日本の新たな可能性MUFGコイン

shutterstock_365683913 (1)

日本の銀行による仮想通貨の開発始まる

MUFGコインと言うものに聞き覚えはありますか?

その名前に「コイン」とついている事からなんとなく想像した方も多いと思いますがこれは仮想通貨です。


正確に言うと現在「三菱東京UFJ銀行」が独自で開発を進めていることが分かった仮想通貨です。

こうした銀行が本腰を入れて開発している仮想通貨と言うものは海外でも、アメリカでも大手のシティバンク銀行くらいで注目が集まっています。

このMUFGコインと言う仮想通貨はITを活用した新しい金融サービス「フィンテック」の一つの機能で、実用化されれば、金融取引などの管理にかかる費用を大幅に節約し、国際送金や振り込みの手数料を安くできるというもので、今後の進展に期待の声が上がっています。

この仮想通貨MUFGコインは昨秋から開発に着手し、スマートフォンに取り込むアプリケーションの試作品がほぼ完成。

スマホによるコインのやり取りを検証し、銀行が手がける仮想通貨にふさわしい仕組みを研究中との事で、ほとんどの銀行が銀行を通るすべての金融取引のデータを行内の大型コンピューターで管理し、システム投資に多額の費用をかけている中に革新を起こすと言われています。

このMUFGコインは、複数の小型コンピューターのネットワーク上に、改ざんされにくい「取引記録の台帳」を安く構築できる「ビットコイン」で有名となった「ブロックチェーン」と呼ばれる技術を活用することで大型コンピューターを介する必要がなくなるため、システム投資を大幅に抑えられると言われています。

これまで世界中で開発され利用されてもいた仮想通貨と言うものへいよいよ日本も参戦していくわけですが、日本で仮想通貨と言うとどうしてもあまり良くないイメージがあり、これがどうにも素晴らしいことと思えない人も多いでしょう。

そこで今回はこのMUFGコインと言うもののこれからの可能性を知ってもらうため仮想通貨と言うものを説明し、これからの時代の仮想通貨の利用が起こすと考えられる影響を考察し、このMUFGコインの可能性について述べさせていただきます。

仮想通貨とは?

日本で仮想通貨と聞いたら多くの人が思い浮かべるのはやはりビットコインでしょう。

そこでまず、ビットコインが仮想ではあれど「通貨」と言われるようになったところまでのお話をします。

ビットコインとは、2010年ごろから流通している最初期の仮想通貨です。

当時はそもそも通貨と意識されておらず、所謂クーポンとして使えもする特典や結果を出した時にもらえる勲章のようなものとして作られたものだったと言います。

しかし「物と交換したりサービスが受けられる」と言う点では通貨としての側面を既に持っていました。

そして発行する数の制限がされていたことと、勲章のようなものであったと言う希少性、そしてその実体を持たないデータ上のみの存在であると言う利便性が相まって通貨と交換してでも欲しがる人が多く出ました。

そしていつしかまるで通貨のようにこのビットコインと引き換えに様々なものやサービスを手に入れることが出来るようになりました。

ようはこのように通貨と一般的に略して呼ばれる法定通貨と同じように物と交換したりサービスが受けられる電子データが仮想通貨という事ができるものです。

そしてまた仮想通貨にはこうして登場した背景により普通の通貨とは違ってとある特徴を持っている事が多いです。

それは価値が急速に変動するという所。

例えばビットコインは多くの人が手に入れたいという思いから登場からたったの4年ほどでその価値はなんと10万倍にもなりました。

その急激な価値の上昇に気付いた人たちは更にこのビットコインを求めるようになっていきます。

するとまるでオークションの商品の如くこのビットコインを手に入れるために必要なものやサービスあるいは現金の量が必要となり、更に価値が上がりました。

勿論ただ価値が上がり続けるだけなら誰だってこのビットコインの方を欲しがるでしょうが価値の管理と保障を国ではなくて、企業がするがゆえに起こる問題もあります。

保証する企業がなくなる、もしくはその保障している企業が信用を失いその仮想通貨の取り扱いを認めない企業が増えると「通貨」として使うことが出来なくなることにあります。

このように仮想通貨と言うものは「通貨のようになんとでも交換できる電子データ」であり特徴として「価値の変動が急激に起こるもの」という事が言えるでしょう。

仮想通貨の持つ可能性

仮想通貨と言うものがなんとなくどんなものだか理解していただけたと思うので次はこれを使うことによってどんな影響が起こるのかという事についてのお話です。

最初に挙げられるのがもう日本でも多くの人が使っている電子マネーと同じような利便性により、利用可能なお店さえあればこちらが利用されることになるだろうという事が言えます。

スマートフォンを誰もが持ち歩いて使う時代ですから、仮想通貨で大概のものが買えるようにさえなればスマートフォンで仮想通貨と言う電子データをいつでもどこでも操作することが出来るので、財布やカードケースは無用の長物となります。

重量どころか質量もなく、どこからでもアクセスさえできたら操作可能と言う電子データ、お釣りで発生する小銭すら要らないのでちょっとした外出の際はむしろスマートフォン一つあれば事足りるようにさえもなります。

更に言うならあくまでデータ上のものでしかないのでそれを記録している媒体を紛失したり盗難されてもデータさえコントロールされなければ自身の損失になることがない事が言えます。

パスワードや認証キーさえしっかりとしておくことが出来たならこれほど安全なセキュリティもないため今以上に個人情報についてシビアな社会になっていくでしょう。

そして何より国がその価値を保障しているわけではないので両替や換金の手間なくそのまま世界共通で使えて手数料と言うものが存在しなくなります。

価値の変動があるのでメリットばかりと言う分けではありませんが、インフレやデフレによって法定通貨でさえも結局その価値の変動が起こり、時には税金でとんでもない金額を持っていかれるわけですからどっちもどっちと言えるかもしれません。

そしてそうしたメリットがあるため人が欲しがるようになった仮想通貨を提供している企業と言うのは力をつけることが出来ます。

仮想通貨MUFGコインに秘められた可能性

仮想通貨と言うものが人々に欲しがられるようになるという事は簡単に考えただけでも3つの利点があります。

1つは当然多くの人が現金と引き換えにしてそれを手に入れようとするためにお金を集めることが出来るようになります。

そして多くの人に求められるようになる要因としてビットコインのところでは希少価値と利便性の面を取り上げましたがそればかりでは勿論ないです。

仮想通貨の価値を保障する企業に対する信頼性や、仮想通貨と言うお金に変わるものを管理するシステムに対する信頼と言うものもまた求められる要因となります。

なので多くの人に求められ、多くの人が利用する仮想通貨を提供しているところと言う企業はそれだけ信頼を得ることが出来る企業となっていくことが利点としてあげることが出来ます。

更に言うなら信用と言う企業が最も得がたく失いやすい上に、存続に関る大事なものが仮想通貨で獲得できると言うのはかなり大きなことです。

なぜなら仮想通貨は法定通貨と違って簡単に世界の枠を超えて流通する可能性のあるものであり、その影響力の広がり方が直ぐに世界規模で起こるという事にもなるからです。

仮想通貨が世界に認められることになったのならばその企業の知名度も信頼もまた一気に世界に広がることになるのです。

そのため提供する仮想通貨が多くの人に求められるようになった企業と言うのはその時点で世界に誇る技術があると評価されたことになるのです。

お金、信頼、そして世界基準と言う評価。

この三つが獲得できる可能性を持っているのが仮想通貨と言うものであり、日本のMUFGコインと言うものはそれらを獲得することの出来る可能性を秘めたものだと言えるでしょう。
 

これからの日本は技術で世界と戦えるかが鍵となる

仮想通貨MUFGコインと言うものがどれほどの可能性を秘めているかを理解していただけたでしょうか? 今後の日本は輸出で世界に挑戦していくと言う方針が見えてはいるもののそもそもなにを輸出して行くのかが一番効果的なのかが見えてこない現状です。 輸出するモノとして、こうした形のないもの、資源を必要としないものなら資源小国である日本にとってもハンデにはなりません。 また技術の高さが認められたとしたならば、それに関連するものに対しても信用を勝ち取ることが出来て、それもまた売れるようになるでしょう。 何か一つの形あるモノではそれが必要とされなくなったらそこまでなところはありますが、電子データの管理や技術と言ったものに関してはこれからの社会で不要となることなどありえないでしょう。 仮想通貨MUFGコインはそうした評価を勝ち取ることが出来る可能性を秘めている日本の新たな武器となりえます。 可能な限り良いものとして完成してくれることに期待してしまうのは恐らく私だけではないでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

日本の新たな可能性MUFGコイン
Reader Rating 3 Votes