自動車の自動運転化による産業構造の変化!あなたへの影響は?

shutterstock_248975497

あなたは自動運転車を購入したいですか?

子どもの頃ニュースで「運転しなくても目的地に到着する自動車」を特集していました。

当時の自分は、「そんなの実際に道路に走るわけない」と思っていたのですが、そんな自動で目的地に到着する自動車の研究開発が日進月歩で進み、実用化が近いことで、本当に時代の流れを感じてしまいます。

自分が生きている内には道路に自動運転車が走るのが当たり前になる可能性は高そうですが、そうなると生活にどのような影響があるでしょうか?

高いお金を出して購入する価値があるものでしょうか?

それにより自分が運転しなくても良いという便利さはありますが、産業構造の変化、雇用問題、免許の問題、その他思わぬトラブルなどもありそうです。
 


 

自動車の自動運転化の仕組み

まずは自動車の自動運転化はどのようになされているのか、その仕組みを見ていきましょう。

自動車の自動運転を実現する方法は、技術的に見ると大きく分けて2つに分けられます。

それは、「自律型自動運転」と「協調型自動運転」です。

「自律型自動運転」は、自動運転車に搭載したセンサーやカメラなどの機器だけで周囲の状況を判断して走行するものです。

自分が子どもの頃にニュースで見たのはこの「自律型自動運転」の車でした。

一方、「協調型自動運転」は、車外から提供される情報を自動運転車が無線通信を通じて取得する、いわゆる「V2X」(Vehicle-to-X)通信を活用して自動運転を高度化するというものです。

カーナビの技術が発達し続けている現在、このような無線を活用したシステムは技術的に十分可能なのでしょう。

この「協調型自動運転」が優れているのは、制限速度、渋滞区間や末尾地点、故障車や落下物、道路工事区間などの自動車の走行に必要なあらゆる交通情報を、高速道路を中心に設置されているITSスポットをはじめとした路側機や信号などから、無線通信を通じて自動車に提供するとういことです。

さらに、車両と歩行者が携帯するスマートフォンや専用端末と情報をやり取りして協調する「V2P」(Vehicle-to-Pedestrian)通信(歩車間通信)というものもあるのだとか。

Google ドライバーレスカーの進化

このような自動運転技術を手がけている最先端の企業が、なんとGoogleです。

あなたもGoogleのドライバーレスカーの名前を聞かれたことがあることでしょう。

Googleドライバーレスカーは、自動運転に必要となる情報を収集し、それをコンピュータで解析した後に運転操作命令が出力されるものです。

GPSの命令により、運転車はなにもすることなく、ハンドルを動かし、アクセルやブレーキをしてくれるのです。

また、事故のリスクを最低限にするための工夫も凝らされているそうです。

まだ大雨や雪の日には運転できないとか、膨大な地図情報をインプットできていないなどの様々な課題があるこのGoogle ドライバーレスカーですが、今後その辺りの問題もどんどん解決されていきそうです。

まだまだ試乗段階ですが、今後発展が続きそうです。

その一方で、コンピュータがどこまで人間と同じだけの思考ができるかという疑問は残ります。

認知科学の世界では、人間と同じ能力を発揮する人工知能を研究する行動科学では不十分であるとし、人間の脳の抽象思考のすごさを研究しています。

人間の脳は、あいまいな情報を頭の中で統合し、判断するという高度な作業をこなしているのです。

コンピューターは、今の技術では人間があらかじめインプットした情報に基づいた行動しかできません。

人間のような想像力や連想する能力はないので、思考停止に陥ってしまう危険性もあるかもしれません。

実際にGoogleドライバーレスカーは、まだ人間の微妙な動き、例えば前に進んだり後ろに下がったりといった予測しがたい動きには対応が鈍いという実験結果が出ているそうです。

自動運転車の普及で社会の仕組みはこう変わる

さて、ここではそのような自動運転車の数々の欠点を克服し、無事に公道を走ることが技術的に可能になったと仮定しましょう。

そうなると、社会の仕組みは大きく変わると思います。

ちなみにトヨタは2020年をめどに、高速道路での自動運転を実現しようとしているそうです。

さて、自動運転車の登場で、これまで体が不自由であったり、高齢になって運転ができなくなった人も目的地に自動運転車に乗って行くことができるようになります。

買い物や病院への送迎が不要になりそうです。

ビジネスマンも、自動運転の間はリラックスできそうです。

安全性が確立されていたら、会社に着くまで車内で一仕事できてしまうかもしれません。

大量生産のラインに乗るまでは、例え実用化されたとしても自動運転車は高級車の部類に入ると思われますが、ハイブリッドカーが今ではお手頃な価格になってきていることを考えると、時間をかけてじっくりと社会に浸透していきそうにも思われます。

つまり、お手頃な価格で自動運転車が手に入れられるようになるかもしれません。

昔のアニメなどの未来都市で、21世紀になったら空中に車が通る透明な道路があって、その中を車が自由に行き交う場面がありました。

今のところ実現してはいないですが、そのようなアニメも人間がハンドルをもって車を運転していました。

もし自動運転が確立されれば、SFの未来を現実が超えてしまうことにもなりそうですよね。

実際に携帯電話やスマートフォンの登場、さらにタブレット端末の進化はSFの世界を超えているわけですし。

消える職業、新たな職業

さて、ちょっと未来予想をして見ましたが、自動運転車の登場はそのような便利さがあると同時に、生活に様々な影響を及ぼすかもしれません。

まずは自動運転車の登場によって消えてしまう職業です。

最近、オックスフォード大学の調査で「あと10年で消える職業」というものが発表され、702もの職種がコンピューターにとって変わられる確率を公表したので日本でも話題になりました。

現在でも消えてしまった職業、消えつつある職業は多くありますが、交通機関にもそのようなものが数多くあります。

典型的なのは、T型フォードの登場で、馬車が消えていき、代わりに自動車が世界中で走るようになったことがあげられます。

そして、自動運転車の登場により、自動車も徐々に切り替わっていくことが予想されます。

そうなると、タクシーを利用する人はどんどん少なくなっていくでしょう。

また、電車やバスなどの公共交通機関を利用する人も少なくなるかもしれません。

駐車場の問題もあるので一気に変わることはないと思いますが、それでもよりお金を節約できて、より便利な方法に移行していくことは避けられないでしょう。

そうなると、タクシードライバーや鉄道職員の職業が奪われることになっていくかもしれませんね。

事故が起きたら?

そのような雇用問題も大きいですが、一番心配なのはやはり「自動運転車って安全なの?」ということではないでしょうか?

実験段階で使用している自動運転車は、ハンドルにある自動運転モードのボタンを押したら自動運転にきりかわる方式のようです。

飛行機のオートパイロットのようなものでしょうか。

自動運転モードの間は運転手は基本的になにもしなくて良いのだそうです。

でも、それで本当に大丈夫でしょうか?

人の直感は、まだ科学では解明しきれていないほど優れていると言われています。

自分も車を運転していて、なんとなく右側からなにかが来るような気がしたので見てみたら猫が猛スピードで車を横切ろうとして、急ブレーキをふむことで猫をひかずにすんだ体験があります。

経験から感じたのか、視界の端に猫が入ったのか、理由は分かりませんが、このような人間の直感はコンピューターでは再現できないことだと思います。

自動運転をしながら注意をすれば良いとも言えますが、最初は緊張しているから良いと思いますが、慣れてくると油断してしまうので、人間が運転しているよりも深刻な事故が頻発する危険性もあるかもしれません。

結局自動運転車は買うべき?様子を見るべき?

仮にトヨタなどの自動車会社が2020年ごろに自動運転車の実用化に成功し、あなたに手が届くお値段で自動運転車が購入可能となったら、あなたは買いますか?それともしばらく様子を見ますか? あらたな物が導入されるときは、トラブルがつきものですから、しばらく様子を見た方が無難かもしれません。 でも、思いきって購入する人がいるからこそ、メーカー側も大量生産に踏み切れるわけですし、開発費用もでるのでより研究も進みます。 トラブルについても事前にシミュレーションし、ある程度なら回避は可能なはずです。 ちなみに、自分はおそらくまだ買わないと思います。 なにしろ、オートマ車でなく手動のマニュアル車にこだわって乗っているぐらいですので(笑)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

自動車の自動運転化による産業構造の変化!あなたへの影響は?
Reader Rating 1 Vote