これが成功のキーワード「情報加工能力」

shutterstock_320180729 (1)

情報収集だけでは成功しない

世の中に「情報収集をしっかりすることの大切さ」が叫ばれだしてかなり経ちます。

しかし情報収集をしっかりしてもお金が溜まらない、情報収集を欠かしていないのに成功しない、情報収集をしたところで生活は楽にならないと思う人も多いと思います。

お金持ちになるかどうか、お金に余裕が出来るかどうか、そればかりが成功とは言えませんが成功の一つの形としてお金と言うものはとてもわかりやすく、お金の苦労がなくなったというのは成功の証の一つだと確かに言えます。

そして情報収集と言うものは確かにちゃんとしていればお金になります。

こう言うと「情報収集」はしっかりと行っている。政治や経済にも詳しいし、時事問題や一般常識まで人並み以上に知っている。

と言う人が結構いらっしゃいます。

では何故成功する人としない人が分かれるのかと言いますと、その答えは活用できていないからです。

情報を収集してもそれを活用できない人とできる人がいるからこそ情報収集によって成功する人しない人、お金持ちになれる人なれない人の差が生まれるのです。

しかしそうは言っても情報をどうするのが活用することが出来たことになるのでしょうか?

その答えこそが情報を活用できる形にする「情報加工能力」だと言えます。

今回はその成功のキーワードと言える情報加工能力について考察します。

情報加工能力が出世の鍵

情報加工能力と言うものがどれだけ大事かという事を、お金の収入を上げることに直結する出世との関係で見てみます。

あの人何故か仕事できるのに昇進しない、あるいは逆にあんな仕事できない人が何で出世するんだ?という事を考えた事はありませんか?

上司に対してゴマをするのが上手い、あるいは要領が良いから仕事が出来なくても出世すると考える人もいるでしょう。

しかしそうした出世する、しないという違いの理由にこの情報加工能力があると言えます。

情報と言うものは言ってしまうと素材です。

それだけを見て良い物か悪い物かを判断するのには知識と経験が必要で、多くの場合極端に高いものと安いものの区別すらその道に通じている人でないとわからない事があります。

そしてその情報と言う素材の良い悪いを判断し、判断した後どうする事ができるか?という事が働く人の評価になるという訳です。

料理についても、建築についても高いお金をかけて手に入れた素材と言うのは誰が扱っても大体良いできの完成品ができますが、誰にでも手に入るような安い素材を使って良いものを作ることが出来るかと言うとそうではありません。

安い素材とは誰もが知りえる情報であり、そうした誰もが知りえる情報をいかに会社や上司の望むとおりの結果につなげるか?あるいはそうした情報をどれほど価値のある情報として人に伝えることが出来るかが出生の秘訣になるのです。

例えば会議の資料が見やすい人は、人に伝わる情報に加工する事ができる人。

仕事の内容以上に評価を受けたりする人は、同じ情報から会社や上司の望む結果に繋げることができた人。

場の空気を読むのが上手い人も、要領が良い人も全てはこの情報をどう加工して扱っているか、自分自身の情報を利益として報告できるのか、が出世には関っているといえます。

そうした力がこの情報加工能力であるといえるでしょう。

もちろん出世以外のお金に関することに関してもこの情報加工能力は関ってきます。

情報は受け取り方で全く変わる

情報は受け取り方一つでその内容さえも頭の中で変わり、それは時にお金に直結します。

例えば「誰も日本食を食べない国」があったとします。

この情報をある人は「日本食をまだ誰も食べていない国ならばこれから流行らせたら日本食ビジネスでお金になるチャンスなのではないか?」と受け取ります。

しかし別の人はこの情報を「誰も日本食を食べないのならこの国で日本食は受け入れられないから日本食をビジネスにするのはお金の無駄」と受け取るかもしれません。

この情報の段階だとこうして結果の予想がつかないので更に情報を集めるという必要がある訳ですが、後者の考えでこの「誰も日本食を食べない国」と言う情報を受け取った人であったらそれ以上の情報を収集することは恐らくないでしょう。

なぜなら情報収集するのにもお金がかかるため「無駄」と思った以上情報を収集する時間もお金も無駄になるからです。

このように情報とは受け取り方の考え方次第でどうとも解釈することが出来ます。

その為情報発信する側は、情報を受け取る側の人に対して発進する側の思って欲しいような情報にして発進するのです。

これこそが情報を加工する能力、情報加工能力です。

これがどれほどお金になるのかは政治や報道の世界が物語っています。

国民のためになるという情報を表面的な事と敢えて理解しにくい言葉を持ちいる事により思考させないでなんだか良さそうと言う感想を抱かせ支持を集めると言う姿を皆様体験していませんか?

他国の情勢についてや何らかの商品について極端な情報や「そういえない事もない」と言うようなレベルのものを合えて誤解するような内容で語られている報道を見たことはありませんか?

情報加工能力とは、こうした情報が相手に与える印象が、自分の思い通りになるように加工をすることで操ることも含まれます。

お金持ちの人の情報加工能力

では今度はどれほど情報加工能力が高い方がいいのかという話をします。

情報加工能力が高いことの具体的なメリットとしてわかりやすいのはやはりお金でしょう。

そこでお金持ちの情報加工能力について少し掘り下げてみます。

情報と言うものを発進することで生活していると言えるようなマスコミや政治家については先程延べたので置いておきます。

ではどうした人の情報加工能力に注目するのかと言うと起業をして成功した人や投資家の人たちです。

起業するにあたって必要なものは今の時代お金ばかりではありません。

確かに最低限お金があれば起業することも出来ますが成功するかどうかは全く別の事であり、情報こそが成功の鍵を握っています。

投資家の人たちの収入の素である価格の変動を知るために必要な事はもちろん情報、それの収集すらまともに出来ない人では成功はおぼつきません。

そしてそうした人たちはただ情報を集めたらいいとは言えません。

意味のあると判断できる情報だと思えるものから、結果につなげられる情報へと自分自身の為に情報を加工する必要があるのです。

情報収集と言うものはいまやパソコンがあれば行うことは難しくなく、様々な世界中の情報を手に入れることが出来るといえるでしょう。

しかしそのような情報を掻き集めても自分の頭の中で整理して自分のものとしなければ先ほど挙げたように結局はどこかの情報発信者の思惑に乗って何かをさせられることになるのです。

その為存在する情報の事実と言うただの素材と、思考誘導を目的とする調味料のような発信者の加工を区別して元の素材と分けなければなりません。

この加工してある部分を見抜くのもまた情報加工能力の高さなのです。

人の加工がどれかわかればそこからただの事実である情報を取り出し、それを元に自分の為の情報に再加工することが出来なければ自己の意思決定はままならず、しっかりとした情報を活用しているとは言いがたいものです。

その為お金持ちになった起業者や投資家はそうして自分のための情報を作るための情報加工能力が極めて高いと言えます。

子供にものをちゃんと教えら得る人はお金持ちになれる

ではどうやって情報加工能力の高い低いを判別するのかと言うと人に教える事ができるかどうかが一つの基準と言えるでしょう。

情報と言うものは自分がちゃんと理解していなければ相手にわかりやすく伝えるという事ができません。

例えば具体的なたとえ話を上げてみたり、分かりやすい程度の数字を示してみたり、あるいは使う言葉を選んだりしなければいかないからです。

こうした情報をしっかりと伝える相手として一番ハードルが高いのは子供です。

具体的なたとえ話をしても経験がない相手にとっては具体的に思えることがまず少なく、わかりやすい数字と言う範囲が狭く、専門用語は確実に理解されず、言い回しや表現にも気をつけないと伝わりません。

つまりこの子供に対してちゃんと何かを教えられる程に情報を加工できるという事は、その情報について深い理解とその情報に対する知識が必要とされる訳です。

それらがあってこその情報加工能力の高さがあると言え、それが出来るレベルが高いと情報を活用することに長けていると言えます。

FXに手を出したばかりの理解度の低い人は、誰かに説明しようとするときほどに専門用語と小むづかしい理論が多く、どうしたらいいかという事に関しては自分で考えろという話しが多いです。

逆に深い理解と知識がある人は分かりやすい説明や具体的な話をすることが出来ます。

もちろん相手に説明する訳ですから、知識や情報の多さと自分自身の理解がそのまま情報加工能力の高さとはなりません。

しっかりと相手に合わせた伝わる情報への加工の仕方、相手に対しての思いやり、そして相手が理解しているかどうかのサインと言う情報を読み取る能力も必要です。

しかし情報加工能力が高いという事は知識や情報の多さと自分自身の理解が高いことが大前提です。

学校の先生の話でつまらない授業だったのは教科書に描いてある事ばかりの話と分かり難い例えや意味の分からない専門用語が多いときではなかったですか?

意外と人に教えるという事は難しいものでそれが出来るという事は高い能力がある証でもあるのです。  

情報を扱うことで成功するために

以上の事から情報加工能力と言うものの大事さが理解していただけたかと思います。 これからの社会はこの情報加工能力が生きていく上でますます必要となってくるでしょう。 この情報加工能力を上げるにはとにかく情報を集めるにしても、知識をつけるにしても、加工するにしても経験するしかありません。 先ずは発信される情報に触れて考え、自分の意見を持つことから始めてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

これが成功のキーワード「情報加工能力」
Reader Rating 1 Vote