家具がついている賃貸物件に安く移動して生活する方法

shutterstock_340540697 (1)
 

家具がついている賃貸に住むと安く移動できる

 家具があらかじめついている賃貸物件に住むことで引越しなどの費用を抑えることができます。

引越しの費用もそうですが、新しく家具や家電を買う必要がないため安く済ませることができます。

家具家電がついている賃貸物件には、マンスリーマンションやウィークリーマンションなどの契約形態の物件が多いです。

普通の賃貸に住むためには入居のときに多額の資金がかかりますが、これらの契約形態の賃貸に住むときには初期費用が余りかからないですむことができます。

あまり聞きなれないので少しここで知ってこれからの移動のときに役立ててください。

一般的な賃貸とマンスリーマンションの主な違い

まずは、敷金などの保証金、礼金、仲介手数料がすべて不要ということです。

一般賃貸文献では、契約時に敷金などの保証金、礼金、仲介手数料、前家賃などが必要でした。

しかし、ウィークリーマンション、マンスリーマンションでは必要ではありません。

しかし、家賃は一般賃貸物件の1.5倍から2倍程度となっていて少し高めなものが多くなっています。

しかし、一般的な条件で三ヶ月程度の契約だとマンスリーマンションのほうが安くなっている場合が多いです。

マンスリーマンションは生活必需品がそろっているので、急な転勤、主張などの需要にこたえてくれます。

電化製品をそろえる手間も要らないで引越し準備があまり必要ではないです。

引越しがとても楽です。

期間限定なため、住宅問題があまりありません。

一般の賃貸のように長期滞在が目的とはなっていないため、短期間で入居している人が入れ替わるので、隣人とのトラブルが起こりにくいようです。

期間限定だから隣人とのかかわりもとても少なくて短いため、あまり気にしなくても問題にはならないでしょうが、最低限のマナーは守りましょう。

最後は、通常の敷金清算がないことです。

マンスリーマンションとウィークリーマンション

ウィークリーマンションと、マンスリーマンションは契約形態として異なっています。

マンスリーマンションは、賃貸契約に近いものです。

一方のウィークリーマンションはホテル業に近いものとなっています。

厚生労働省の通達により、一週間から二週間程度の一ヶ月に満たない期間は旅館業とみなすということで、じゃらんの旅行サイトでウィークリーマンション、スーモでマンスリーマンションというイメージになっています。

一週間旅先で過ごしたいといったようなときに、ホテルだと割高になります。

受験や長期出張などのケースでは、ウィークリーマンションを活用するようになります。

ホテルと同じ感覚ですので、保証人や初期費用は不要です。

ホテルとは違って、長期滞在を前提としているために、キッチンなども完備されています。

ホテルよりも割安なため、シーツの交換や掃除などは行われません。

シャンプーやタオルなども自分で持ってくる必要があります。

一ヶ月以上滞在するためのものに、マンスリーマンションがあります。

マンスリーマンションは文字通り、一ヶ月以上の滞在用のマンションです。

4週間以上、一ヶ月程度のウィークリーマンションを借りることも事実上はできます。

マンスリーマンションでは、賃貸業になりますので、事前申し込み、入居審査、保証人などが必要となることもあります。

 

賃貸物件の住み替えタイミング

賃貸の市場は、単身者用の賃貸市場は2月から3月、4月にピークを迎えます。

一人ぐらしをするときに、部屋を借りて、家財道具などを買って引っ越しをします。

その地域の周辺情報もよく知らないままに新生活を始めると近隣がうるさい、駅からの帰りが暗くて怖いなどのことが起こります。

大学や勤務地の会社に近いからといった理由で、すぐに決めるとこのようなことが起こります。

ウィークリー賃貸という考え方があります。

賃貸物件を2年おきに引っ越しをしたり、家財を買ってリサイクルに回したりするのにはとてもお金がかかります。

そこで、最初から賃貸を借りるのではなく、ウィークリーマンションを借りるというのが選択としてよい時もあります。

ウィークリーマンションは敷金、礼金、仲介手数料がかからないので、住み替えにかかる初期費用が不要で、住みたい期間だけ住んで、気が変わったら住み替えるという気楽さがウィークリーマンションにはあります。

ウィークリーでは週単位ですが、ショート、ミドル、ロングと長さを変えることができます。

7か月以上の契約で契約をしても、一か月前の予告で途中解約をすることができますので、気楽に部屋を借りることができます。

家具付き賃貸のメリットとデメリット

 引っ越した先に家具がすべて用意してあると便利な気がしますが、本当にメリットだらけなのでしょうか。

考えて見ましょう。

家具付きの賃貸を検討するときには、デメリットについても考えておきましょう。

不動産市場にある家具付き賃貸物件のほとんどが物件のオーナーから借り上げた不動産業者が入居者に対してまた貸しを行うサブリース契約(転貸借契約)の形をとっています。

しかし、一部の例外的に家具などを物件のオーナーが仕入れて部屋に設置した上で仲介業者に仲介するようにしているところもないことはありませんがとても例外的にそういった例もあります。

なので、一般的にはサブリースです。

そのサブリースは、不動産業者が物件のオーナーから借り上げて家具家電などを設置してその設置にかかわるコストをすべて家賃に上積みされて入居者に対して請求されます。

 なので、最初のデメリットは家賃が割高になってしまう点です。

一般的に家具付賃貸物件は家具がまったくついていない状態の家賃の2割から5割程度の料金が高くなって家賃が請求されてしまいます。

しかし、自分で用意をすることを考えたときとの自分の使い方次第ではどっちがいいとは一概には言えません。

 次に、そもそもなんで家具付きの物件になっているのかを考えましょう。

なぜ、家具をつけて賃貸にまわさなければならなかったのか。

駅から遠い、築年数がだいぶたってる、バストイレが一緒、うるさい、周辺環境が悪いなどなどの理由により人が入らないからでしょう。

そのため、魅力的な物件が少ないという傾向にあります。

また貸しするためにも、物件のオーナーへの支払いは少ないほうがよいのです。

そのため、入居者募集が普通ならば苦労するような物件を借り上げてまた貸しします。

 備え付けの家具が全般的に、古いものをおく傾向にあるようです。

最低限のコストで済ませるために、最低限の家具を最低限のレベルのものを備え付けておきます。

最低限がそろっていれば、まあ住めますしそれでいいというならそれでいいかもしれません。

十分にメリットだし、求めているのは最低限そろっていればいいかもしれません。

でも、自分はレイアウトやインテリアに少しはこだわりたいとかすこし変えたいなどといった欲求を持っている人などの個別的な欲求を満たすには十分なものではありません。

内見のときに、特定の家具を減らすようにお願いしてもコストがかかるため対応してもらうことはあまりありません。

また、家具付きの家具はどれも誰かが使ったものです。

潔癖症の人は新築でも中の家具は使いまわしだったりするので住むことは難しいかもしれません。

 家具を壊したときなどは、契約書を確認しましょう。

契約書に、基本的には家具家電が設備とされているケースでは修理と交換は物件のオーナーが支払いを行うことになっています。

家具が、「貸与」、「無償貸与」、「設備外」という記載になっている場合には、修理費用は、入居者であるわれわれが負担しなくてはなりません。

物件のオーナーは壊れた家具家電の撤去をするけれども、新しい家具や家電を買うことはないということを意味します。

しかし、確認をしなくては安心して住めませんね。

 

単身赴任用マンション

 一人暮らしの経験がなくて家事ができない男性の方、多そうですね。

でも、単身赴任の人のためのマンションなども現在はあります。

管理人が常駐していて、さらに家事サービス、清掃サービスがあったり、家具家電がついていたり、会社への提出書類の準備や賃貸契約の代行をしてくれるサービスを行ってくれる不動産会社もあります。

賃貸物件のちょっと特殊な家具付物件を主にご紹介しました。

  家具付のウィークリーマンション、マンスリーマンションのいいところと悪いところを書いてきました。 また、家具がついていることのメリットとデメリットについてもまとめました。 さて、自分がどの期間だけ住むつもりなのか、どういった生活をするつもりなのかによって異なってきます。 どちらのほうが自分のメリットが多いのかを判断して契約しましょう。>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

家具がついている賃貸物件に安く移動して生活する方法
Reader Rating 1 Vote