知っておきたい電力自由化の裏事情と家計節約のポイント

shutterstock_223730614

電力自由化がスタート!節約のチャンスです!!

いよいよ2016年4月1日から始まる家庭向け小売り電力の電力自由化まで、あとわずか。

皆さんの家庭では、電気代などの家計の節約の準備を進めていますか?

「電力自由化」とは、多くの企業が電力市場に参入し、消費者である私たちが自由に契約する会社を選択できるようになる規制緩和をいいます。

電力自由化は私たちが毎月負担している電気代を節約する、貴重なチャンスです。

「4月までまだ間があるから…」なんて思わないで、動きに乗り遅れずにチャンスをつかみましょう。

電力自由化で家計の節約方法はどう変わる?

毎月の電気代の明細を眺めて、「電気代、高いなあ…」とため息が出てしまった人は多いのではないでしょうか。

これまで日本では東京電力などの電力10社のみが電気を発電・供給を独占していて、私たちは地域ごとに決められた電力会社からしか電気を買うことができませんでした。

電力会社が値上げをすれば、私たちはそれを拒否することはできず、高い電気代でも家計からお金を支払うしかなかったのです。

ですが、これからはちがいます。

いま全体で20兆円を超えるといわれている電力市場には、新たな新電力会社がどんどん参入を始めていて、私たちは今後どの地域に住んでいても、自由に契約する電力会社を選ぶことができるようになります。

一度契約した会社の電気料金やサービスに不満があれば、自由に他の会社に乗り換えることだってできるようになります。

今までは電気代の節約といったら「節電」、無理に電気を使うのをやめるといった節約方法しかありませんでしたが、これからは各電力会社の電気料金やサービスを比較して、自分た

ちのライフスタイルにあったお得な電力会社を選ぶことが、一番の節約方法になるのです。

電力自由化がすすめられる背景

電気は私たちの生活の必需品で、水道やガスなどと同じ重要なインフラの一つです。

そのため電力市場は国によって厳しく規制されていて、これまでは新規企業の参入が許されていませんでした。

これは電気を一定の金額で広く安定して各家庭に供給するために必要なことではありましたが、その反面電力市場では競争が起きないために電気料金が高止まりの一方で、社会全体の経済の停滞につながっているという面がありました。

電力市場に多くの企業を参入させて、競争原理によって市場を活性化させることは、消費者意識を刺激する、とても重要な意味をになっているのです。

1993年代に電力やガスなどのエネルギーに関する規制緩和の提言が始まり、国や企業、私たち国民を合わせてさまざまな検討を重ねて、市場に混乱を招かずに段階的に電力自由化を進めていくことが決まった背景には、このような裏事情があったのです。

電力自由化の第一歩は、1995年に発電事業へ新規企業の参入が認められた、発電の自由化から始まります。

その後1999年に大規模工場やデパートなどの大規模企業へ特定規模電気事業者による電気供給が始まり、2003年には卸電力取引所が創設されて中規模企業への小売り電力の自由化が始まりました。

2016年4月に始まる家庭の小売り電力の自由化は電力自由化の集大成で、ようやく私たち一般家庭の電力自由化がスタートするのです。

 

電力自由化後の家計の節約のポイント

電力自由化は2016年4月1日からですが、先行申し込みは1月から始まっています。 電力自由化はこれまでになかったインフラの変革で、スタートをきっても市場がどのような方向に向かうのかは予測が出来ず、新電力会社にしてもこの先長く安全に電気を安定して供給できるかどうかどうかはわかりません。 節約に失敗しないために目先の金額の安さに惑わされず、サービスの内容などを考慮しながら、次の点をしっかり確認しましょう。
  • 電気料金はいくらか?
  • 企業の経営に問題はなく、信頼性はあるのか?
  • どのような発電方法で、どれぐらいの発電規模があるのか?
  • 季節や天気によらず、安定して電気が供給できるのか?
  • 今後の値上げの可能性はあるのか?
  • サービスやサポートが充実しているのか?
  • 契約料金や他会社への切替料金が発生するのか?
  • 契約によって工事費などの付加料金の発生はあるのか?
  • かといって多くの会社のさまざまな料金プランを比較することは、骨が折れることかもしれません。 そんな時には「エネチェンジ」に代表されるような、電気料金比較サイトを活用することをオススメします。 このような企業のサイトでは、家庭の電気使用状況を分析して最適なプランをマッチングしてくれますので、忙しい人でも気軽に電気代の節約効果をあげることができます。 従来の電力会社との契約の切り替えは、新しく契約する電力会社への申し込みだけでOKですし、インターネット上でも簡単に申し込み手続きができるようになりますので、賢く電力会社とプランを選び、家計の節約をしていきましょう。

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

    知っておきたい電力自由化の裏事情と家計節約のポイント
    Reader Rating 2 Votes