アメリカの利上げの破壊力はこれから来る

shutterstock_143181193

アメリカの利上げの影響を知っていますか?

多くの人たちの注目を集めたといわれているアメリカの利上げ。

しかし日本人の半分以上の方が「それって自分達日本の利益や損失に関係あるの?」と思っていると言うところもあるでしょう。

勿論あります。

たしかにそもそも投資に縁遠い方には何のこと?と思われることかもしれないですし、そこまでしっかり理解して始めていない投資をしている方の中にもどんな影響があるのかイマイチ分かっていない方もいるかもしれません。

しかしこのアメリカの利上げと言うものは確実に私達の利益に関る事態を及ぼします。

まずアメリカの利上げとは何かというとアメリカの中央銀行による政策金利の引き上げの事。

それが何を意味しているのか?なんだそれだけのことか、と思われる人もいると思いますがこれが世界の経済全体、もっと言うのであれば私たち一人一人の生活に与える影響が確実にあります。

そして少し考えてみると分かることですが、更にその影響はまだこれからくることになるのです。

今回はそんなアメリカの利上げについて起こる影響の私達の利益と損失について考察したものをご紹介致します。

アメリカの利上げに伴い経済の世界で起こっている事

アメリカの利上げに伴い起こる利益と損失の中で今はっきりと分かっている事が既にいくつかあります。

一つ目はアメリカの株価が下がるだろうと言うこと。

金利が上がると株価が下がるものと言うのは投資の常識です。

殆ど大多数の株式企業は資金を借りて事業を行い、利益が上がれば金利を上げるわけですが、そうなってくると返済額が増えるのです。

つまり払わなくてはいけないお金が増えるので利上げは業績悪化につながると考えられるのです。

業績の悪化が予想されるところの株を買いたいと思いますか?

そのため勿論、株と一緒に債権も一度一緒に評価額の価値が下がります。

株取引やFXをやっている方、あるいは確定拠出年金での株を保有している方には当たり前の事かもしれませんが一応ご紹介させていただきました。

二つ目はドル高になるという事、日本で言えば円安になるとも言えます。

お金を銀行に預けるなら高い金利がつく方が良いと思われるように、アメリカの金利が上がるとアメリカドルが買われるので円安ドル高になる。

これもまた当たり前の事ですね。

円安は日本の輸出企業には追い風となるとしてアベノミクスが掲げるものですが、私達個人で考えると日本円の価値が下がるという事であり海外に行ったり、海外のものを買うのが厳しくはなります。

三つ目はここが重要とされていますが新興国の株が暴落を起こすという所です。

別々の国同士の影響が何で私達に影響するの?そんな風に思う人も多いとは思いますが後で改めて触れますがとても関係が深いのです。

アメリカがこれまで金利を低くしていたのは企業などが資金を借りやすくするためであり、世の中にお金をたくさん行き渡らせ景気を良くし、雇用を支えるのが目的だったと言えます。

そうしてアメリカ国内のみならずそうした借り易いお金は新興国に流れ込み、新興国の経済が良くなります。

経済状態が良くなれば株式や債券は買われて更に景気が良くなると言う良循環サイクルが出来上がります。

アメリカはこうして自国の景気だけでなく新興国の景気も支えてきたという事ができるでしょう。

であるとするならば利上げはこの流れに逆行することであり、新興国はこのアメリカの利上げによって自国経済に少々問題が生まれるところも出てくることになるでしょう。

これらの三つがアメリカの利上げで起こっている世界経済の変化です。

アメリカの利上げの影響が私達にある理由

アメリカの利上げに伴い現に去年の12月の段階で、ロシアのルーブル109%、ブラジルのレアル80%、トルコのリラ37%、インドネシアのルピア17%、インドのルピー10%、中国の人民元4.5%という通貨の下落率が出ています。

FXや株取引をしている人でこれで損をしたという人もいるでしょう。

勿論そういうものに手を出したことが無い人にだって影響はあります。

例えばキリンホールディングスが2015年12月期の連結最終損益が従来予想は580億円の「黒字」としていたところが560億円の「赤字」になるとの修正見通しを発表しました。

その一番の大きな要因として語られているのはキリンが買収したブラジルのビール大手だったスキンカリオール、現ブラジルキリンを襲ったブラジルの経済の急減速。

このブラジル通貨のレアル安による原料調達コストの上昇が収益を直撃し、このように大幅な予想との食い違いを引き起こしたとされています。

ここで思い返してもらいたいのがアメリカの利上げの影響で出たブラジルのレアルが80%という下落率を出したこと。

アメリカの利上げの影響はこれからもブラジルで起こるでしょうし、その大手企業を抱えたキリンホールディングスの財政のへの影響もまた続きます。

日本の大手の企業であるこうした会社は海外での影響をどうしても受けます。

まず直接私達にも大手の会社の財政悪化の影響は来ます。

例えば先程のキリンホールディングスに関して言えば従業員の給料や商品の値上げや品質低下を起こすかもしれません。

「私はキリンホールディングスと関係ない仕事をしているし、お酒を飲まないし関係ない」と言う人だって飲食とは全く無縁ではないでしょう。

飲食業においてのお酒の売り上げと言うものはかなり割合を占めており決してバカには出来ない事です。

そうして多くの人が影響を受けるので、日本の大手の企業が影響を受けるという事は日本の経済に影響を受けるという事になります。

これは決して誇張表現ではありません。

飲食業界が軽減税率導入の恩恵にあずかれなかったところが大きく業績悪化が懸念される中、そうした飲食業界とは全く無縁で仕事をしている人は多くはありませんし、それらを購入する人となってきたら更に多数です。

こうした形でアメリカの利上げは私達に影響があるのです。

アメリカの利上げのこれから来る影響

アメリカの利上げのこれまで起こした影響は以上の事がメインだと言えますが、事はこれで終わりません。

寧ろより大きな影響がこれから起こる可能性を含んでいます。

それは何かと言いますと中国のこれから取るであろうと考えられる行動です。

中国の人民元は先程あげたようにアメリカの利上げの影響は4.5%という通貨の下落率ですんでいます。

しかし中国の持っているお金の総額自体がかなり膨大。

仮にこのまま通貨の下落率が続き最終的に大幅な人民元安が起これば、新興国通貨全体を巻き込んだ大暴落相場になるリスクがあるため中国としてはそうは出来ません。

そこで自国通貨の安定を図るため中国経済の成長と外貨獲得政策に本腰を入れてくるであろうことが予想されます。

日本が今経済低迷の状態を打破するためにかけている一つの方針、TPP環太平洋パートナーシップ協定とはもう何かを知らない人も少ないとは思いますが自由貿易協定です。

それはつまり日本は輸出において現状の低迷した日本経済を打破していこうと考えていると言うことであり、その時のライバルとして中国が立ちはだかることになるわけです。

日本と中国では強みが違うとは言え、中国の持つ豊富な資源、動員できる人員、そして広大な土地で作られるお得意の格安商品攻勢を同じような品でかけられたとき消費者ならばどちらを選ぶか?

残念ながら少しでも物を安く手に入れたいと思える経済状況の良くない国であればあるほどに中国に軍配が上がることになるでしょう。

単純にそう考えたなら日本が突破口としたい輸出においての外貨獲得と言うものが不十分となり、日本の景気回復は更に遅れる、あるいは海外商品の大量導入によって更に厳しい経済状況になる可能性も無いとは言い切れなくなります。

では中国と言う国が何もせずに元安へと向かって言ったらどうなのかといいますと、それもそれで周辺の新興国全てを巻き込んだ普及を引き起こすことになるので好ましくはありません。

理想を言うなら元安がある程度で収まり、輸出競争で日本が中国に競り勝つ、というバランスの取れた状態が望ましいとなるわけですがこれは中々難しいところです。

こうしてアメリカの利上げの影響は中国の本気の外貨獲得の行動を引き起こすという今後私達により大きな破壊力をもたらせる可能性があるのです。  

アメリカの利上げの破壊力を自分の力に変える

色々とアメリカの利上げに対しての私達へのデメリットばかりこれまであげて参りましたが、そのアメリカの利上げを自分の力にすることだって可能です。 何せアメリカ自体は力を強めていく何かがあるから利上げに踏み切ってきた訳ですし、金利を上げてくれるというのですからアメリカドルをもっている人たちにすれば嬉しいことです。 未だこれからどういう影響がはっきりあるとは言えない状態である今であるからこそ動くチャンスでもあると言えます。 どうなるか分からないと誰もが同じ状態であれば情報を集め、影響を考え、人よりも先に自分がやることによって成功するのが今の社会。 どんなに良くない変化だと思えたとしてもそれで利益が上がる人がいるからこそ変化は起こるというものです。 アメリカの利上げで起こった変化を自分なりに情報を集め考えて、アメリカドルを持っている人を対象にしたり、それで良くない影響を及ぼす人たちに何をすると自分の利益になるかを考えて行動するなどしてアメリカの利上げを自分の力と変えていきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

アメリカの利上げの破壊力はこれから来る
Reader Rating 1 Vote