中国人の買い物の仕方は爆買いだけが全てではない

shutterstock_161283254

中国人の仕方=縛がいだとは思っていませんか?

中国人、買い物と言うキーワードを聞いて爆買いばかりを想像してはいませんか?

確かに今や日本でのイメージは中国人の買い物=爆買いなイメージが多いのかもしれません。

流行語にもなりましたし、爆買いについて書かれている記事も多数は意見させていただきましたし、私自身も書かせていただいております。

しかし全ての中国人が爆買いをする分けでもなく、爆買いを好むわけでもないのです。

私個人が中国人の買い物の仕方で興味深いと思っているのは爆買いよりも寧ろ別の2つの事。

一つは電子マネーによる買い物。

日本では広まってきたとは言えまだまだ主流とは言えませんし、アメリカでだって中国以上には使われてはいません。

そしてもう一つがそんな電子マネーによるインターネット販売での買い物です。

アメリカはもとより日本でだって最早当たり前のインターネット販売によるものの売買ですが中国のインターネット販売ははっきり言って飛びぬけています。

広大な土地と人口、官製バブルの影響もあるとは言えそれだけではいくらなんでも説明がつかないほどの伸びを中国におけるインターネット販売はしていると言えます。

今回はそんな中国人の買い物のあり方が爆買いだけではなくインターネット販売によるところに注目するポイントがあるのではないかという所を考察してみました。

爆買いをするのは恥ずかしいと言う中国人の方

中国人のインターネット販売についての考え方の話しをする前に実はすべての中国人が爆買いするのが当たり前、であったり爆買いするのが良い事だ、とは実は思っていないと言う話をしておきます。

爆買いは日本がバブル経済であった当時に行っていた所謂、突如大金を手にした人による行為であり、品性に欠けると思う富裕層の中国人の方もいるのです。

観光や日本ならではのものにお金を費やすと言う行為は良いとしても、別に日用品や電化製品をわざわざ日本にいってまですることはないだろうと言う人もいます。

静かなところでわいわいがやがや騒ぎたて、マナーが悪いと言う人もいます。

一般的に対日感情が宜しくない中国人とは言え同じ人間。

諸外国の人たちから認められる日本の良いと思うところを感じてくれて日本に足を運ぶ人だって決して超少数派という分けではないのです。

しかしそうして日本を楽しみにやってきて最近目にする行為は自分と同じ中国人による爆買い。

私達日本人が海外に行った時にたまたま見目にする同じ日本人による常識のない行動や、下品な振る舞いを目にしてしまったときを想像したらこうは思いませんか?

「アレと同じと思われたくないなぁ」

中国人の方の中にも同じ思いをする人がいるのは当たり前で、嫌な思いをすることがあると言います。

しかしそうした人たちも結構日本の製品を購入しているとの事。

では一体どうやって手に入れるのかと言いますとインターネット販売によるものだそうです。

別段日本製品にこだわりがあるという訳ではなく丁度良いものを選んで買うならインターネット販売を利用したほうが良い。

日用雑貨や電化製品ならインターネット販売で充分日本製品はもとよりもっと良いものを手に入れられる。

そうした考えをお持ちの方が中国人の富裕層の方には多いそうです。

中国のおけるインターネット販売

中国においてのインターネット販売について語るのであればアリババと言う存在を外して語ることは出来ません。

アリババとは企業間電子商取引(B2B)のオンライン・マーケット運営をしており、240を超える国家と地域にて5430万以上の会員を保有するグループ企業です。

創業者はジャック・マーと言う方で、誰もが知っているといっても過言ではないアメリカ検索サイト大手ヤフーの創業者ジェリー・ヤン氏、ソフトバンクの孫正義氏とも交流がある人物です。

1999年3月に創業し、企業間電子商取引をサポートするマッチングサイト「阿里巴巴(アリババ・コム)」が多くの会員を集め瞬く間に急成長。

フェイスブックさえも大幅に超える、最大220億円もの上場資金を調達したと言われるアリババは、上場後の価値は2000億ドル、日本円で約20兆8000億円を超えるのではと言われており、間違いなくIT企業上場の歴史を大きく塗り替えると言われた企業です

登場以降、電子商取引サイト「淘宝網(タオバオ)」、検索サイト「Yahoo!中国雅虎」、電子マネーサービス「支付宝 (アリペイ)」、などの会社を設立または買収し傘下に収めている会社です。

2007年11月にアリババグループはアリババ・ドットコムを香港証券取引所のメインボードに上場、時価総額なんと2兆円を超え大きく話題を呼びました。

このアリババがインターネット販売にどうして外すことができない存在かと言うと先程触れたタオバオという2003年に設立された、アジア最大の消費者向け電子商取引・ウェブサイトの存在があるからです。

このタオバオ、会員数2億1000万人以上、中国での消費者向け電子商取引サイト、つまりインターネット販売でのなんと80%のシェアを占めているのです。

どれだけ凄いことなのかと言いますと、皆が知っているインターネット販売の老舗アマゾンと一番分かりやすい売り上げについて比較してみましょう。

すると2012年の売り上げでアマゾンの860億ドル日本円で約9兆円に対し、アリババは1600億ドル日本円で約16兆円と倍近くの数字を出しています。

しかもこの数字の殆どが中国国内でのインターネット販売によるもの。

つまり中国の人は実は爆買い以上にインターネット販売にお金を使っていると言う結果が実はあるのです。

爆買いプラスインターネットと言う発想

中国においての買い物として上げられる爆買いとインターネット販売をあわせた戦略と言うものも実は登場しています。

例えば中国のインターネット販売を手がける京東グループは日本製品専門サイト「東京館」を開設しました。

インターネット販売サイト「京東商城」においての2014年の日本製品の販売総額は80億元、日本円で約1590億円に上る結果が出ています。

そんなこの企業の東京館には、日本企業約300社が出店しており、ほとんどがブランド品です。

海外進出の経験がない日本企業のために出店・運営の代行サービスも行うなどかなり歓迎ムードを出した至れり尽くせりでの受け入れをしているとして有名な企業でもあります。

先程登場したアジア最大の電子商取引企業、アリババグループもまた同じソフトバンクグループの一員であるヤフーと連携し、インターネット販売サイト「天猫国際」への出店で、日本企業の中国市場進出を好条件で支援すると発表しています。

天猫国際は、中国法人がなくとも日本法人での出店が可能なほか、日本の商標で販売ができ、有力メーカーや国内のECで実績のある企業などを対象に100社を出店させる方針だそうです。

中国のインターネット販売を手がける企業が注目しているものこそがおむつなどのベビー用品や家電などのデジタル製品。

つまり爆買いされる傾向の高いものです。

国際間の取り引きサイトを持つインターネット販売業者は中国国内に約5000社あり、中国人のインターネットの普及を考慮すれば成長市場としての伸びであるとしてこれに参加したいという日本企業もかなりあります。

中国人のインターネット販売運営に対して日本の力の見せ所

これまでのことから中国人の買い物の仕方として爆買いだけではなくインターネット販売の利用と言うものがあるという事が分かっていただけたと思います。 そしてその状況は日本にとってのビジネスチャンスでもあるのです。 なぜなら実は富裕層の方以外が爆買いの方を好んでするのは中国国内のインターネット販売においての運営に問題があるからです。 例えば消費者保護などを管轄する中国国家工商行政管理総局の発表によると、2014年に受理したインターネット販売に関する苦情は、前年比3倍以上増え、7万7800件に上ったという結果があります。 中国内陸部などでは物流網が整備されておらず、発送してから数カ月経ってようやく消費者の手元に届くケースも散見され、商品の破損や取り違い、中には悪意を持って行われたすり替えもあるとの事です。 日本であったら考えられないことばかりですがそれってつまり中国のインターネット販売でのビジネスチャンスがあるという事ではないでしょうか? 商品からインターネット販売の運営、商品の発送まで日本のところなら大丈夫。 そんな風になって言ったら中国人の日本人への印象も良くなり、利益もしっかりと受け取れる。 爆買いするのに比べて交通費も浮くとなってきたら利用客の増加も充分見込めます。 中国人の買い物の仕方、インターネット販売と言うもの一度調べてみると面白いでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

中国人の買い物の仕方は爆買いだけが全てではない
Reader Rating 1 Vote