お金と思考力の関係正しい「学習」で洞察力をつけよう

正しい「学習」を理解することが、お金に対する「思考力」を養う

「考える」ということについて「考える」機会というのは意外に少ないものです。

一般的に、考えることを「思考」するといいますが、厳密には、一定の結論に達するための筋道や方法を模索する行為であるとも定義されています。

要は、我々の身に起こる様々な事象について、思いをめぐらせる行為であるということだと思います。
 
しかしこの「思考する」ということについて、現代に生きる私達はどれほどの価値を置いているでしょうか?

たとえば私達は日々「お金」についてあれこれと悩んでいますが、「お金」そのものについて深く「思考」するということは滅多にないのではありませんか?
 
そこで今回は「思考力」ということにスポットをあてて、お金との関係を考えてみたいと思います。

ほとんどの人が「思考」に時間を割いていない。

 
かの有名な「金持ち父さん、貧乏父さん」で有名なロバート・キヨサキ氏の名言に「貧乏人はお金を出して負債を買うが、金持ちは資産を買う」という名言があります。
 
とても有名な言葉ですので、自己啓発や投資に関して興味のある人は、聞いたことがあるでしょう。

この言葉は、お金の仕組みについて考えるために深い洞察を与えてくれます。
 
たとえばロバート氏も挙げていますが、住宅は一見「資産」であるように思いがちです。

しかし長い目で見れば、住宅ローンの利子も毎月支払わなければなりませんし、固定資産税などもかかります。

この点、車なども同様であり、そういう意味でこれらは「負債」としての性質を有しているといえます。

祈願の一戸建てを購入して「資産」だと喜んでいたものの、毎月の支払いが家計を圧迫し続ける、などという状況になってしまうわけです。
 
では逆に、彼のいう「資産」とは何でしょうか?

端的に言えば、長期的に見て自らに「キャッシュをもたらしてくれるもの」が資産であると彼は定義しています。

自らの所有するビジネスや利回りのよい株式などのポートフォリオ、あるいは「投資用の」不動産などが例として挙げられます。

貧乏な人が、長期的に自らの首を絞めるものを資産であると考えるのに対して、金持ちはこういった「豊かさを継続的にもたらす」ものこそが、真の資産だと考えているというわけです。
 
この名言が非常に示唆的で面白いのは、「お金」という概念に対して「時間」という新しい評価軸を入れたということだと思います。

たいていの人は、お金といえば働いて得るもので、毎月ポケットから諸々の支払いに応じて出て行ってしまうものとという程度の認識しかありません。

そして「働く」といえば、毎日疲れを引き摺りながら通勤して、嫌な人間関係に耐えながら・・・などというネガティブな印象をもたれがちです。
 
このように「お金」は「お金」だと割り切って、それ以上を考えようとしなければ、ロバート氏のような発想はなかなか出てきません。

彼は幼い頃から「お金」に興味をもち、それについて考え続けてきたからこそこのような発想が生まれたのだと思います。

その結果、彼は世界でも有数のお金持ちになりました。 
 
このように何かひとつの対象について考え続けることは、その分野のエキスパートになるために必要なだけでなく、脳の活性化に繋がります。

たとえば世の中のお金の流れに関する仕組みを考えることは、脳にとっても非常にプラスになるし、自らの成功にとって欠かせないプロセスであるといっても過言ではありません。
 
しかし残念なことに、ほとんどの人がロバート氏のようにお金について考えるという習慣をもっていませんし、そもそも「思考する」ということに時間を割いてすらいない状況なのです。

お金に関して考えることは、思考力をはじめ様々な能力が高まる 

 
人間のもつ能力は一つではないということは、何十年も前から言われてきたことです。
 
たとえば、一昔前に「EQ」という概念が流行したことがあります。

心理学者のダニエル・ゴールマンが提唱した「心のIQ」ともいわれる指標です。

「IQ」がいわゆる学歴エリート達が有する代表的な能力の指標であるのに対して、「EQ」は他人を慮ったり、自らの感情を上手くコントロールするなど、主に対人コミュニケーションにおける円滑化に有効な能力であるとされています。
 
よく言われることですが、一般的にお金持ちはこのEQが非常に発達した人が多いのです。

お金持ちの中には学歴に恵まれなかった人も多くいますし、幼い頃に激しい貧困に苦しんできた人や五体満足ですらない人もいます。

しかし平均してEQの値が高いことがわかっています。サム・ウォルトン然り、グレン・カーチス然りです。
 
我が国では松下幸之助さんなどはその典型であると思います。

現在、日本でもっとも有名ともいえるお金持ちである斎藤一人さんは中学校しか出ていませんが、飛び抜けて高いEQをお持ちであると思います。
 
そして同時に「思考力」が抜群に高いのです。

実は、お金持ちの中にはこのEQの値が低かったり、対人関係において若干難があるのではないかと思われるような人もいたりしますが、「思考力」がないという人はいません。

ちなみにIQ=思考力と思われがちですが、IQは一つの事柄をどれだけ覚えているかという記憶力などにも大きく左右されるため、IQの値が高く、よい大学を出ているからといって必ずしも思考力が高いとはいえません。
 
お金持ちになる人は「どうすれば豊かになれるのか」あるいは「お金はどう流れるのか」ということを考え続けてきました。

それに付随するように様々な能力が発達してきたといえます。

自らを豊かにするために何が必要なのか?

そのためにはどういう行動が必要か?あるいは豊かになるために、最も自分を生かすことの出来るフィールドは何か?

など、場合によっては寝食すらも忘れて考え続けてきました。

人間が持つ様々な能力の指標において、思考力は最も基本となる能力であると同時に、他の能力を伸ばすための原動力ともいえる力なのです。
 
そんな思考力を伸ばすために重要なのは、自らの思考に「ロック」をかけないようにすることです。

それが第一歩といっても過言ではありません。

 

思考停止は最大の敵である。

 
よく、あの人は「思考停止している」などといいますが、別の表現を用いるならば「脳の筋肉が白旗を挙げて」いる状態といえるでしょう。

ウエイトトレーニングでいえば、ウエイトを支えきれずに落としてしまったようなものです。
 
そのような状態に陥ると、人間は既に頭の中にある主張や結論だけを繰り返すようになりがちです。

たとえば「人権を守れ」とか「日本はハイパーインフレになる」とかある種の政治的・経済的な主張にそのような傾向が見られることが多いです。

「人権」にしても「ハイパーインフレ」にしても、そのときの状況や、言葉の使用される文脈によって印象も善し悪しも変わるものですが、なかには言葉の定義すらよく知らないにも拘らず、お経のように繰り返し言い続けるような人もいます。

 特に「お金」に関してネガティブな印象しか持たない人は、「お金=汚いもの」とか「お金=苦痛を伴うもの」というような考え方を前提とした発言をし続けます。

これは思考停止の典型例なのです。
 
さらに悲劇なのは、そういう人々が団結して一定の勢力をもってしまった場合です。

そうなると論理(正しい思考の筋道)ではなく、単なる印象操作が目的化してしまうことになり、周囲に思考停止の「同調圧力」を撒き散らす結果になってしまいます。
 
そんな困った状況を打破するために、一人ひとりが正しいプロセスで考え続けることが重要となるのです。

身近な例でいえば、いわゆる「説明本」や「ノウハウ本」を鵜呑みにするだけではなく、事実を元にして自らが論理的に物事を考えるようにすることです。
 
人間の脳は、適切な環境をつくり、正しく使うことによって初めて正しく機能していきます。

特に「お金」という我々の幸せに直結するテーマについては、正しい学習による深い洞察が必要とされるのです。  
 
では、いかにしてその「学習」をしていけばいいのでしょうか?
 

重要なのは好奇心旺盛であること。好奇心は思考力の礎となる。

 
人は、意識すればあらゆる事象から学ぶことができます。

様々な事柄から学びながら、脳にネットワークをつくりあげていくことによって、自分自身を成長させていくことができます。

そういうプロセスを「学習」といいます。
 
「学習」とは単純により多くの情報を収集するということではありません。

盲目的に新しい情報や事実、ノウハウなどを頭に詰め込むことは学習とはいいません。

では本当の学習とは何でしょうか?
 
それは新たな情報との間に「関連性」を見出すということです。

以前学んだことと、今現在知った情報との間に関連性を見出し、自分の「目的」にどう関係してくるのか、どのようにすれば自らの人生に生かせるのかを考えるようになって初めて「学んだ」といえるのです。

場合によっては、それを元に「行動」してはじめて学んだといえるのだという人もいます。

先に挙げた自らの思考にロックをかけないということは「学習」するための大前提であるといえます。
 
そして重要なのは自らの「目的」を明確にしておくことです。
 
ちょっと前まで、「雑学王」なる人々が登場するテレビ番組があったりしました。

クイズ番組などで様々なジャンルから問題が出され、その全てに華麗に答えてみせることで視聴者を惹きつけていた人々です。
 
彼らは様々な情報を「知っていること自体」に価値を見出し、テレビという市場がそれを認めたために「雑学」が価値を持った例といっていいでしょう。

彼らは雑学に市場価値を持たせることを「目的」としていたために成功できたともいえるのです。
 
しかし我々のような一般人は、そのような種種雑多な情報を知っているというだけでは意味がありませんし、「雑学王」にしても、単に多くの情報を知っているだけで何も考えなければその先の成功はありませんでした。
 
情報は「学び」に変えることで初めて価値をもちます。正しい学びを得るためには「正しく考える」ことが必要です。

そして「正しく考える」ためには、しっかりとした「目的」をもったうえで「思考し続けること」が必要なのです。

これは物事を適切に、より深く考えられるようになるためにも重要なことです。

脳は思考することによってのみ鍛えられます。

その点は他の筋肉などと同様です。

ある程度の負荷をかけて鍛え続けるしか方法はありません。
 
そしてあらゆることに好奇心をもって取り組むことです。

成功者には好奇心旺盛な人物が多くいます。

多くの成功者の好奇心旺盛さを語ったエピソードは枚挙に暇がありません。
 
明確な目的をもって、好奇心旺盛に取り組むこと。

そしてそれによって得た結果を分析するために思考し続けること。これが何より重要です。

お金に関する学習計画を立て、集中して取り組もう。

 
効果的な学習をするための一つの例として、学習をひとつの「プロジェクト」とみなすことがお勧めです。

よく「プロジェクトマネジメント」なんて用語が使われますが、自分自身をプロジェクトマネージャーとして、自らの学習プロセスを管理していくのです。
 
何か達成したい目標があるならば、それを達成するためのステップは何か?

そのステップに至るまで、どのような歩みが必要か?進捗状況の確認方法は?など、考えるべきことは多岐にわたります。
 
そうすると、やがて自らの思考における「弱み」がみつかる筈です。

そうなったら、さらにその「弱み」を考慮しながら学習計画を立てることが重要となります。
 
そして学習の過程で重要なのは「集中力」を発揮することです。

目下の作業に集中することはあらゆる学習の強化に必須といえます。

深い集中を実現することで、より多くのことを学ぶことができます。

逆にいえば、集中を散漫にすることは学習にとって大きなマイナスとなってしまいます。

そしてたいていの場合、それは他人に原因があるというよりは、むしろ自分自身が目下の作業と全く関係のない事象を意識に上らせることによって、集中力の欠如が生じていることが多いです。
 
自分自身に負けないためには、集中が必要な作業の前に、頭の中をクリアにすることが大切です。

特に何か気になることがある場合は、それを早々と済ませてしまったり、概要をリストなどで確認できるようにしておくなどすることが、効果的な学習にとってとてもプラスになります。
 
最後に、学習する際には「バイアス」に気をつけなければいけません。

認知の歪みや偏りを「バイアス」といいます。たとえば自分の嫌いな人間に正論を言われると、人は素直に受け入れることが難しいといわれます。

たいていの人はそのような経験があるのではないでしょうか。
 
これは思考にバイアスがかかっている状態といえます。
 
「誰に言われたか」ではなく、「何を言われたのか」に集中する必要があります。

特に「お金」というネガティブな印象をもたれがちなテーマについて「学習」する場合には、どのような言葉にも盲目的に迎合してしまわないように、やはり自分なりの目的をもった正しい思考をすることが必要なのです。

テレビを消して、ネットを閉じて「考え」よう

  情報化社会といわれて久しい我々の社会ですが、それだけに自分ひとりで深く物事を考えるという機会が失われがちです。 一説には、世の中に情報が溢れれば溢れるほど、我々の考える力が弱っていくといわれています。 溢れる「無駄な」情報に踊らされないためにも、日頃から自分自身で深く考える時間をもつことが重要です。 場合によっては、一切の情報を遮断するという措置も必要となります。 静かで落ち着ける環境で、正しい「学習」をすることを習慣にしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

お金と思考力の関係正しい「学習」で洞察力をつけよう
Reader Rating 3 Votes