離婚に掛かるお金と別れた後の経済状況「新たなスタートを切るための考え方とは」

shutterstock_222154000 (1)

離婚は【(A+B)÷2】と一度足したものを割る行為

結婚した状況が足し算だとすると、離婚はそれの割り算のようです。

という事は上記の数式ですと、例えばAの方が収入が多いと足して割った時Aが損をしますよね。

もちろん色々な状況がありますから一概には言えませんが単純に考えると離婚は片方の資産が減ってしまう事です。

収入差があるという事は、もう片方は家事に従事しているので仕事には就いていないと思いますが、年齢を重ねてから仕事に就くのもリスクがあります。

どちらが得してどちらが損するのではなく、生活スタイルが一変するので両者とも何かしらの損をするのは避けられないと言えます。

離婚で発生する【相手に支払う費用】

・婚姻費用分担請求

夫婦で、家族を養う立場に居る方には【扶養義務】があります。

別居中である時も、夫婦と子の生活水準を維持するために掛かる費用を【婚姻費用】といい、婚姻費用を相手に分担してもらう事を【婚姻費用分担請求】といいます。

この請求について夫婦の話合いが難航している時には、家庭裁判所に【婚姻費用の分担調停事件】として申立てをする事もあります。

婚姻費用分担請求で発生するお金は、別居してから離婚するまでの生活費になります。

・慰謝料

慰謝料には『精神的苦痛』がポイントになります。

世の中には変わった例で発生する慰謝料もありますが、一般ではこういった例が多いです。

浮気や不倫の不貞行為
ドメスティックバイオレンス(肉体的暴力)
モラルハラスメント(精神的暴力)
扶養義務を果たさなかった
セックスレス

慰謝料の相場は100万から300万で、日本の一般人の慰謝料の最高額は500万です。

離婚で発生する【家族にも支払う費用】

・財産分与

結婚生活で扶養者が稼いだお金は、夫婦で協力して入手した物とみて、婚姻中に出来たその財産を分けることをいいます。

離婚で相手に財産分与した後でも、子供が居る場合には子供に相続権がありますから親が亡くなるとその親の残った財産は子供に相続されます。

④養育費

実は養育費は一括払いと分割払いがありますが、殆どの家庭では分割払いになる様です。

離婚した後も子供の養育義務は続くので、離婚しても子育てに協力する形で支払う費用です。

養育費は子供が大学に行かなければ高校卒業、大学へ行けば大学卒業まで等の通学費も養育費の中に含まれています。

養育費は高校、大学、成人まで、または成人して就職するまで続きます。

シングルマザーが生きていくには

ここまでは男性が背負う事の多いリスクでしたが、離婚後に親権を持つ事の多い女性のリスクは離婚した後に、一人で子供を育てながら働いていくリスクです。

専業主婦歴が長かったり、元々学歴が良くなかったりすると まず正社員雇用を探すのに苦労します。

シングルマザーのお母さんだとパートや水商売をされている方も珍しくないのが現状で、例え正社員として働けても子供の為に与えられる時間は酷く減り

働きもするし、子育てもするとなると一日中働いている様なものです。

子供の数も一人とは限りませんから子供が二人、三人と増えれば 三人分のお金と家での労力が必要になってくる訳です。

シングルマザーの家庭で低収入の割合は8割に上った事もあり、今もなお決してその現状は回復していません。

日本では様々な離婚のケースがある

最近増えつつある熟年離婚は、その名前の通り夫婦が年を取ってから離婚する事です。

子供も自立して生活が落ち着いた頃、夫も定年退職して家に夫が長い時間居るようになって妻のストレスが増えたり近年の時代背景の変化により、女性自身の自立心が高まった事などで離婚に至る様です。

その為か、熟年離婚は妻から切り出すケースが非常に多いのです。

熟年離婚でも普通の離婚とあまり変わりませんが、熟年離婚の場合は離婚後の住まいをどうするか、今からお互いが一人で生活をしていく苦労等の生活面での心配があります。

スピード結婚の反対用語でしょうか、スピード離婚もあるのですがスピード離婚は精神的な面でも、痛手は少ない様に思います。

「結婚してから相手が変わった」という話は一般的に良くありますが、それがどう変わったのか。という事にスピード離婚の原因は深く関わっています。

《結婚してから相手の態度が豹変した。》

結婚してどちらかが安心してしまう話は良く聞きますよね。離婚にまで及んでしまうケースでは、その態度の変わりようもレベルが違います。

まず、言葉遣いや愛想が悪い意味で変わってしまったり交際時に持ち合わせていた配慮や思いやりを止めてしまった事で相手が傷ついてしまうのです。

《結婚後の姑問題》

結婚をすれば、相手家族とも交流する事になります。それが円満にいけば良いですが、お嫁さんと姑の関係が上手くいっていないとギクシャクするものです。

それですら普段は滅多に会わない等でしたら問題ありませんが、結婚して、相手の母親が自分達の家庭に異常に介入してくる事もあり、それが昔に起こるよりも最近の人は苦痛に思う傾向があるみたいです。

《結婚後に知った相手の本当の姿》

実はこんな趣味があった…等は想像がつきますが、それにも度合いがありますよね。

結婚してから始まるDVやモラハラもあり、それが原因でスピード離婚に至る事もあります。

同棲などをしていなく、交際からそのまま結婚に進むと相手が普段どんな風に生活をしているのかを初めて目の当たりにしますよね。

もしも一人暮らしの期間が長くて、一人の生活に慣れきってしまっていたら相手の自分と違う生活の仕方に細かい事までイライラしてしまうかもしれません。

《結婚後の将来設計の違い》

意外とある意見の違いで、片方は将来的に子供が欲しいと考えているのにもう片方は子供を作りたくない。

と考えている場合等。

人それぞれ将来の展望があると思いますが、それが結婚していても個人の範囲で済む事なら良いですが、殆どが相手にも影響する事が多いですよね。

夫婦間で将来設計に食い違いがあって、両者とも折れなかったとするとまだ若いので、その勢いで離婚してしまう。という事になってしまいます。

昔は新婚旅行に行って、帰ってくると離婚する事を新婚旅行の成田空港にちなんで【成田離婚】なんて言いましたが、結婚前に同棲や旅行を一回はしてみるとスピード離婚は防げそうですね。

有益なお金の問題の決め方

離婚時に相手に養育費の拒否をしていると難しくなってくるのですが、法律上では養育費は子どもに必要がある限りはいつでも請求できます。

離婚時の様々な支払いは、その当時でキチンと約束をして解決するべきです。

出来れば話し合いで決めていく事が一番良いですが、もし難航しても離婚調停に踏み込んででもハッキリと決めておく。

それ位、後の人生で大事です。

離婚では子供の親権を決めます。

そして主な四つの支払いの金額と、それをいつ支払う始めるか。

いつからいつまでの支払期間か、またその支払い方法を決めます。

受け取る側の場合、相手にキチンと書類での契約を求めましょう。

養育費を途中で支払って貰えなくなったという事も良くあります。

そんな時も公証役場で、公正証書に契約して貰っていると養育費以外の不払いだとしても強制執行で、費用の差し押さえが出来ます。

また、話し合いで決めるのは難しい状況では家庭裁判所で離婚調停を行う事になります。

離婚調停の申し出には、収入印紙の1200円分が必要で【立書】と呼ばれる物とその写しも用意しなければなりません。

申し立てに必要な添付書類には、夫婦の戸籍謄本や、審理のために必要な場合には、追加書類の提出も求められます。

各家庭裁判所が定める申立書付票等にも記入しなければならない場合もある等、家庭裁判所で離婚調停を行うには少しのお金と膨大な書類を書かなければなりません。

それを踏まえて離婚後のお金の問題は、話し合いで解決したいですが

話し合いの結果が、いい加減になるのなら離婚調停を起こしてでも取り決める方が長い目で見ると確実に正解でしょう。

新たなスタートを切るためには切り替える

今回は離婚で発生するお金について解説していきました。 イメージの通りに離婚は手続きがとても大変ですが、離婚の時に苦しい思いをしていてもその先には新たなスタートラインがあります。 離婚原因には色々あると思いますが、どちらか片方だけが悪い喧嘩はこの世に無いのです。 結婚生活で経験した事から思う所もあると思います。 離婚したからといって、相手が人間じゃなくなった訳ではないのですから離婚後は相手と、新しい関係を作って、過去は癒していく方が未来は明るいです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

離婚に掛かるお金と別れた後の経済状況「新たなスタートを切るための考え方とは」
Reader Rating 6 Votes