出産の給付金や手当など費用を調べてみました

shutterstock_137698970

妊娠、出産をして新しい生命を宿すことの現実的側面

妊娠、出産をして新しい生命が、生命の息吹がとかを言う前に、ちょっと現実的な問題、出産や妊娠にかかるコストについて考えて見ましょう。

いったいいくらぐらいの資金が必要になるのでしょうか。

妊娠、出産に健康保険が利かないという事実

妊娠、出産にかかる費用のだいたいは健康保険の適用から外れています。

妊婦検診や実際の出産では大きな支出が発生することになります。

しかし、妊娠、出産に関しては公的な支援制度がそれなりに整っています。

それらを申請して受給することができれば貯蓄が少なくとも資金面での不安な要素はあまりありません。

出産費用は、病院や入院する部屋の種類、分娩方法によって異なります。

正常分娩では30万円から70まねんがかかりますが、40万円から50万円の心積もりでいいでしょう。

これらの費用は全額自己負担となります。

しかし、帝王切開の場合には健康保険が適用されます。

出産費用に関する公的支援制度のひとつは、「出産育児一時金」です。

子供一人につき一律で42万円が支給されます。

健康保険に入っていれば、受給資格となります。

出産費用を全額医療機関に支払ってから受け取る「事後払い方式」では事前にその費用を準備する必要があります。

立て替えの必要がない方法として、「直接支払制度」、「受取代理制度」の二つがあります。

「直接支払制度」は、手続きや支払いなど一切が病院と健康保険組合などとの間で完結する方法です。

「受取代理制度」は、申請書の作成と提出を妊婦側が行う方法です。

どちらも事前に病院側に伝えて合意をとる必要があります。

注意が必要なのは、出産費用が42万円を超えるとその超えた分に関しては自己負担となるので注意が必要です。

子供を生むのにかかる費用は、出産時だけではありません。

出産する前には妊婦検診を月に1回程度、臨月の時には週一回で合計14回の妊婦検診を行うのが一般的です。

費用は、5万円から10万円となってしまいます。

しかし、自治体などが無料にしたり補助をしたりという妊婦の人の負担を減らす取り組みを実施しています。

ぜひお住まいの自治体に行ってご相談されてはいかがでしょうか。

子供を生んだ妊婦が生んでも勤務先が同じときには、「出産手当金」と「育児休業給付金」を受け取ることができます。

「出産手当金」は健康保険に1年以上加入していなければなりません。

給与の三分の二を出産の前後あわせて98日分支給されます。

「育児休業給付金」は育児休業開始前2年間に、1ヶ月に11日以上働いた月が12ヶ月以上あるときに支給されます。

育児休業開始から180日までが賃金の67パーセント、その後は50パーセントが支給されます。

出産後に確認したい保険

出産をしたら、見直したいお金といえば、保険といえます。

なぜなら子供が生まれたときが死亡保障の最高点にあるからです。

死亡保障額は、持ち家・実家があるかどうか、妻が働けるかどうか、などのことを確認する必要はありますが、ざっと1500万円から3000万円といったところになるでしょう。

終身タイプの保険を契約していると、保険料が結果的に割高になってしまいます。

教育資金やマイホームの購入資金などが必要になるため、定期タイプの保険での保障を検討してはいかがでしょうか。

死亡保障は子供が社会に出られるようになるまでの生活費の意味合いが強いので死亡保障も減額していくことが合理的です。

定期保険で5年程度で減額をしていくか、逓減定期型(少しずつ段階ごとに死亡保障が減る)の定期保険や、収入保障保険を利用すると見直しを自分でしなくても死亡保障が逓減されていく仕組みが作ることができます。

また、子供が生まれたときに、教育資金の準備として学資保険に加入するということもありです。

そのとき保険料免除という遺族への補助がありますので、満期金はそのまま死亡保障と解釈することもできます。

そこで、学資保険の満期金を多くし、死亡保障を小さくすると無駄がなく合理的になるでしょう。

生まれたこどもの教育資金を準備しよう

子供が生まれたときに、保険以外にもこどもの教育資金を作り始めることが必要です。

早めのスタートには意味があり、ためる期間が長くなることで少ない資金で大きな額を準備することができるようになります。

教育資金は必要な時期と必要額が明らかなので計画をしやすいという特徴があります。

一般的に、家計での教育資金作りは大学費用の準備を意味します。

高校まで公立であるとそこまで高い教育費は必要なく日々の家計から捻出できる程度です。

しかし、大学は国公立大学で250万円程度です。

私立大学では文系は390万円、理系は520万円がかかります。

進路は未定だとしても400万円ほどは用意したいですね。

教育資金の積み立て方は、児童手当を生活費に入れずに教育資金として積み立てます。

現行制度では中学卒業までに2000万円程度がたまることになります。

毎月1万円を0才、生まれたときから積み立てると、18歳のときには216万円となっており、あわせれば目標に達します。

中学、高校から私立に通うと教育費は、中学三年間で400万円程度、高校の三年間で300万程度となります。

ためる金融商品としては、一般財形貯蓄や普通預金から自動振り替えで積み立ての積立定期預金などをお勧めします。

学資保険を利用することを考えるときには保険料の総額よりも多い、貯蓄型の商品を選ぶのをお勧めします。

もし妻が出産を機に退職してしまったら

出産する前は夫婦共働きで正社員だったが、子供が生まれたことを機に会社を辞める女性はいまだに多いのも現実。

妻が辞めてしまったというときには、収入が半減、50パーセントも減ってしまい家計の合計がマイナスの赤字続きなんてこともなるかもしれません。

教育資金をためたり、定期の保険に入ったりとしていると見落としがちかもしれませんが毎月のマイナス分の赤字額、出さないように考えないといけませんね。

ボーナスに依存して、ボーナスを期待して毎月の赤字を垂れ流すのはとても危険な家計といえます。

そもそも、なぜ赤字が発生しているのかといえば、収入よりも支出のほうが多いからです。

端的に言うと、共働き時代の収入と支出の時代からもう変わって片方しか働いていなくて収入が半分になったのに、共働きのときと同じ程度の支出をしているから赤字になっていると考えることが妥当でしょう。

効率的な家計の見直しが必須です。

固定的に支出をする「固定費」を下げることを考えます。

ここで「固定費」とはローン、家賃、保険料などの毎月定額の出費、支出を言います。

なぜ固定費を見直すのかというと、毎月一定の失出は支出削減工が大きいためです。

食費などの毎月一定ではない費用を変動費といいます。

レジャーや外食を減らせば経るでしょう。

固定費は毎月の支払いを減らしていくと一年で見ると12倍の効果が得られるので固定費の削減に着手したほうが効率は高いといえます。

保険を減らすときには保障や過大な死亡保障、入院給付、必要のない特約があれば減額や解約などをして保険料を減らす努力をすると毎月の保険料が減ります。

一年で12倍、3年で36倍の効果が期待できる非常に大きな節約になります。

また、通信費なども須磨穂の料金プランの変更、格安の通信キャリアの利用などもよいでしょう。

最近では大手の半額で大手と同じレベルの通信サービスを受けることができる通信事業者もでてきているので、格安スマホなどの利用も検討するといいかもしれません。

通信のプロパイダーや有料テレビの料金を見直すことなどもできると効果的に家計を救ってくれることとなるでしょう。

少しでも家計から貯蓄に回せる資金が発生したら貯蓄目標を立てましょう。

紹介したように、教育費やマイホームなどなど子供のこれからの将来のためにも、お金が必要です。

そのために、財形貯蓄や積立定期などを利用して、家計が赤字などと子供心配させないで、貯蓄をしておきたい親心です。

妊娠・出産について考えてみましたが

妊娠して出産までは、50万程度がかかるようなことがわかりました。 しかし、自治体の補助や、いろいろな制度を使うことで安く抑えられたり、給付をもらえたりするなどの得点があることがわかりました。 そもそも病院に支払わなくていいようにする事前申し込みの制度を使って当座はしのげるであろうことがわかりました。 しかし、実際の問題はそこからです。 妻が会社を辞めるかやめないか。 親が死亡したときに子供が困らないようにする保険。 子供が大きくなると必要になる教育資金。 などなどのお金は子供がいるとかかる資金で、生まれるときの資金よりも、そちらのほうが問題になりやすいということがおわかりいただけたらいいです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

出産の給付金や手当など費用を調べてみました
Reader Rating 3 Votes