国が私達にしてくれるサービス手当金

shutterstock_317573531 (1)

手当金を貰っていますか?

手当金と言う言葉を耳にしたことはありませんか?

例えば怪我や病気になってしまった時にもらえる傷病手当金。

健康保険法などを根拠に、健康保険、各種共済組合などの被保険者が疾病または負傷により業務に就くことが出来ない場合に、療養中の生活保障として支給する制度です。

子どもにかかる生活費を支援する制度としてもらえる児童手当金などはニュースでも話題になったのでより耳にした事があるかもしれませんね。

こうした手当金と言うものが実は日本にはいくつもあります。

勿論子供がいない家庭や怪我や病気で困っている方だけがもらえるという訳でもなく、失業により生活がままならなくなった方や家を買った人にでもこうした手当金と言うのはもらえるものです。

しかし勿論国が国民一人一人の一挙手一投足を気にしていられるはずもなく、そうした手当金は全て条件を満たした上で自己申告をして初めてもらえるものであり、多くの人はその存在を知らないままにもらえる機会を失っています。

今まで大人になるまでにそうしたことを教わった記憶がある人だって恐らく多くはないでしょう。

法学部の大学を出た方にだってそれは同じ事が言えます。

国からしたらどちらかと言うと払いたいものではないためにそれは勿論当然の事ですが、だからといって国に対して文句を言っていたところでどうにもなるものではありません。

今後マイナンバーによる国民に対する国の管理が始まりますが勿論こうした国からすれば払いたくないものに関して親切になるかと言われたのならそうではない可能性が高いです。

だからこそ、本当に困っている、少しでも楽に生活を送りたい、そうした思いがあるのであれば自分でそうした国が私達にしてくれるサービス手当金と言うものに関心を持ち調べていかなくてはいけません。

そこで今回は手当金と言うものについて説明し、具体的な手当金をいくつか取り上げ、手当金を貰うことに本当に必要物とは何かを考察します。

手当金とは?

手当金とは国や地方自治体による私達への福利厚生サービスの一環であり、簡単に言ってしまえば本当に困った人への救済処置に使うためのお金だと言えます。

最も今の日本にそうした本当に困っている人と言うのは少なくもない訳ですが、そうした人を敢えて探してまでサービスを行えと言うのはいくらなんでも我侭と言うもの。

こうした手当金と言うもの、実はなんと100種類以上もあり、けっこうな数の人がそのどれかには当て嵌まることになるのです。

勿論誰も彼もが手当金を求めだしたら国や地方自治体だって困り果てますので、あくまで自分で申請するだけの意欲を持った人に関してのものです。

しかし逆を言うなら、困っている人であったら自分で調べて申請することさえしてしまえば簡単にこの手当金と言うものは手に入れることが出来るのです。

困った人に対して渡す手当金ですから当然その額もけっこうなもので、例えば出産育児一時金と言う手当金は子ども一人を出産することで42万円ももらえる手当金です。

出産後2年が経過するともらえなくなりますが動けるようになるまでに2年と言う期間が短すぎるという事もないでしょう。

子供も家族もいない人でも臨時福祉給付金と言うものの対象になる可能性があります。

この臨時福祉給付金と言う手当金は住民税を支払っていない人に6000円を支給するという手当金です。

自分も家族も住民税が払えておらず、かつ生活保護を受けていない人であったら10ヶ月の間6000円をもらえますので国から全部で6万円がいただけるという訳ですね。

怪我や病気に関しても特定の者になったとすると実はそれごとに分けての手当金と言うものが存在しています。

国は私達に何もしてくれないのに税金だけは取っていく、と言うようなことを大きな声で言う方も結構見かけますが、そうした人たちの中にもこうした国や地方自治体による手当金の条件を満たしていると言う人も多く、国からしたら「ちゃんと調べろ」と言う話な事も実は意外と多いです。

手当金の目的とは?

残念な事にこの手当金の目的と言うものを勘違いしている方もいます。

「自分で調べて申請しないといけないなんて、不親切だ」と文句をつける人たちです。

手当金の目的を少しもう一度考えて見ましょう。

これはあくまで、困っている人のための「救済」措置です。

一から十まで面倒を見るのが本当に「救済」と言えるのでしょうか?

逆に生涯的にそうした援助が必要な方は殆どこの手当金を始めとする国屋地方自治体による福利厚生サービスを大体受けていらっしゃいます。

そうしないと本当に生活することが出来ない人が多いからです。

余裕がない方に対して余裕を作ってあげる助けをしてあげること、そして場合によってはいずれは自分で余裕を作れるようになってもらう。

これが手当金と言うものが支給される目的の「救済」と言うもので、調べて申請しなくても何とかやっていけるのであれば寧ろ自分で余裕を作るべきであるという訳です。

言われなくてもそうしている人が多いというのは正直まだ日本と言う国に希望があるという事でもあり、もし調べることも普通の人では出来ないとなってきたのであればより深刻な問題です。

民主主義国家であり、情報化社会に生きる私達に最低限求められることとは自分の事は自分でなんとかすることであり、そうした自覚を持つことが出来て、それができないと言う人こそを助けたいと言うのは良く考えたら当たり前の事。

手当金の目的とはそうした国民に対する「生きていける」ようにすることであると考える事ができます。

年金問題も、マイナス金利も、国会議員の給料に関しても、自分の今の生活が苦しいのも、全部まとめて国が悪い、自分は悪くない。

もし本当にそう思っているのであれば恐らくどんなに恵まれた環境化にあろうとも「生かされている」事は出来ても「生きていける」人ではないのです。

困ったときは手当金を貰おう

さて、少し手当金に関してもらうのは良く無いと言う印象を抱かせてしまった可能性もありますが、困っているときにまで手当金を貰うことを我慢する全く必要はありません。

そうした時のためにこそ私たちは税金を払っているのですから必要である時もらうと言うのは恥でも何でもありません。

提供してくれる手当金の種類は100を越えると先程触れたように、自分が今困っていると言う状況であったら、まず手当金がもらえないかを調べてみることをオススメします。

インターネットでもこうして手当金について紹介している人も今では多いですし、市区町村役場で相談すると必要なものやもらえる可能性のある給付金について教えてくれます。

また多くの手当金と言うものは大概それに関連したところでの申請をすることでもらえるのでどうしたらいいか全く分からないという事も殆どありません。

例えば失業、就職関連の手当金に関してであればハローワーク、労災であれば労働基準監督署などそうしたところで手続きについての確認もしっかり出来ます。

つまりどんな手当金が存在するかを知ることが出来て、自分がその条件を満たしていたのであれば、殆どの場合そこまでたどり着けたなら貰うことが出来るということです。

手当金を貰うために必要なのは自分で調べる意思と行動だけともいう事ができます。
 

手当金を貰得る人は立ち直れる可能性が高い人

これまで手当金と言うものについて色々と書かせていただきましたが、結論として言えることは今の世の中において給付金をもらうことが出来る人は立ち直ることが出来る可能性が高い人であるという事が言えます。 確かに今の日本の経済状況は良いとは言えませんが、それでも生活を向上させている人たちと言う方はいないわけではありません。 そうした人たちに共通することの一つが情報をちゃんと取り入れている事。 手当金とはその存在を知るまでが最も難しいという所があるので、手当金をもらうことが出来た人はきちんと情報を集めて活用することが出来る人だと言えます。 そしてまたそれをするための意思と行動があるという事は目的のための手段をちゃんと考える事が出来る人であるという事が言えます。 探せば今の世の中最低限の生活を送るための収入を得る方法はいくらでもあります。 それ以上を求めるにしてもまずは「何をする」と「どれだけする」のが「平均的」な事なのかを知ることが出来なければ「良い」も「悪い」も判断することができないでしょう。 何かを為そうとする意思があり、目的のために行動することが出来るのであれば情報化社会の今の世の中チャンスにめぐり合うことが出来る可能性は非常に高いと言えるでしょう。 そうしたことに対する練習も兼ねて、今生活が苦しい、今ちょっと困った状態にある、と言う方はまず手始めに手当金がもらえるかどうかを探してみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

国が私達にしてくれるサービス手当金
Reader Rating 2 Votes