マイホームの購入はうちには無理かもと諦めてはいませんか?

shutterstock_74523280 (1)

多くの人が憧れるマイホームの購入で、まずは何を検討すべきかを考えてみましょう!

マイホームを購入するというのは、言ってみれば人生の中での最も大きな決断を必要とする大きな買い物ではないでしょうか?

それだけに、「うちの収入や予算では無理だろう」とか、「一生借金を背負うような気がして怖い」といった理由から、なかなか踏み出せない人が多いようです。

確かに銀行から大金を借りるわけですから、それは借金であり、借金であるからには返済する義務はあります。

しかし、物は考えようと言うではありませんか。

様々な条件を考える前に、まずは意識を変えてみることから始めましょう!

住居に掛かるお金に対する考え方をポジティブに!

人が暮らしていくには、賃貸住宅であってもマイホームであっても、必ず住まいが必要になります。

ということは、必ず住居に掛かるお金が必要ということでもあります。

これをポジティブに考えてみようということなのです。

賃貸住宅にお住いのみなさんは、当然、毎月家賃を支払っています。

調べてみると、日本人の平均的な家賃の支払額は首都圏東京で9万円、大阪で7万円前後となっています。

毎月それだけの家賃を払っていることになりますが、それを一生払い続けると総額いくらになるでしょう?

それだけのお金があったら、住宅ローンの支払い、出来ますよね?

更にポジティブに考えるなら、マイホームを購入した場合のメリットも考えてみましょう!

賃貸住宅の場合、毎月毎月家賃を払い続けても、ただそこに住めるというだけです。

また、家主が契約を打ち切ると言い出せば出ていかなくてはなりません。

しかし、マイホームを購入した場合、毎月返済をきちんと続けていけば、それだけ少しずつでも家が自分の物になっていくのです。

資産となるのです。

また、ペットを飼うのも自由ですし、リフォームだって気分次第で自由に出来ます。

だって、自分の家なんですから。

賃貸住宅はあくまで借家です。

マイホームではないのです!

このように考え方をポジティブに変えることが出来たら次は、マイホームを購入するために必要な検討事項をまとめてみましょう!

マイホーム購入のために必要な知識や事柄について調べてみました!

考え方をポジティブに出来たからといっても、ここからは少し慎重さも必要になります。

賃貸住宅なら先立つ物(お金)は特に必要ありません。

強いて言うなら「敷金・礼金・引っ越し代」くらいでしょうか。

しかし、マイホームを購入するには「頭金」も含めて、一度に数千万円規模の大金が必要になります。

今は頭金なしでも住宅ローンを組むことが出来る銀行もたくさんあります。

ただ、頭金がいくらかでもあった方が後の支払いが多少軽減されることは覚えておきましょう。

まず考えるべきは、毎月のローン返済に無理のない金額はいくらかを検討することです。

自分の収入から考えて、毎月これくらいなら家計を圧迫せず、間違いなく支払えるという金額を算出するのです。

次に立地。

いくら支払い能力の範囲でマイホームを購入しても、例えば職場や学校、駅に遠くて不便というのではそっちの方にお金が掛かってしまうかも知れません。

ただ、駅に近いなど、利便性の高い立地の物件はそれなりに高額になってきます。

ですから、ここまでなら大丈夫だろうという目安となる地域を検討しておきます。

次に重要なのが銀行の融資条件の検討です。住宅ローンは銀行にとって「金融商品」という位置づけですから、各銀行によって微妙に条件が異なります。

まだ、物件を決めていなくても、事前に最寄りの銀行に足を運び、それぞれの銀行の住宅ローンについて調べておくくらいの手間は惜しまず掛けておくべきです。

ここまで来れば、仕上げは信頼できる仲介業者や不動産会社を探します。

中には掘り出し物の物件を持っている業者もあるようで、住宅ローンを申請する際にもかなり力になってくれます。

物件が決まったら行動は慎重、かつ迅速に!

マイホームを購入する時、事の重大さに慎重になり過ぎるのは考えものです。

確かにとても大きな買い物ですから、慎重になるのは無理からぬことです。

でも、こういう場合、ある程度、勢いというものも必要になります。

慎重になり過ぎると、せっかくポジティブになっていた考え方も、デメリットばかりが頭に浮かんできて、ネガティブになりやすいのです。

慎重になるべきは、これまでに述べた住宅ローンに関するものと、物件選びまでと言って良いでしょう。

そこまで慎重に検討を進めてきたのですから、後は物件探しと物件選びです。

そこで気に入った物件が見つかったのなら、迅速に行動しましょう!

自分が納得した不動産業者に物件を案内してもらい、自分の目でしっかり見て納得することも大切ですし、その物件が気に入ったならしっかり説明も受けましょう。

その際には今一度、じっくり検討するという慎重さは必要ですが、「よし!気に入った!!」となったら、そこからは迅速に行動した方が良いでしょう。

銀行の融資審査は不動産業者の方が熟知しているので、任せるところはしっかり任せる!!

マイホーム購入に関しては、不動産業者はプロです。しかも、自社物件は一軒でも多く売りたいのです。

「自分の収入で審査が通るだろうか?」、「自分の仕事(職種)でも審査は通るだろうか?」という不安はこの最後の難関で最大に大きくなってしまいます。

確かにこういった金融・融資の場合、生命保険同様、契約者の職種が問題になることがあります。

しかし、よほど特殊な職業に就いている場合を除いて、ある程度は不動産業者に任せていれば審査を通ることが多いようです。

自分の職種に対する心配(不信感)を気にして尻込みする前に、不動産業者に相談しておくのも良いでしょう。

いよいよ銀行で融資(住宅ローン)の手続きをするところまで進んだら、そこからは今一度慎重になりましょう。なにしろ大金の取引になるのですから!

夢のマイホーム購入は諦める前にまず行動!!

マイホームを購入するには慎重さも必要ですが、大胆さも必要であることがお分かり頂けたと思います。 とはいえ、毎月決まった金額を、決まった期日に支払わなければいけません。 それは賃貸住宅の家賃と同じですが、平均30~35年というローン返済が続くわけですから、少しでも頭金があった方が有利ですし、余裕があるなら毎月の支払額を高めに設定するであるとか、繰り越し返済で返済期間を短くすることも常に考えておく方が良いでしょう。 今までマイホームの購入を諦めていた方!これを機会に前向きに検討されてはいかがでしょう? 決して夢ではないんだというポジティブさがあれば、マイホーム購入は夢ではなくなるかも知れませんよ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

マイホームの購入はうちには無理かもと諦めてはいませんか?
Reader Rating 1 Vote