メインに恥をかかせない?!結婚式でキラリと光るモテ女に!その必要経費とは

shutterstock_87731302 (1)

モテたいなら所作を美しくしてくれるこれにお金を惜しむな!

結婚式、招待してもらうと、しあわせのおすそ分けをしてもらうような気持ちになり、とても嬉しい気持ちになります。

それと同時に心配になるのがマナー、そして、どんな格好をしていくかです。

メインは新郎新婦とは言え、招待してもらった人の顔に泥を塗る事はしたくない。

人は鏡と言いますし。

メインに恥をかかせないような女性でいるための必要経費をご紹介いたします。

格が高いがお金がかかる、場に色を染める着物

冠婚葬祭の正装で最も丁寧なのが着物です。

そして、とても目立ちます。

会場の色として、新婦は白無垢や白いドレス、もしくはカラードレスを着て、新郎や男性陣はほぼ黒色。最近では、女性ゲストも地味な色のドレスを着る事があり、会場が暗い印象に。

せっかくのお祝い事なので、明るい雰囲気を作るのに一役買いましょう。

着物だと、色々な色を使っているので、新婦と全部かぶる、と言う事は避けられて、かつ、あでやかなので、会場に華を添えます。

家族が着物を持っていて、着付けも出来たらお金もかからず万々歳。

家やインターネットのレンタルで着物があれば、着付け料 約10000~20000円が必要になります。

場所によっては、持ち込み料が5000円程度発生する場所もあります。

もし、美容室で着物レンタルとヘアセット込みで予約すると約20000~30000円程度です。

遠方で結婚式と言う事で、早朝に予約すると別料金が掛かったりする場合もあります。

そうでなければ、結婚式会場で着付けが出来る場合もありますが、美容室の倍以上と割高で、新郎新婦やと着替えの時間がかぶってしまうとなんだか気まずいので避けると良いでしょう。

着物を着る事によって、普段大股で歩いている女性も普段とは違う動きになってきます。

それは、着物が動きを制限し、1つ1つの動きが小さくなり、気を付けようとゆっくりな所作になるからです。

ゆっくりとしていれば、おしとやかな女性、となり、キチンと感を出せるでしょう。

最初が肝心、貴重品を守る袱紗

結婚式の受付では、最初にご祝儀の受け渡しがあります。

ご祝儀を直接持っていくのではなく、袱紗から出すと時間がかかるので、より丁寧な所作になります。

袱紗からご祝儀を出す所作は、手を見られる所作なので、指先をなるべくそろえましょう。

そして、大切なものなので、慌てず丁寧に両手で手渡ししましょう。

もし、行列が並んでいる場合は先に袱紗から取り出しておいて、袱紗を台にしてご祝儀袋を手渡します。

袱紗は様々な色がありますが、紫のものが慶事用・弔辞用と使え、何もついていない1枚の布である袱紗、ご祝儀を留める台付き袱紗、簡易型の金封袱紗と種類がありますが、安いモノなら金封袱紗が100円ショップで100円程度からありますが、大体1000円前後、です。

以前100円ショップで、金封袱紗を購入しましたが、結構固く型がついてしまったのでので、今は私は、何もついていない袱紗を使用しています。

おくれ毛はだらしがない印象に。きっちりと清潔感のあるヘアスタイルで決めよう

どんなに美しい着物を着ても、ヘアスタイルでケチれば、すべてが台無しです。

髪は女の命ですし、せっかく綺麗な着物を着ても、バランスが悪く見えます。

着物に目が行くとは言え、会話をする時の目線は顔より上なので自然と視野に入ってきます。

さらに、髪を下したダウンスタイルは、娼婦を連想させるために、タブーとなっています。

また、男性の気を引くために結婚式に出るのではないので、おくれ毛で色気を出す必要が無いのです。

だから、しっかりと髪の毛を固めたアップスタイルが一般。

しっかり自分の見えないところにも目を配ってもらい、きっちりを仕上げてもらいましょう。

セルフアレンジもインターネットで多々ありますが、あれはドレスの時だけにして、着物で結婚式に臨む場合は、きちんとヘアサロンでヘアセットして貰いましょう。

ヘアセット代は6000~7000円程度です。

個々の役割を持たせよう、大判の白いハンカチ1枚と小さい白いハンカチ2枚

結婚式では、テーブルにナプキンがつきものです。テーブルについたら膝の上にかけるのですが、その上に白い大判のハンカチをかけます。

取り出す時は、ほこりも舞うので、机の下でサッと広げましょう。

少し薄いですがひざ掛けの代わりにもなりますので、冷えから守ってくれます。

グラスにリップが付かない様に先にハンカチの下の面で口を軽く抑えるか、口を付けた後にさりげなく口紅跡をふき取りましょう。

ハンカチの下の面でふくと、正面から見えませんし、ナプキンによって洋服に付く事を防いでくれます。

移動する時などは落とさない様に先に折りたたんで、バッグの中に入れてから移動しましょう。

椅子の上に置いていたりすると、気が付けば、椅子からハンカチやナプキンが滑り落ちていたりする事がありますので、ご注意を。

また、小さいハンカチの方は、1枚は自分がお手洗いに行って手をふく時に利用します。

使用用途を分けているのは、手をふいてびしょびしょのものを膝に使うと、汚れもほこりも下のナプキンや着物にしみこみやすいからです。

さらに、もう1枚はほとんど登場する機会は無いと思いますが、他人が泣いた時や料理や飲み物をこぼした時や火傷やけがをした時などにすっと差し出すようです。

ハンカチは100~1000円程度で用意が出来るでしょう。

刺しゅう入りやレース入りもありますが、素材がしっかりしたものの方が、扱いやすいでしょう。

草履は高さの高いもの、絆創膏とともに

ドレスの場合でも娼婦のイメージを抱かせるローヒールよりはハイヒールが好まれるのと同様に草履も高さが高いものが好まれます。

オシャレは足元から、と言う事で、綺麗な色でつややかなものが良いでしょう。

草履はバッグとセットの事が多く10000円~となっています。

履き慣れないものですので、鼻緒部分にずれを起こしたりしないように予防もしくは、ずれが痛い時に、足袋の下でもはれるように絆創膏をもっていきましょう。

緊急時に対応、小さな裁縫セット

例えば、女性同士でカバンやドレスのファスナーが引っかかったりした時には、小さなはさみ、意図せずボタンが取れたり、糸がほつれてしまった時には、安全ピンや仮縫いなどに使えます。

裁縫セットは500円前後でそろえられるでしょう。

柔らかい素材のポケットティッシュとティッシュケース

先に3枚のハンカチとお伝えしましたが、ハンカチと言えばティッシュです。

ティッシュも街で無料で配っているようなものではなく、しっとりとした柔らかい素材のポケットティッシュを購入しておきましょう。

肌に優しく、化粧浮きを抑え、メイク直しにも重宝します。

ただのポケットティッシュだと可愛らしくないので、ティッシュカバーを用意するか、もしくは、小物が収納できるタオルハンカチのようなものに収めているようにします。

革製のティッシュカバーは、殺生を示すので避けるのが無難です。

ティッシュが400円程度、ティッシュケースが1000円程度のものを選べば、両方合わせて、1500円程度でしょう。

スマホかけ、カメラかけにも。バッグハンガー

最近では、写真撮影は、スマホで撮影される、と言う方も少なくないでしょう。

ストラップがついていれば、バッグハンガーにかければ、カバンの中をイチイチごそごそと探す必要もないです。

机の上に置いていると、次々運ばれてくる料理の給仕の邪魔になってしまう場合があるので、それも回避できます。

手元をキラキラさせるのでアクセサリーの代わりにもなるでしょう。

キラキラと輝くデザインが多く、1000~3000円前後で購入できます。

以上が結婚式で良い印象が残る女性に必要なアイテムたちでした。

60000円程度あれば、すべてのアイテムをそろえられるでしょう。 お金はかかりますが、現在の日本人はあまり着物を着る機会が無いので、1つの勉強にもなりますね。 一方、これらのアイテムの中でも普段でよく使う当たり前のアイテムもありますが、普段の生活にも取り込んでいけば、ちょっと大人な品のある女性を演出が出来るアイテムにもなっていきます。 結婚式や披露宴は新郎新婦が主役なのでゲストに徹しますが、二次会や後日また「あの時の女性ならぜひお話してみたい!!」思わせる事が出来ます。 そして、「あの女性にもう一度会ってみたい!」と連絡が入って来たり、会う機会をもうけた時に、またとても印象が良いので、モテモテでトントン拍子にモテてる事が出来るでしょう。 ご覧頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

メインに恥をかかせない?!結婚式でキラリと光るモテ女に!その必要経費とは
Reader Rating 1 Vote