意外と高い女性の医療費 病気のリスクを抑えて健康維持

shutterstock_318881921

女性がかかる病気の種類は色々 病気別に医療費を理解しておこう

生活習慣や女性の社会進出により医療費は徐々に上がっているとも言われています。

高い医療費を支払ないで済ませるためには日頃からの健康管理が大切ですね。

早速ですが女性の医療費について色々な情報をご紹介しましょう。

20代女性の医療費の特徴

近年女性が社会で活躍できる環境があるため、男性並みに仕事をがんばっている女性が増えています。

しかし仕事一筋になると心配になるのが健康ですよね。

女性は男性よりも健康に関心を持っているといわれていますが、20代の女性を見ると実際にかかっている医療費は同年代の男性よりも多いという統計もあります。

40代過ぎになると男性の方が医療費が高くなる傾向がありますので、生活習慣病なども男女ともに注意したいですね。

20代の女性は生活習慣などにより、自分の健康を不安に感じている人が増えているようです。

また女性独特の乳がんや子宮がんになる年齢層も若年化している背景などもあり、医療機関で診察を受けるたが増えているようですね。

自分が健康であるかどうかという意識調査によると、年齢とともに健康に不安を抱える方が増えていきます。

女性の場合20代と30代ではそれほどの違いはありませんが、40代を過ぎるとさらに健康を不安に思う方が多いですね。

20代の女性は基本健診をはじめ、婦人科系での診察を受けることも多く、また出産の為に医療機関に行かれる方も多い年代です。

医療費は年齢ごとに多少の違いはありますが、病気をするとお金がかかるという意識は常に持っていないといけません。

そのためにも20代などの若い年齢層の方が健康を意識するのはとても大切なことです。

どんな病気も早期発見が一番重要なポイントになりますので、定期的な検診を必ず受けること、そして婦人科系の病気についても多くの知識を持っていると安心ですね。

深刻な病気にならないためには、若いうちから健康管理を始めることが大切です。

がん治療にかかる医療費

女性が不安になるガンの一つに乳がんがあります。

がん治療は医療費がとても高いことでも知られていますが、乳がんの場合は相場はどれぐらいかかるかご存知ですか?

乳がんの治療は、切除手術を行う場合は放射線療法、抗がん剤などの薬物治療があります。

乳がんの場合は切除を好まない女性も多いため、それぞれの病気の進行具合や本人の希望によって治療方法が医師によって判断されます。

また切除手術を行った後も、数年間の間ホルモン療法などを行うことも乳がん治療の特徴になっています。

乳がんの温残手術の場合は平均的な費用が70万円、再発予防のための抗ガン剤にかかる費用は1年で98万円ほどといわれています。

またホルモン療法は1年目で15万円、2年目で50万円と毎年値段にも差がでています。

このように治療にかかる費用は高額になります。

また切除手術を受ける場合や、使用する薬によっても医療費が異なりますので、がん治療は病気の中でも大変お金がかかることを覚えておきましょう。

将来高額な医療費の負担を避けるためにも、必ず定期検診を受けること、そして日頃から健康を意識した生活をする点も大切なのです。

もちろん温存治療を始めても、進行度合いによっては切除手術を受けないといけません。

病気の進行具合によって医療費も変わってきますので、正確な金額を把握して病気になることは不可能なのです。

女性の体はホルモンの働きとも大切な関係がありますので、ストレスを解消したり運動不足の改善など、毎日自分でできる健康生活を意識してみましょうね。
 

出産にかかる費用

女性の医療費のなかでも金額が高いのが出産費用。

妊娠したのはうれしいけど、出産までにかかる費用を知ってびっくりした方も多いのではないでしょうか。

出産費用はお住いの地域や病院によって異なり、出産方法によっても多少違いがあります。

全国平均でみると出産にかかる分娩費用、入院費をトータルすると47万円という統計があります。

都道府県別にみると最も高いのが東京都で56万円といわれています。

また毎月の検診にも費用がかかりますので、毎回5千円程度の医療費が発生します。

出産は病気の治療ではない為健康保険は使えませんので、すべて自己負担となりますのでご注意くださいね。

自治体によっては検診費用を一部負担してくれる場合もありますので、役所に問い合わせてみましょう。

出産をすると保険組合から出産育児一時金が支給されますので、これで一部の医療費はまかなえる計算になります。

産婦人科も個人の産院をはじめ大学病院や総合病院など医療機関の種類も様々です。

分娩費用は入院費用は若干違いはありますが、助産院の場合が一番安く30万円程度とも言われています。

出産費用は自己負担がまず必要になりますが、出産後に支給される一時金や確定申告での医療費控除などにより、ほぼ費用はもどってくるとも言われています。

出産の予定がある方や、これから妊娠予定がある方はまず出産にかかる費用についても必ずチェックしておきましょう。

医療費が払えなくて家族から借金して出産するかたも決して少なくはありません。

またそれぞれの自治体でできる様々な制度も確認しておきましょう。

女性特有の病気について

いつもは気にならない健康状態も病気になると本当に大切であることが分かりますよね。

女性には婦人科系の病気もあるため、さらに健康管理が大切になります。

女性がかかる病気は子宮がん、乳がんなどをはじめ、更年期障害の治療や生理前症候群などホルモンと関係している病気もあります。

また卵巣脳種など女性特有の病気が色々ありますので、自治体で行う検診などには必ず受診しましょう。

手術内容によっても費用は異なりますが、医療機関で受診をすれば、最低でも5千円は毎回医療費が発生します。

そこでぜひ知っておきたいのが女性に多い病気の種類です。

子宮筋腫、子宮内膜症、更年期障害など、これらの病気は誰にでも可能性がありますので、婦人科検診を受けないと早期発見ができない病気もあります。

また年齢が若いと、病気の進行も早いため検診した時には問題がなくても、その後病気が発覚することもあり得るのです。

女性の健康管理は基本的な事以外にも婦人科系の病気に対しても敏感にならないといけませんので、少しでも体に異常を感じたら早めに医療機関に受診をしましょう。

婦人科系の病気を予防するためにまず大切なことが生活習慣のバランスをとることです。

睡眠不足や栄養不足はホルモンの働きに影響しますので、病気予防としても大切なポイントです。

また近年増えていえる低体温。

体の冷えは女性にとって病気の原因になってしまいますので、薄着をしたりエアコンで体を冷やすなど、常に体調管理には注意したいですね。

また年齢とともに病気にもなりやすくなってしまいます。

定期的な運動をして体を丈夫に保ちましょうね。
 

女性が入るとよい医療保険について

病気をするとはじめてわかる健康の大切さ。

あまりの医療費の高さに驚いた方も多いと思います。

女性の場合は特有の病気もありますのでできれば医療保険に入っていたほうが安心ですよね。

保険といっても種類が様々ありますので、実際契約する時はどれがいいかのか迷ってしまいます。

せっかく保険に入っていたのに、自分の疾病が対象にならないなんてこともあります。

そこで女性が失敗しないで保険を選ぶためにはいくつかのポイントに注意をしましょう。

まず20代の女性ですが、仕事やストレスなどで体調を崩すこともしばしばあります。

注意したいのは自分の家系に婦人科系の病気が多いかどうかという点です。

女性は独身の間に保険に加入したほうが、妊娠した後よりも安くなるという特徴があります。

婦人科系の病気が多い方は早めに保険に加入しておきましょう。

30代になると家庭を持ち、子供がいる方も多いですよね。

自分のための保険として、また万が一何かあった時の為に保険を考えないといけません。

そこでチェックしたいのが死亡保障のある保険です。

保険期間が決まっているタイプや一生涯続くタイプなどありますので、月々の保険料と比較しながら検討してみましょう。

40代、450代になると更年期障害をはじめ女性特有の病気になるリスクも高くなります。

そこで保険で保障できる疾病の内容をよく確認して、女性特有の病気が対象になる保険を選んでみましょう。

近年各保険会社では女性限定の保険に大変力を入れています。

それぞれの特典を比較しながら、契約して良かったと思える医療保険を見つけましょう。

女性の医療費対策はまずは健康管理から

病気にならないためには日頃からの健康管理が大切です。 完全に予防が出来なくても、健康を意識した生活をしていると体の異変を早期発見することができます。 医療費で損をしない為にも、毎日元気に過ごす生活が大切ですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

意外と高い女性の医療費 病気のリスクを抑えて健康維持
Reader Rating 1 Vote