本当にお金が無いのか?今の若者の金銭感覚の変化!

shutterstock_236199028 (1)

若者の金銭感覚について

ここ数年若者による、お金の使い道の変化について考えてみました。

今の若者はデートも割り勘、趣味にお金をかけない!など様々な時代の変化によってお金の価値観が変わってきた現代の若い子たち。

いったい、どんな若者がどのようなお金の使い方をしているのでしょうか。

お金の流れはどの時代も様々です。その中で私達はどのような事に気づけるか紹介したいと思います。

若者の負担が増え、収入が減っている?

 
まず一つは高齢化だと思うのだ。社会保障の負担増についてこのような統計がある。

2014年には約3300万人に増え、高齢者の比率は25%を超え、4人に1人が高齢者になってしまい、まさに次世代の若者は今ピラミッド型の人口構造は完全に崩れており、高齢者を支える社会保障費の増大などで若い世代の負担が年々重くなっているのだ。

今の高齢者の医療費などを賄うには、当然わたし達働く世代がお金をまわしていかなければならないです。

その中でも高齢者が増え少子化のなかで1人1人の負担がどんどん増えています。

また、20代前半の平均年収は平成9年は約413万円でしたが平成25年には約371万円と、どんどん下降傾向に陥っています。

収入が減るにつれ、少子化、晩婚化、結婚して子供を産む人も少なくなってきました。

これは一慨には言えませんが、景気の悪さが関係しているようです。

果たして日本の経済はこれからどうなっていくのでしょう。安心して暮らしていけるのでしょうか。

若者はとても不安だと思います。

政治の揺らぎや戦争、安全保障に関する問題、たくさんの問題を若者は背負ってこれからの日本を担っていかなければいかないです。

その中でも若者のお金の使い方の変化を見ていきたいと思います。

お金の使い道が変わってきている?

こんな不景気の中でも若者のお金の使い道は、徐々に変化しているようです。

昔は二十歳を超え社会に出たら車を買い、お酒を飲みたい、なんて憧れがあったと思います。

ファッションにお金を使い、旅行や、ショッピング。

消費するものはたくさんありました。

しかし、今の若者の趣味が少しづつ変わってきています。

それは「低コスト・安価でできる趣味」です。

現代の若者による趣味で消費するお金のランキングにおいて高校生、大学生、社会人ともに上位3位内に入っていたのが「PCスマホによるインターネット」です。

彼らの消費動向のほとんどはそこを占めていました。

インターネットは今では必要不可欠なツール。

音楽を聞き、アニメを見る、ゲーム。

すべてまとめて嗜む事ができます。

コミュニケーションも外に出なくてもソーシャルネットサービス(いわゆるSNSサイト)で充分です。

たった数千円のネット接続料でこんなにも多くの趣味を鑑賞する事ができる世の中です。

わざわざ、外にでて異性とデートしなくても、メールや無料通信アプリで、繋がり自分の好きな形で、相手とコミュニケーションをとることが出来れば低コスパで済むでしょう。

「今○○食べている」「私も○○買って食べてみよう」あたかもデートしている感覚になりますよね。

インターネットで満足し、他の消費量を減らす。

まさに趣味=お金を使わないのが当たり前の世代となった今様々な面で影響がでている事でしょう。

その一つに男女間での関係も少しづつ変わったように思えます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

1 2