本当にお金が無いのか?今の若者の金銭感覚の変化!


カップルでのデート費用も変わってきている

若者カップルにも変化が見られるようです。

ここ近年若者の割り勘事情とも言えるデート代の変化です。

以前は女性にお金を出させるなんてデートで見られなかった行動も今では割り勘は当たり前なのです。


その理由として、浮かんできたのがお金に余裕がないからに続いて、「割り勘にするのが当然だと思っているから、「自分が奢るのが当然と思われたくないから」「相手の女性とは常に対等な立場でいたいから」女性とは常に平等なのだ、という意見なのでしょうね。

たしかに男女平等で女性の方でも男性並みに働く方も多くなったかもしれません。

男性の中で女性に対する見方が変わっている事が浮き彫りですね。

女性にお金を使って何が得なのか?とも感じられます。

デート費の削減で、彼らは節約した気分です。

しかし、交際率も年々下がってきていますし、独身が増え、婚姻率も下がってきています。

お金は交際、結婚するには必要であると思います。

しかし自分自身には浪費するが、交際相手には半々だ、と主張する人も。

しかしそれを、女性はたまに好まない傾向にあります。

この人と将来一緒に家庭を築けるのか。

なんて思う事も・・・。女性と男性の割り切り方がとてもさっぱりとした環境になった故結婚に至らない関係も出てきたり。

若者自身も「結婚が魅力的に感じられない」「お金がかかる」などといった目の前の消費を考えてしまう傾向にあるようです。

では若者は将来においてどのように思っているのでしょうか。
 

貯金が趣味?!若者の驚くべき行動 

驚いたのが、今若者の20代から、節約をし貯金を趣味にしている人が多いことです。

若いうちから貯金なんてなんとも賢い選択だと思います。

消費をいかに減らしてためる事が出来るか。

それを楽しみにして毎月の給料を待ちわびているなんて声も。

将来が不安だから。

この先なにが起きるか分からないからと言う世代に「さとり世代」なんて名前も付けられてる若者ですが、これで先行きはどうなのでしょうか。

あるコラムによると、20代の若いうちから少ない収入の内からいかに浪費や無駄を減らし、我慢して貯金してしまうのは良い事ばかりではない、という記事がありました。今ある収入の中で、楽しみを減らしお金を使わない=人生においてステップアップも見込めない「寝る」か「仕事」をするだけの生活だ。と。

若いうちから人生の選択肢をあえて自分から減らし、増やす事を視野に入れない。

たしかに社会に出て色々な情報や環境も味わう事もなく人生を終えるのは少しもったいない気がします。

一回しかない人生でいかに頑張りながらも苦労しながらも、至福のひとときを感じるか、果たして節約は100%メリットがあるのか時代の変化が読み取れました。

これからの若者のお金と世の中

将来、経済成長率が現状維持できた楽観視したとしても、現状の社会保障サービスのレベルを維持していくには、2025年には国民の社会保障負担率を49.1%(現在は40%)にし、消費税を19.3%(現在8%)にする必要がある。

高齢化による社会保障の負担が増え、消費税は増税されますます不景気のバッシングを直接浴びている現代の若者。

今後どのような時代になるのかも分からず、貯蓄をして低コストで遊びも控えていく中で彼らはこれからも貯め込む事になると思います。

しかしこれはインフレを益々増長させ、世の中にお金が回らず、さらに景気は悪くなる可能性もあります。

マイナス金利も若者たちに影響しないとは言い切りません。

これからの時代は銀行選びや住宅ローンを組む際も、私たちはもっと見極めていかなければなりません。

若者がここまで貯蓄や支出を懸念しているとなれば、そういった若者をターゲットにした詐欺やおいしい話を装った輩も出てくる事でしょう。

ただインターネットの世界の話を全て信じるのではなく、実際に回りの人とのコミュニケーションをとって世界規模、日本規模の経済状況ばかりに目を向けるのではなく、地域の情報や、選挙などに参加し、まずは近い場所から、あなた達の住みやすい環境作りも大切なのではないかとも、思います。

自分がいかに人生を楽しく過ごすか

若者の中にも例外はあると思います。年金の未払いや、税金の滞納など、若い世代に限らずお金と今の時代に混同され不安になっている人も多くいると思います。 今の現代社会で創造的に夢や希望を持つ事が不可能になってるのかとも思えます。 その結果若者のこういった、節約の流れができてきているのではないかと思います。 将来を見据えて、お金に対してシビアになる事は決して悪い事ではないとは思いますが、そのせいで社会での楽しみも味わえず、視野も狭まり恋人もいなく将来をインターネット だけで楽しんで終わってしまう事は少し残念に思います。 人生の中でも若者だからこそ楽しめることがあると思います。 20代では出来るが50代では出来ない若さや体力などです。 体力は貯めていても意味が無いのです。 人間は歳を取れば衰えてしまうんです。 若いうちにできる行動力は今後与えられるものではないと思うのです。 若いうちに得た経験や知識が後にお金を生む事になる事もあります。 決して将来を不安ばかりを根本に置くのではなく、自分がいかに楽しく過ごすかも考えて人生計画をたてるのもいいかと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

本当にお金が無いのか?今の若者の金銭感覚の変化!
Reader Rating 7 Votes
1 2