払いすぎてる税金ありませんか?損しない源泉徴収のしかた

shutterstock_326098865

源泉徴収と言うものを「知って」いますか?

源泉徴収、お仕事をしている人であったらこの時期には必ず聞く言葉だと思います。

日本社会では基本的に多くの人は企業に勤めているでしょうから「年末調整の用紙出してください」と言われて紙を渡される時にこの源泉徴収と言う単語を聞くことになるでしょう。

出してくださいと言われた用紙を記入して提出するだけでとくにこの源泉徴収と言うシステムについて何かを考えたことはないと思いますが、意外とこの源泉徴収と言うもの良く分かっていないものではありませんか?

そもそも徴収される源泉ってなんなのでしょう?

どうしてコレが年末調整や確定申告をすると一部が帰ってくることがあるのでしょう?

源泉徴収って一体何をいつどこに徴収されているのでしょうか?

そしてこれらの全てに完璧に答えられる人はどれくらいいますでしょうか?

基本の税金に関ってくるこの源泉徴収と言うシステム、よくよく考えたならなんで払っているのか良く分からないでそれにお金をかけていると言う人が結構いらっしゃいます。

お金に関して一番損をすることになるのは無理解と間違った認識であり、もしかしたら気がついていない間に大きな損をしている事になるかもしれません。

今後廃止される制度とも言われる事もある源泉徴収と言うシステムですが、現状ではまだまだ大事な社会のシステムであり、これについて知っておくことでもしかしたらあなたが損しているお金を見つけることが出来るかもしれません。

今回はそんな源泉徴収と言うものについて説明し、このシステムについて考察してみました。

源泉徴収と言うものがどういったものか知らない人はもちろんの事、詳しく知っていると思っている方も是非一度見てみて下さい。

源泉徴収とはなんなのか?

源泉徴収とは、給与・報酬・利子・配当・公的年金などの支払者が、それらを支払う際に所得税などを差し引いて国に納付する制度の事です。

特定の所得について、その所得が発生する時にその所得の支払者が国に代って所得税を天引きする方式とも言えます。

簡単に言うと源泉徴収は所得税を自分が計算して払う手間がかかるところを、企業が渡す金額が所得税の基となるのだから最初から所得税分を労働者に企業側が払わずに、自社の労働者の分をまとめて支払うと言うシステムです。

つまり企業側が私達労働者に対して行ってくれているサービスの一つと言えるでしょう。

所得税は申告納税を建前としますが給与・報酬・利子・配当・公的年金などに関しての所得となると、その性質や課税技術上の理由から納税義務者がその所得を受取るに先立ってあらかじめ所得の支払者である徴収義務者のもとで所得税額が計算されて天引きされるこの源泉徴収と言うものが一般的に認められています。

つまり源泉徴収と言うものは所得税をちゃんと集めるため、あるいは所得税を計算する手間を省くことに関するシステムと言うわけですね。

源泉とは所得の源泉と言うものを指し、その源泉の時点で徴収してしまうシステムなので源泉徴収という訳です。

この時期にお金が返ってくる人がいると思いますが、それはこの源泉徴収によって所得税として国に企業が納めようとしたときに多すぎた分を労働者に変換すると言う年末調整と言うものです。

自営業者などは確定申告、金融商品取引業者等で開設した特定口座(源泉徴収口座)内所得の申告不要などの制度を利用することで源泉徴収された所得税の差額調整を行えるという訳です。

源泉徴収制度の目的は、国からすれば効果的かつ効率的な徴税手続の実現であり、私達一人一人の労働者としては所得税を計算する手間を省けるというもの、企業からすれば自社の労働者へのサービスに当たるものだと思っていいでしょう。

つまりこの源泉徴収を受けることが出来ない個人で働いているような人はちょっと注意しなければならないものがあります。

それが所得税の申告に関する手続きです。

源泉徴収の無い人の所得税と言うもの

所得のある方はだれでも源泉徴収に関して、正しく理解をすることが必須と言えます。

なぜなら先程述べたように所得税とは給料と言うものにのみ発生するのではなく、「所得」そのものに発生するからです。

給与・ボーナス、退職金、公的年金、原稿料や講演料等、弁護士・司法書士・芸能人などの報酬料金などはもちろんの事、広告宣伝のための賞金、利子、配当、定期積金の給付補てん金、割引債の償還差益であっても収入となるものはすべて所得を形成するものであり、税金を払う義務があります。

その為、源泉徴収を受けられないからこそ源泉徴収と言うものがどういうものであったのかを理解して、自分自身でそれと同じ事をしなければなりません。

それが確定申告です。

確定申告の際に、アルバイトや何らかの団体や企業に所属するフリーランスの人たちに関しては源泉徴収により差し引かれている金額の申告を忘れないようにすることも忘れてはいけません。

何せ最初から差し引かれている物を再度払うことになってしまうのでそれだけ損をすることになります。

個人事業主の場合、源泉徴収で差し引かれている金額には、本来必要経費などの形で課税対象金額から除かれることになる金額も含まれています。

その為、基本的には源泉徴収額が実際の課税金額よりも多くなっているというケースが多くあります。

なお、多く払いすぎている場合に還付を受けるためには自分で申告することが必要です。

国はそこまで個人の面倒を見る余裕はないという事ですね。

そうした確定申告をする際に源泉徴収に関しての注意点が実はいくつかあります。

源泉徴収で意外と知られていないこと

源泉徴収をフリーターやフリーランスの人たちが確定申告で使う時に気をつけなくてはならない事が実はいくつかあります。

それは何かと言いますと最近変わった税金に関する事柄です。

一つ目は復興特別所得税と言うもの。

東日本大震災の被災者救援の財源確保を目的に、平成25年1月1日から平成49年12月31日の間に発生することになる所得にかかる源泉徴収の税率には、所得税のものにプラスして、復興特別所得税額が加算されることになります。

本来の所得税額に2.1%の税率を乗じた金額を「復興特別所得税」として私達は国に払わなければならないのです。

二つ目にあげられるのが消費税についてです。

基本的に源泉徴収は、消費税も含む報酬、料金として支払った金額の全部が対象となりますが、請求書で報酬の金額と消費税の金額が明確に分けられている場合には消費税の金額を除いた報酬の金額のみを源泉徴収の対象とすることができます。

消費税が8%になってこの方式増えてきましたがそのままのところもあって混ざり合い、今度は軽減税率問題が入ってきます。

細かいことを言われても良く分からないと思いますので大雑把に言うと、消費税がいくらと明記されているものに関してはその消費税分を除外して計算されたものだけの金額が適応範囲という事です。

以上の事を忘れずにフリーターやフリーランスの人たちは源泉徴収を確定申告で使っていくようにして下さい。

源泉徴収を見るとわかる自身の国に払った所得税

こうしてここまでの源泉徴収についての事を見ていただいてわかることは、私達は国に対して間接的にしっかり所得税と言う多額の税金を払っていると言うことがわかったと思います。

これが中々大きな金額になっており、基本的には大きな金額を稼げば稼ぐほど払わなくてはいけない金額は増えるわけですが、今の日本社会で生きていくのに必要なお金が増えていっているのに対してこの所得税と言うもののパーセンテージは変動していません。

パーセンテージによる税金支払額であるため一見すると妥当ではありますが、所得103万円以下の人は払わなくて良いと言われてもその金額しか得られない人はそもそも払う余裕がありませんが120万円の人であろうと同じ事です。

年間通して使えるお金が120万円で10万円しかないのですからもし家賃や電気ガス水道代などのライフラインが全部で7万円だったとしたら1月に使えるお金は3万円。

これで生活できるかと言われたら中々厳しいものがありますがそこに「所得を持っているのだから税金を払え」と国から言われてお金を徴収される訳です。

少しでも源泉徴収を初めとする自分の国に払っている税金と言うものをしっかりと見直してそれが本当に妥当な金額なのかどうかをしっかりと考え、声をあげていかねば税金を払っているのは勿体無いと思いませんか?
 

源泉徴収として所得税を払っている意味

源泉徴収と言うもので所得税と言うものを私たちはしっかりと納めており、源泉徴収がない人だってしっかり所得税を納めているのです。 源泉徴収の場合は払いすぎればしっかり年末調整で帰ってきますが、自分で確定申告をする人たちは払いすぎているという所を自分で見つけて申告しなければそんなお金は返ってきません。 そしてそれだけでなく、源泉徴収を見返してみたら日本の経済状況悪化で必要なお金が増えているのに所得税で払うお金が庶民に対しては少々重いように感じませんか? 最低限必要なお金が増えて、消費税さえ上げられているのに所得税をこれだけ払うと言うのは今の国が個人にしてくれることを考えたら払いすぎていると私は思います。 「貧富の格差を何らかの理由でつけたいのです。」 と言う目的があるのならばともかく「格差をなくし平等な社会を」と言っているのならば年収から計算した所得税のパーセンテージの支払い金額を見直すべきでしょう。 そうした私達が払いすぎているのか?それとも妥当か?についての自分の意見を持って声をあげていかねば一部の人のための政治は一層加速していきます。 そうしたことを考えながら源泉徴収を今一度見返してみて考えて下さい。 あなたの払いすぎている税金はありませんか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

払いすぎてる税金ありませんか?損しない源泉徴収のしかた
Reader Rating 4 Votes