確定申告で得する人・損する人返ってくるお金を返してもらいましょう!

shutterstock_311396090

確定申告で所得税を納めるのはいつ始まったのか

確定申告は年末の税務署で行われる最大のイベントです。

参加料は人によります。

年に多くの人たちが訪れる人気はないけどしぶしぶ行くというイベントです。

イベントの趣旨は、今年の一年間の所得を確定させて、国や地方自治体に治めなくてはならない税金の額を算定するということを趣旨にしていますが、いったいいつから始まって、何をしたら自分に有利になるのでしょうか。

 

そもそも、確定申告とは何か

確定申告で何を確定させているかというと所得を確定させています。

その所得にかかる税金、所得税はいつごろからはじまったのかというと、1798年のイギリスに始まります。

日本に所得税が導入されたのは、明治20年(西暦1887年)ですが、この所得税導入は世界的に見ても早いほうでした。

明治時代になってからすぐに、所得税導入に関して考えられていました。

当時の税金の徴収システムでは、地租や酒税の比率が多くて地主層の負担がとても重いものとなっていました。

こうした不公正を是正する目的で所得税が必要とされました。

明治17年には、現在の財務省である大蔵省によって、所得税に関する草案が作成されました。

これはイギリスの制度を模倣したもので、「分類所得税」や「源泉課税」などが考慮されていました。

この草案が、「総合累進所得税制度」や「調査委員制度」などを採用して、所得税法が誕生しました。

これはプロシアの影響を受けていました。

できたころの所得税では、資産や営業などの所得金の金額が300円以上ある人が対象となっていました。

納税者は、所得の量や種別を所得金高届により、郡区長に届け出を行って所得税を納めていました。

この所得税は商工業者からの所得税収が多いことを予想していて、商業者からの所得税を多く見積もっていました。

全国の所得税の徴収額納税者数では東京がもっとも高い割合となっており、当時の所得税は都市の富裕層に対しての課税となっていました。

経済の発展などがあって大正時代には国税に占める割合が第一位になり、国税の中心の位置を占めていました。

個人にのみ課税されていた所得税ですが、明治32年の全面改正によって法人にも課税されるようになり、昭和15年の法人税が作られることとなります。

大正時代に、社会政策により「控除制度」が作られて、昭和15年には扶養控除の枠が拡大します。

大正時代は会社企業の発達が起こり、勤労所得者が増加しました。

こうした勤労所得者への配慮から大正2年には勤労所得の控除、小額所得者の特別控除が導入されました。

大正15年に所得税を直接国税の中心としていましたが、昭和15年の税制改正により、見直しが行われて、「分類所得税」と「綜合所得税」に分類されました。

「分類所得税」は不動産所得、配当利子所得、事業所得、勤労所得、山林の所得、退職所得に分類してそれぞれに税率を定めました。

綜合所得是は5000円以上の高額所得者に超過累進税を採用し負担の均衡を図りました。

扶養控除に妻が加えられえ、法人の所得税を法人税に改められました。

戦後の昭和22年(1947年)の税制改正により、分類所得税と綜合所得税を廃止し、超過累進税率のみとしました。

賦課課税制度から、「申告納税制度」に移行し、自ら税額を計算して納付することとなりましたが混乱をしました。

これにより昭和24年に国税庁が発足しました。

確定申告をすべき人、サラリーマンで事業収入がある人、個人事業主

確定申告をしなければならない人というのが世の中には多くいらっしゃいます。

また、確定申告をしたほうが税金的にも安上がりになる人が多くいることがあります。

まず所得が38万円を超える人です。

所得とはもらったお金からそのお金を獲得するのに必要だったお金を引いてあまったお金の量のことを言います。

確定申告で個人事業主が納税しなくて納税しなくてはならない税金は、所得税、消費税、復興特別所得税です。

消費税は収入に対して係り、2年前の売り上げが1000万円を超える場合には支払い義務があります。

住民税、国民健康保険税、事業税は所得税を申告すると、通知が来ます。

個人事業主は、儲かってようが儲かっていなかろうが損して洋画確定申告が必要です。

青色と白色がありますが、青色申告は、複式簿記で経理をして必要な帳簿を保管していることで、青色申告特別控除により65万円まで控除や家族への給料の専従者給与の支払いが経費などの恩恵を受けることができます。

そうでないものを白色申告といいます。

青色申告の人はまず、1月1日から12月31日までの売り上げや経費が正しいのかを確認してその合計額を求めます。

白色申告の人は経費で落とす予定のものの領収書をすべてかき集めましょう。

あとは、税務署にいけば教えてもらうことができます。

サラリーマンで確定申告をしないといけない人

確定申告はサラリーマンをしている場合には不要です。

しかし、例外的に必要な人がいます。

それは、給料の年収が2000万円を超えている人と、副業の素輸入が20万円以上の人です。

また、二か所以上で勤務をしている人です。

2000万円以上の年収をもらっている人は、高額給与所得者という扱いを受け、年末調整が行われないばかりか、配偶者特別控除や住宅ローン控除などが適用されません。

20万円までの副収入については課税されることがありません。

しかし、この20万円を超えた場合には自分で確定申告をしなければなりません。

サラリーマンで確定申告をすると得する人

一年間の医療費が10万円を超えている、医療費控除を受けることができる人です。

これは会社で自動的に年末調整などが行われませんので自分で確定申告をしなければなりません。

医療費控除を受けるときには、病院・医療機関でのレシート、領収書、会社からの源泉徴収票が必要なので準備をしましょう。

住宅を購入した時や増改築をした時にも、住宅借入金等特別控除(住宅ローン減税)です。

これは、一回目は自分で確定申告をしますが、二回目以降は会社での年末調整となります。

これはローンを組んで住宅を買ったり、増改築をしたりしたときに適用されます。

結婚をして新婚だが、年末調整が終わってから結婚をしたときに配偶者控除が受けられることになります。

退職をしても就職をしていないときには確定申告をして源泉徴収で先払いでとられていた分を取り戻すことができます。

このような還付申告は5年間までならさかのぼって請求することができます。

給料をもらっているアルバイトも派遣社員で確定申告が必要な人

アルバイトの賃金は、一般的に給与所得になります。

この給与所得ではなくて報酬の場合だと、交通費や必要経費の精算が認められて還付金として税金が返ってくることがあります。

派遣社員は、所属している派遣会社が年末調整をして源泉徴収をしているため確定申告の必要はありません。

しかし、途中に契約期間満了などで退職をして再就職をしていない人や、源泉徴収されていても勤め先の派遣会社で年末調整が行われていない人、年末調整では受けられない所得控除がある人などは確定申告をすると税金が戻ってきます。

103万円のカベ

パートのおばちゃんなどと話をしていると、103万円という言葉が多く出てくるときがあります。

この103万円とは何でしょうか。

これは、給与所得控除65万円と、基礎控除額38万円を合わせた額のことです。

この控除を使うことで所得税を払う必要がなく、配偶者控除や扶養控除を受けることができるボーダーラインとなっています。

収入が100万円以上になると、住民税が必要になることがありますが、住んでいる自治体によっては95万円あたりから課税されることがあります。

103万円を超えると、家計の主たる担い手の配偶者控除が配偶者特別控除に変わり、控除金額もパート収入が増えるに応じて低くなっていきます。

130万円以上の収入になると、社会保険、厚生年金などのへの加入が義務となって、社会保険料を支払わなくてはならなくなります。

141万円を超えると、いよいよついに配偶者特別控除がなくなり、配偶者の控除を受けることができなくなります。

有利な節税をしましょう

確定申告では、きちんと納税の意思があることを示せば、税務署がいろいろなことを助けてくれます。 そして、税金を納めたりします。 何も深刻がないと普通の税金を納めてしまって過剰に納付してしまうことになります。 税金を納める確定申告というイベントを使って自分の所得と控除などを確定させて税額を決めて、税金を納めるときに税金の控除を全力で利用させてもらいましょう。 わからなくても税務署が教えてくれます。 控除により有利になる場合が多いので確定申告を利用して税金を少なく納めて有利に節税をしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

確定申告で得する人・損する人返ってくるお金を返してもらいましょう!
Reader Rating 2 Votes