ランチ代を大幅カット!お弁当を作るとこんなに得する!

意外と無駄になるランチ代。これからはお弁当で食費を節約

お弁当を毎日作るのはちょっと手間。

しかし大幅に食費を節約できるメリットは捨てがたいですよね。

お弁当を作ることはお金の節約だけでなく、他にも色々な良い点があるのです。

早速ランチ代を浮かすお弁当作りのポイントをチェックしてみましょう。

大きな出費になるランチ代

毎日のランチ外食代は意外と大きな出費になっています。

節約生活を始めるためにはランチ代をまず削る事がポイントになります。

なんとなく外食を続けている方、実際にどれぐらいの出費になっているか計算してみましょう。

まず一般的にレストランなどのお店で食べた場合には、約800円から1000円ほどのランチ代がかかりますよね。

一ヶ月で20日間ランチを外食した場合には最低でも1万5千はかかっています。

1万5千でできることは、まず光熱費の支払です。

水道代、電気代ならば家族4人分ぐらいにはなりますよね。

また一ヶ月食費が1万5千円分節約できれば、貯蓄にすることも可能です。

ランチの外食代は大きな節約になりますので、貯金を始めたい人はまずお弁当に変えることを検討しましょう。

お昼ごはんは決してレストランで食べるだけではありません。

節約のためにコンビニでランチを買うのも実は無駄使いです。

おにぎり、パン、惣菜、飲み物など、ランチ代としては最低でも400円以上はかかりますよね。

またコンビ二に行くと、他にも買物をしてしまう原因にもなりますので無駄使いの要素が沢山あります。

毎日400円をコンビニで使っていると一ヶ月で約8000円以上の出費になってしまいます。

だからといってランチを食べないわけにはいきませんよね。

そこで食費のお得な節約術としてオススメしたいのがお弁当を作ることなのです。

お金を貯めるには多少の手間がかかっても仕方がありません。

毎日面倒だと思っているお弁当作りも、ちょっとしたコツを掴めばとても簡単でしかも安上がりにできます。

夕飯のおかずをお弁当にする

お弁当で一番厄介なのは何を作るか、おかずを考えることですよね。

毎日忙しい朝にわざわざお弁当の為に料理をするのは大変な手間になります。

またお弁当用に食材を用意するのは逆にコストもかかってしまいます。

そこでお弁当作りのポイントになるのが夕飯を再利用することです。

ここで注意をしたいのは、気温が高くなる季節では前日の残りは時間がたつと腐ってしまう可能性がありますので、季節を注意しないといけません。

まず夕飯のおかずを次の日のお弁当用に残しておきます。

朝はご飯とおかずを弁当箱につめるだけなので調理する手間が省けるだけでなく、光熱費も節約になりますよね。

同じものを2回続けて食べるのが嫌な場合は、ちょっと調理方法を工夫してみましょう。

豚肉のしょうが焼きなどは、お弁当用にしょうが抜きのものを残しておき、次の日にさっと味付けを変えるなどアレンジすると飽きずに食べられますよね。

お弁当を自分で作れば、コストは1食分でも約200円以下に収めることができます。

またご飯だけでなくお蕎麦なども麺とスープの入れ物を別々にしておけば時間がたっても美味しく食べられます。

お弁当は繰り返し同じおかずになりやすい為に、飽きてしまう方も多いですよね。

毎日ご飯とおかずの組み合わせだけでなく、パンやパスタなど炭水化物を変えるだけでも十分にバリエーションが増えます。

夕飯の残りを再利用する場合は、なるべくお弁当としても使えるメニューにする事が必要です。

もしくはおかずを冷凍にして保存しておくのもよい方法ですね。

 

冷凍食品を使うコツ

最近は冷凍食品の種類がとても増えていますので、お弁当を毎日作る人には大変便利なアイテムになっています。

また一人用の少量パックの冷凍食品も充実していますので、種類豊富なメニューがお弁当でも楽しめます。

そこで冷凍食品を活用するポイントですが、まず買うときの注意として定価で冷凍食品は買わないことです。

スーパーの冷凍食品セールの日を狙い買い置きをしましょう。

またレトルトや温めるだけの惣菜食品なども冷凍が可能なものについてはお弁当用としてストックしておくと便利ですね。

野菜も同様に一度茹でておけば冷凍保存が可能な種類がたくさんあります。

ほうれん草、ブロッコリーなどお弁当の彩りとして安いときは買い置きして冷凍しておきましょう。

またサンドイッチも同様に朝作る手間を省く為ににの冷凍保存を活用してください。

エッグサンドは前日に作ってそのまま冷凍庫へ。

朝はお弁当箱に冷凍したままの状態で入れておけば、お昼ごろには丁度食べやすい状態で解凍されています。

市販の冷凍食品も同様に、お弁当を作る手間を省くには朝凍ったままの状態で使うことが可能です。

から揚げの冷凍食品などもそのまま弁当箱に入れてしまえば、簡単に準備ができますよ。

毎日楽しみになるようなお弁当を作るには、あらかじめ献立を考えておく事もポイントです。

そして前日に準備ができるものは、先に作っておくこと、朝はご飯をつめるだけの簡単なお弁当作りが一番理想的ですよね。

少量のおかずを時間をかけて作るのは大変な作業ですが、まとめて作って冷凍保存しておけば美味しいお弁当が毎日楽しめるのです。

お弁当作りのポイント

せっかくお弁当を作っても、毎回ランチの時にドリンクを買っていたら無駄な出費になってしまいます。

そこでお弁当を作る手間のついでに水筒も準備しましょう。

またスープを入れる保温カップなどもあると便利ですよね。

寒い時は体が温まる味噌汁やスープは欠かせません。

お湯だけを持っていき粉末スープや味噌汁を食べるときに作っても便利ですね。

またサーモの容器にはカレーやパスタソースを入れることもできますので、お弁当のメニューもさらにバリエーションが広がります。

サーモ機能の付いた容器はちょっとお値段が高いのですが、一ヶ月分のランチの節約分で購入できます。

美味しいお料理をそのまま美味しく食べるには保存する容器や持ち運び方法にも工夫してみましょう。

またお弁当で注意したいのは、料理が腐ってしまうという点です。

そこでお弁当を作るポイントとしては必ず使う容器は清潔にしておくこと、料理の水分はよく切ってからお弁当箱に詰めるなど注意してみましょう。

おにぎりは直接手で握らずに、ラップでくるんで作ると手の雑菌が付く心配もありません。

特に春先など季節は午前中に急に気温が高くなる場合もありますし、お弁当をデスクの中などで保管しておく間に腐敗してしまう場合もありますので注意しましょう。

また忙しい朝の時間、慌ててご飯が熱いうちにお弁当箱のフタをすると、やはりおかずが痛みやすくなりますので、必ずおかずやご飯は完全に冷めた状態でフタをしてくださいね。

たったの数時間とはいえ、朝詰めたお弁当を衛生的に保つことは大切なポイントです。

調理器具や使う材料の鮮度にも注意しながら美味しいお弁当作りをしましょうね。

ダイエットにもメリットあり

お弁当は食費の節約になるだけでなく、実は健康面でも色々なメリットがあります。

外食を続けていると肥満になる傾向もあるため、健康を意識した人にもお弁当はかかせません。

そこでオススメしたいのが低カロリーで栄養バランスのとれた健康志向のお弁当です。

外食をするとついつい不足してしまうのが野菜類。

逆に増えるのが脂質や糖質の多い食べ物です。

お弁当にも使う肉類ですが値段的にもおかずとしてはちょっと高め。

そこで安い野菜を活用してヘルシーなお弁当を作りましょう。

野菜の煮物は大量に作っても冷凍保存ができますので、めんつゆを利用して簡単な味付けで作りおきましょう。

またダイエットに大切なたんぱく質として豆類も忘れてはいけませんよね。

ごはんはお腹が一般になるのでお弁当にもかかせまんが、お米には糖質が多いため食べすぎはカロリーの過剰摂取になります。

そこで冷凍枝豆をご飯に炊き込んでご飯で栄養バランスをよく整えましょう。

大豆は体の代謝量を活発にする為にも効果がありますし、値段も安い食材なのでぜひお弁当に活用したいアイテムです。

肉類は油で炒めたり揚げ物にするとカロリーも高くなり、お弁当箱につめると味が移りやすいデメリットもあります。

そこで肉類をおかずにするときは湯がいて調理するとお弁当のおかずとしても簡単ですし、カロリーの摂りすぎも防げますよね。

ドレッシングやしょうゆなどを入れて食べるときにかけてください。

このようにお弁当のおかずは色々なバリエーションがありますが、食材のコストをカットして健康食を作るためにも、野菜など栄養バランスの良い食べ物を使うことがポイントです。

外食ではあまり管理できない栄養バランスもお弁当だからこそできるメリットなのです。

簡単でしかもお得なお弁当。アイデアを生かしてアレンジすること

節約をするにはまずは外食代を減らすことがポイントです。 毎日のランチ代をなくしてお弁当作りを始めると、お金が貯まるだけでなく体も健康になる嬉しいメリットがありますよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

ランチ代を大幅カット!お弁当を作るとこんなに得する!
Reader Rating 2 Votes