなくいつも持ち歩いている携帯電話。

そのままの状態ではお金が無駄になっています。

画面の明るさをコントロールしたり色々工夫するのも楽しいですよ。

パケット代に要注意

携帯電話の中でも注意したいのがパケット代。

携帯電話はパソコンの変わりのデバイスとして利用される方が大変増えています。

そのためパケット代は携帯電話料金のなかでも大半を締めているために、ちょっとした工夫で節約することが必要ですね。

各社使い放題などの料金設定をしていますので、パケット代を気にしたくない方はこのようなプランに加入することをオススメします。

もしデータ量ごとにパケット代が発生する料金の場合には、使い方にちょっとした注意が必要です。

まず覚えておきたいことは、お気に入りのサイトや画面などはブックマークなどを利用して検索しなくてもすぐにアクセスできるようにすることが大切です。

また画面上の「戻る」というボタンを押すと新たなページが開かれるためにパケット代が発生してしまいます。

またダウンロードといえばよく使うのが着メロサイトですよね。

着メロサイトは無料のアプリも増えていますので、パケット代が発生しても月額料金が無料であれば多少の節約になります。

また近年WI-FIが普及していますので公共の施設では無料でネット接続もできます。

このような場所で使いこなすことも節約につながりますね。

最近ではスマホがメインとなっていますが、色々な節約機能も充実しているようです。

知らないと損することも多いため、まずは自分の携帯電話機の機能についてもよく理解しておきましょう。

そして請求書の料金の明細で気になることがあったらすぐにカスタマーセンターに問い合わせしてくださいね。

携帯電話の料金体制は大変複雑です。

疑問はそのままにせずに必ず解決しましょう。
 

色々できる携帯電話の節約方法

ちょっとした動作で携帯電話料金の節約ができます。 また大切な事は各社の料金プランをよく調べる事。 自分の使用量に対して一番適切な料金プランで契約する事が大切ですよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

今からはじめよう!携帯電話のかしこい節約術
Reader Rating 2 Votes