モテる人は奢られ上手!投資される事に臆しない理由

shutterstock_155769515

年間一体いくら、モテる人は得しているのか?

モテる人は奢られる事に慣れています。

気が付くと、なぜか自然とお金を出していて、その人といると、財布のひもが緩みっぱなしになってしまう相手、いませんか?

例えば、お菓子好きなモテる人が居たとして、職場などで毎回顔を合わせる度にチョコなどの差し入れをされると、1回200円程度、毎週5回の出勤で4000円程度費やされている事になります。

お菓子を半分こしたとしても2000円分のお菓子代が浮く事になります。

ラッキー、としか言いようがありません。

飲みの機会があると、同性の場合はきちんと割り勘ですが、異性となるとほぼ奢られる。

モテない人から見ると、得しているよなー、うらやましいなー、と思われると思いますが、モテる人はモテる人で言い分があるのです。

少し掘り下げていきましょう。

そばに居るだけで、相手を上げる付き合う価値のある人間であるから

モテる人は、強すぎる自己主張をせず、聞き上手である事が多いです。

すると、相手が話をする事が多くなり、自然とその人よりも目立つ存在となります。

目立つ存在は、良い意味でも悪い意味でも目立ちます。

よって、モテる人は、そばに居る人を、良い時はスター的存在に上げてくれ、悪い時でも話を聞いていたために、的確な相談役となれ、そばに居る人のフォローに回る事が出来ます。

つまりある時は、引き立て役、そしてまたある時は、専属のカウンセラーとなり問題解決の方法を提供しているのです。

心理カウンセラーの資格を持った人が行うカウンセラー料金が1時間平均10000円前後ですので、資格はないにしろ相手をよく理解しているので、的確なアドバイスも可能なので、価値ある時間を提供されている事になります。

美容代にお金をかけているから

モテる人は美容代への投資を怠りません。

常に美を意識している為に、エステやヘアサロン、スキンケア商品などもより良質なものを選択します。

エステ代も月々5000円前後としても年間60000円、ヘアサロンもワンシーズンごとに行けば1回5000円としても年間20000円、スキンケア商品は洗顔、化粧水、乳液で15000円でそろえていたとして、月々買えば年間180000円です。

年間合計で260000円。

一日当たり712円です。

これを高いか安いか思う事は個人の収入に応じて異なると思います。

その中には自分で工夫されている人もいて安く抑えている人もいますがその分手間をかけているのです。

そのようにして、その美容代をかけて維持されている美しさは、付き合う人の評判を上げてくれます。

男性であれば、美女と付き合えば尊敬されますし、女性であればイケメンと付き合えば、自分の性格の良さを褒められたりするでしょう。

その美容代なくして、その称賛は無いのです。

付き合うべき人間を見定めているから

モテる人は、一見、万人に同じように接しているように見えますが、実はそうではありません。

付き合うグループでみんなが知っている共通の話題を取捨選択しています。

ゴルフ仲間にはゴルフの話題、映画が趣味のグループなら映画の話題とそれぞれでその場に適した話をあらかじめ調べて用意して、ゴルフ仲間で映画の話題、映画仲間でゴルフの話題は避けています。

その理由は、人は自分が知らない疑問が多い話には、だんだん興味が失せていきます。

そこで、興味がある範囲の話を選び、相手の興味を引き、モテを維持し続けているのです。

話題作りのためには、趣味にお金を費やす事は惜しみません。

スポーツなどであれば、道具を一式そろえたら、元が取れるまで、一生懸命頑張ります。

他にしたい事がたくさんある中で選んでわずかな時間を取っているから

モテる人ほど引く手あまたで、忙しいです。

相手に有益な情報を与えるので、情報を与えた人からまた他の人に紹介される事も多く、出逢いには困りません。

また好きな事に多くの時間を割いており、その間の貴重な時間を一緒に過ごす事になります。

さて、ここで、問題です。

Q.定番商品と期間限定商品だと期間限定商品が販売されている場合は、どちらが多く売れているでしょうか?

A.「限定」という希少価値で、期間限定商品の方がより多く売れています。

多少価格が高くても、購入する人が多いです。

そのように、時間を限定された貴重な時間を過ごす中で期間限定効果が発揮されて、より過ごす時間は高価なものとなり、一層モテる人となれるでしょう。

ただし、限定商品はあくまで限定だから価値があるのであって、期間限定商品がずっと並べられていると売れ残りの印象を植え付ける事にもなったりします。

そして、期間限定商品が良いと購入した上で、やっぱり定番商品が良いと感じ、定番に戻る消費者も多くいます。

それは、陳列棚には期間限定商品が主張していましたが、気が付けばその量も減って行き、ふとその隣を見ると定番商品がある。

「今まで邪険にしてごめんよ、ずっとそこにいてくれたんだね。」と、反省。

そこで、定番商品に戻る、と言う現象が起きます。

これはモテる人にも言える事であり、すごくモテる人は、結婚が遅れてしまうのです。

ある程度、モテて結婚を意識するようになったら、定番化へ移行していくと良いでしょう。

お金に対してシビアであるから

モテる人は、お金の計算がとても速いです。

プライベートも時給換算を脳内でしており、効率的に行動し、無駄な事を極力さけます。

自分にとって価値のない合コンや飲み会と判断したならば、2次会まで行かずに1次会で帰ります。

その時間を好きな事に費やしたい、そしてその事に対して深くなりたいと思うのです。

さらに、たとえそうだったとしても、これまた「限定」効果で、ほっておいても後程他の知り合いづてにでも連絡が来るのです。

この場合はモテる人はメールやラインでは普通に応対はしますが、よほどの事がない場合、自ら電話や会う事はあまりしません。

だって、それにもお金はかかるから。

会うのにこぎつけるには時間がかかる事でしょう。

その場合は、自分も相手と同様、もしくはそれ以上に価値ある人間になる必要があり、モテる人と同様にうまく相手の話を聞き出して、相手にとって有意義な情報を提供したり、といった動きをして行く事で、反応を得られます。

モテる人の好意がある場合はわかりやすく、電話や会ったりする確率が上がります。

それは、お金がかかっても、声色の変化や相手の表情で、微妙なニュアンスの違いを把握したり、質問をしてもすぐに返ってくるように、素早く誤解の少ない情報を手にする事が出来るからです。

モテる人とお付き合いをしていくと、デートは基本相手の奢りが普通、と言うスタンスなので、受講料と考えてお付き合いをしていくと良いでしょう。

そして、もしお別れして「高くついたな~」と思ったとしても、相手から受け取ったその知識や経験は頭の中に刻み込まれていていつまでも残り続ける事でしょう。

そのことを忘れずにいたら、どんな別れ方でも人生勉強代となり、モテると言われているAKBの指原莉乃さんのように元カレにお金で暴露されて、「○○してやったのに!ふざけんな!」と言うような事態にはならないでしょう。

別れてもきちんと2人のルールを守った誠意ある行動をしていきたいものです。

モテる人はお金がかからなくていいなぁ・・・、と思う人もいたかもしれません。

しかし、ある程度自分をコントロールし、意見は求められた時にだけ言う事は容易ではないでしょう。 思っている事があっても、その時に相手を傷つける言葉を言うのではなく、自らどうしたら改善できるかを考えて、いつ相談されても良いようにあらゆる事を調べています。 そして、必要な時に行動するから、また、その行動がきらりと光り、他人の目に魅力的に映るのです。 相手に価値あるものを提供しているので、相手も自然とお金を払っても良いと思い、モテる人も別に奢られても悪い、と言う気は起きず、それ相応のものを頂いた、と思っているので奢られ上手と言う仕組みになっているのでしょう。 言わば、ビジネスと同じ。 仕事が出来る人にモテる人が多いのはそういう事なのです。 奢る料金は、カウンセリング料と調査料とメンテナンス費用に応じた支払いなのです。 ただ、料金決定は支払う側が出来る、と言う面ではビジネスと大きな違いになるでしょう。 だからと言って、なるべく安くできるなら出来るだけしたらいいとケチるとうまくいかなくなったりするので、なるべくお互いにWin―Winであるお付き合いが出来ていけるとうまい投資になり、自らにもかえってくるでしょう。 ご覧頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

モテる人は奢られ上手!投資される事に臆しない理由
Reader Rating 1 Vote