お金についての手相占いを信じますか?

お金についての手相占いでも信じる人と信じない人とがいるかもしれません

自分の手相で金運などお金のことを気にする方も多いのではないでしょうか?

日本人でなくても外国などでも手相を気にしている方は多いと聞きます。

場合によっては、手術をして手の平に金運などの運気のよい手相を刻む人もいるというから驚きですが、その気持ちもわかる気がしますね。

金運と手相について

手相占いでまず気にする方が多いのは「生命線」という線の長さで、それが「長いか短いか」で寿命の長さにつながってしまうといったような話です。

もちろん手相の見方でも生命線だけではなくほかにもたくさんの線というのか生まれながらにもった「手の平のシワ」があります。

その長さやかたちがすべて「自分の金運につながってしまう」というのも絶対ではありませんが、何か悩み事があると手の平をじっと見つめてしまうといったような方は多いのではないでしょうか?

どうしても自分の理想の手相になりたいと思っている方は、「自分の手の平にペンで書きこむ」といったような方法もあってとても興味深いものでもありますよね。

そしてその手相を書き込んだ運命を自ら引き寄せて金運が上がり幸福になる、といったような話も聞きます。

理想的な手相に

自分の望む手相を書き込むことで、理想的な運命になれるなんてなんてハッピーなことではないでしょうか?

でも、実際そのように書き込むことができるのでしょうか?

それはただのボールペンでもいいし、縁起をかついて「お金が貯まるように」「財運がありますように」と金色のペンや銀色のペンでも良いと言うことなんです。

金色や銀色は金属のエネルギーを持っていますので、それらが影響することで、きっと願いをかなえてくれるということなんでしょうか?

金や銀は富を象徴する色であってほかの自然な色合いとはすこし違った意味合いがあります。

そのため金を実物で保有することも錬金術として有効に働くといった話もよく耳にすることです。

色合的に太陽の色合いを意味しているので効果が高いといわれていることなんです。

また、銀色も同じような価値があります。

銀色は魔除けの意味があってむかしからドラキュラや狼男のような魔物を避ける魔除けとして使われてきたようです。

同時に純粋で神聖なものとして扱われています。

だから、お金について運命をかけるきっかけをつくるには金色のペンか銀色のペンがおすすめであるということなんですね。

手の平に書くペンは水性ペンであれば、人から見られたくないときにはすぐにさっと水で洗い流すこともできますし・・。

手相の見方 右・左

手相の見方としては右手を見るのか、左手をみるのか、といったようなことがあります。

まず、先天的な運勢を見るには左の手相がそれを示していることが多いので、左手を見ます。

元来持っている運命のようなもので宿命といったような表現をすることがあります。

そして右の手相では生まれたときから自分で切り開いてきた運命といったような後天的なものを見る場合です。

手相は右手と左手を両方見ることでもともとの自分の運勢、または現在の自分の状況とを見ることができるといわれています。

ペンで自分を運命を書き換えたいと思っているのであれば、後天的な運命を書き換える方が得策だということになります。


理想通りの手相の運命に

理想通りの運命に書き換えたいと思っているのであれば、毎日水性ペンで理想通りの運命を書き換えてみるということが大切です。

毎日、毎日書き直すということでその効果も高いようです。

毎日運命を意識していくことで、アンテナも張り巡らすことが可能になり、また手相の運命に導かれるようにならないといけないです。

毎日、毎日書き込むことで、潜在的な意識下に運命のレールを作り出すことができるようになっていけます。

手相の見方として「財運線」や「金運線」と呼ばれる水星丘(小指の下」付近に縦に刻まれている線があります。「

財運線」が明確になればなるほど金銭的な余裕が出てきている証拠となります。

また、「財運線」が複数本になれば商売に対してセンスがあることを示しています。

財運線はどこから

また、「財運線」はどこから生じているかを見ることが大切で、月丘から発した財運線は人からの援助を得ることで財力を得ることを現しています。

直感線から生じた財運線はなんらかの直感的なことで財を得ることを現しています。

月丘は精神的・直感的な事を現す丘で他人からも影響を受けやすいことを現しています。

この丘の発達している方は精神的や内面的な傾向が強く、美術的センスに優れています。

また、直感線は月丘に刻まれる孤形の線で、月丘に刻まれる「まっすぐな線」と解説されることもあります。

この線はある種の直感力に優れた人に対して現れています。

月丘は位置的に縦の線が刻まれにくい部分でもあって、直感線はとても珍しい線ともいえます。

霊的・神的な直感力を現すこともあります。

もし、直感線が運命線へと流れこんでいる場合、持っている直感力が運命に対して大きな影響を与えていることを現しています。

向上線は生命線から上に伸びる線で、これは第2の運命線といえる線になります。

本人が努力をはじめた時期から刻みはじめます。

財運線が複数ある場合

手相では財運線が複数刻まれる場合があります。

1本のみ刻まれる場合には、本業による収入を現しています。

しかし、複数本刻まれる場合には、本業のほか趣味や副業による収入もあります。

また、細かい線が少し刻まれる程度の財運線だと散財を意味する場合もあって注意が必要です。

状況が変わってくると財運線の状態も変わってくる場合が多いです。

財運線は商才や説得力といった意味合いもあって、線の伸び方でもその意味も違ってきます。

例えば小指の下でまっすぐ伸びる財運線のある方は「貯蓄タイプ」の方で、お金をコツコツと蓄えて利益を得るタイプです。

また、小指と薬指の間に伸びる財運線のある方は、「投資運用タイプ」の方で、お金を動かして回転させて利益を得るタイプの方です。

財運線はどこから出発しおても小指の方向に伸びています。

「ザルタイプ」といわれる財運線でも5~10本以上ある方ではお金が出たり入ったりしてお金には困らないが貯まらないタイプの人です。

また、波型になっている財産運のある方は「財獲得までに時間がかかるタイプ」です。

お金が入るのに思わぬ時間がかかるタイプです。

財運線の次に気になるのは、運勢や仕事運を象徴する線で、「運命線」、男性は主に仕事運で女性の場合には、仕事運と家庭運を主に現しています。

女性の場合は運命線が太く刻まれていると仕事を現していて、細かく刻まれることで家庭に入る暗示があります。

運命線は「太く強ければいい」というものではありません。それは太く強い運命線は「働かざるを得ない境遇」に立たされる場合が多いからです。

金運を上げる手相になる為のストレッチ法

金運をつくりあげるための手相とは、まず手の平自体を柔らかくふくよかにしておかなくてはいけません。

お金持ちの手はほとんどの人がやわらかく、ゴムまりのような弾力があります。

宝くじなどでも高額当選者の人はほとんどこのタイプで手が柔らかいそうです。

理想の手相を持つためには、しっかりとマッサージを施すことも大切だということです。

さらに手のストレッチなども加えて太陽線を強化しましょう。

ストレッチは手の平を広げて指を伸ばしたまま閉じ、薬指だけを向こう側に押し出します。

小指と中指をつけて薬指を隠します。

こうすることで太陽線が強調されていきます。

また、財産運を強化するには、手の平を開いた状態から、手の甲を台の上に置いたまま、親指と小指をそのまま台の上につけ、残りの3本の指を直角に立てるようにします。

小指の付け根から財産運がくっきりと見えるようになります。

このストレッチで毎日強化していくことで、だんだんと線が深くなっていきます。

これは意識してイメージを思い描くことの積み重ねです。

金運のイメージは大切

金運を良くしていくには、成功したイメージ持つことが必要です。

また、金運をよくしていくには、努力も必要な場合が多いです。

運が良かったり、悪かったりするというのは一時的なことで、誰にでもその資質があります。

しかし、「頑張っていてもなかなか運が訪れない」と思っているときには「魔がさす」ということは成功者にありません。

また、「気のゆるみ」「不安」というのは、金運にはつながらないことが多いです。

まずは、自分を信じて努力し、よい結果をいつも待つようにすることが大切です。

成功したイメージを持続させることも必要で、宝くじなども買わなければ当たりません。

買い続けることで当選への確率は確かに上がります。

金運を開くためには

金運を開くためには、思いをこめて書き続けることが大切で、毎日何もやらないままに毎日を無駄に過ごしていては何も変わりません。 手をいたわり続けることも大切で、毎日自分の手をこまかく観察することが必要です。 爪の色なども観察することで、身体の疲れや運の停滞を知ることができます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

お金についての手相占いを信じますか?
Reader Rating 1 Vote