借金問題を題材にするブログの目的と信憑性

ブログは情報源と言えるのか

一時期の大ブームと比べると、他のツールの誕生によって勢いは落ち着いているように見えるブログですが、今でもその数や用途が多種多様に存在しているのが現実です。

あなたもブログから何かの情報を集めるといったような行動を取ったことがありますよね。

気になったワードを検索すると、その上位のいくつかは何かしらのブログ記事になっています。

これだけネット上に氾濫しているブログだけに、その信憑性に関しては疑問を持つ人も多いはずです。
どのような目的でそのブログが公開されているのかも興味がありますよね。

「借金」というテーマに関しても、非常に多くのブログ記事が公開されています。その中身や信憑性、目的はそれぞれに大きな違いが見られます。

借金についての情報を集めたい時、あるいは借金についての疑問を解決したいときに、ブログを情報源として活用することは可能なのでしょうか。

借金をテーマにしたブログにはどんな目的があるのでしょうか。

その目的と信憑性について考えて整理してみることで、借金について考える際に活かせるかもしれません。


ブログの位置づけ

そもそもブログというツールについては、どのような位置づけとして捉えるべきなのでしょうか。

ブログに限った事ではありませんが、インターネットの公開範囲は不特定多数です。

そして、よく耳にするように「匿名性」を持った形で自分の持ち得ている情報や経験といったものを公開、公表することが可能です。

あなた自身が、あなた自身の名で何かしらの情報や知識、経験を公開、公表するとなると、どうしても躊躇が生まれるものですよね。その部分を解決できるのがブログのようなネットの世界です。

あなた自身ということを公表することなく、あなたの持っている情報や知識、経験を多くの人に公開、公表することが可能であるのが、インターネットの世界だということです。

このような公開の手段として、ブログは大きな役割を果たしてきたと言えます。

どのようなテーマを公開するのかもその人によって自由で、その中身がどの程度の深さ、細かさがあるのかも人それぞれに違いが出ます。

「匿名性」が故に、情報が深く細かいものがあるのも事実です。

様々あるブログの中から、深い、細かいブログを見つけることができれば、知りたい事象について有効な情報を手に入れることができます。

これは借金に関わる情報でも同様です。

ブログのメリット

ブログのようなインターネットの世界というのは、通常の情報公開に比べて様々なメリットがあります。

ブログにおける情報公開のメリットは、書く側、見る側それぞれに存在します。

まず書く側については、やはり最大のメリットは公開範囲の広さということになります。

日常生活を送っている中で、自分の持っている何かしらを公開、公表しようとすると対象が限られます。

それは、相手に対して直接アクションを起こさなくてはならないためです。
「メールする」「電話をかける」「会議を開く」など、相手に直接働きかけることが必要です。

それがインターネットの世界では必要ありません。

書いて公開すれば、あなた自身は何もしなくても必要としている人が見に来てくれるのです。
アピール、宣伝をすれば、さらに見に来る人が増えることになります。

もう1つのメリットは、「匿名性」です。

公開範囲が自分自身でコントロールできないほど広がるのがブログです。
そうなった場合の不安要素を除去してくれるのがこの「匿名性」です。

見る側は、その記事を誰が書いているのか、どのような人が書いているのかという情報に関して、あなたが公開している範囲の情報しか知ることができません。

つまりあなただと認識されずに済むのです。

では見る側のメリットとはどのようなものでしょう。

まずは、全く知らない他人から、欲しい情報を手に入れることが出来るということです。

知人、友人だけでは十分な情報が手に入らないことは多々あります。
そのような時であっても、インターネット上のブログから情報を入手することが可能になるということです。

交友範囲とは関係なく情報を入手できるというのは大きなメリットと言えます。

ブログのデメリット

インターネットの世界というのは不思議なものです。

メリットとしてあげられる要素の多くが、使い方や見る視点によってはデメリットとなってしまうのです。

例えば、「匿名性」はブログを書く側のメリットとして挙げられる要素の1つでした。

しかしこの要素も、見る側にとっては「信憑性」という観点からデメリットになってしまいます。
その記事を書いている人が本当にその事象に詳しい人であるかは定かではないという事です。

借金に関するブログ記事をアップしている人が、経験者や法律の専門家である保証はないということです。

また、交友範囲に関係なく広い範囲へ情報の公開ができ、情報の入手ができるということについても、メリットの1つとして挙げましたが、これも逆転することがあります。

情報を求めていない人に情報が漏れる可能性があるという点、偽りの情報を掴んでしまう可能性があるという点についてクローズアップすると、広い範囲への情報公開、広い範囲からの情報収集はデメリットにもなります。

さらに、ブログのデメリットとして挙げられる要素の1つに「引用」「転用」というものがあります。

あなたの書いた記事が誰かによって、他の場所でも公開されることがあり得るのです。

あなたの情報を使って、全く別の記事を作り上げるという事も可能になります。

このように自分だけの情報という考え方が通用しなくなるということが大きなデメリットと言えます。

借金をテーマにする意図

メリットもデメリットもあるというのは何もブログに限った事ではありません。

従来の情報の公開手段や収集手段についても、同様にメリットもデメリットも存在していたことに違いはありません。

では、ブログのテーマというのはどのようにして決められるものなのでしょうか。

書き手側の好みや興味によって決められるというケースが多い、というのが現状だと考えられます。

それでは、借金というテーマでブログを書くということはどういうことでしょう。

書く側は借金の経験者であるということが1つ考えられます。

もう1つは借金の相談を受けた経験者というケースです。

これらの場合は、「自分と同じような苦しみを味わう人が減るように」あるいは、「相談者のように苦しんで相談に来る人が減るように」等、良心的な意図を感じることができます。

中には、「借金の問題はうちに相談を」や「借金に困ったらうちで借入を」等といった宣伝的な意図を持ったものも存在していることも事実です。

見る側はしっかりと書き手の意図を考える必要があります。

体験談、経験談を公開しているブログについて、その真意は書き手本人以外には分からないものです。

また、専門家を語った記事に関しても、実際に専門家が書いているかは不明です。

良心的な意図を持って書かれているブログを見分けることは簡単ではありません。
あくまで1つの情報という捉え方をする事が大切です。

ブログの信憑性

あなたも知っている通り、インターネットの世界には真実と偽りが複雑に混同して存在しています。

検索をかけて出てくるブログ記事の全てが正しい情報ということはまずないと考えるべきです。

しかし一方で、あなた自身が知らない情報や解決策を示してくれるものも、インターネットの世界には存在しています。

1つ1つの記事の信憑性は慎重に判断すべきです。

正しい情報や解決策は必ずどこかに示されていると考えて間違いありません。

ただし、正しい選択肢というのはそれぞれが置かれている状況によって様々に変わってくるものです。

ブログの書き手が成功しているからといって、必ずしもあなたにも適用できるというのは別問題です。
あなたに合わないから記事は嘘である、偽りであるということでもないのです。

まずは、事実を真実を記しているブログであるかどうかという事を見極めることが重要です。
そのうえで、あなた自身の今の状況にマッチしているのかを判断しましょう。

具体的であるもの、今置かれている状況と近いものが真実、事実である確率は高いと言えます。
逆に、具体性に乏しかったり、別のサイトや情報源へリンクするような場合は注意が必要です。

ブログは個人が持ち得ているものを公開する場と言えます。
そこに他への誘導というのはあまり必要性のないことです。

関連記事や単語説明は別としそれ以外のリンクには注意しましょう。

まとめ

様々な情報を公開でき、それをより広い範囲に対して提供できるということは、ブログの持つメリットの1つです。 見る側にとって、その情報が時に非常に役に立つこともあります。 しかし、嘘や偽りの情報を鵜呑みにしてしまうと、逆の効果を生んでしまうことに繋がるということも理解しておくことが大切です。 インターネットの世界には多種多様な情報が存在します。 全てが正しい、真実の情報ばかりではありません。 良心的に誰かの助けになるようなものもあれば、悪意を持って誰かを陥れるようなものもあり、両方が同じように存在しているのです。 全ての情報を信用してしまうのは間違いです。 全てを疑うのも間違いです。 1つ1つを、それぞれ情報として受け入れて、その内容を利用するのか取り入れるのか慎重に判断しましょう。 最終的には得た情報をどう使用するかが重要ということです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

借金問題を題材にするブログの目的と信憑性
Reader Rating 1 Vote