「やる気」をアップさせてお金持ちになろう!

shutterstock_293643374 (1)

「やる気」を向上させるための様々なノウハウを学ぼう

日々忙しく働いていたり、勉強をしたりしている人がほとんどだと思います。

ですが、日によっては全く「やる気」が出ないと感じてしまうときもあると思います。

ひとたびそのような状態に陥ってしまうと、なかなかもう一度「やる気」になるのは難しいものでしょう。

そこで、「やる気」が出ない状態から抜け出すための方法を知っていれば、余計な時間のロスもしなくて済みますし、人生における様々な場面で役立てることができます。

今回は、「やる気」を出すためのヒントや「やる気」を失ってしまった際にリカバリーする方法を考えてみたいと思います。

「やる気」が出ないときにどうするか?

みなさんは「やる気」がどうしても出ないときにどういう対策をとっているでしょうか?

これは人によって様々な方法をもっていると思います。

たとえば、いわゆるモノ書きといわれる小説家やライターの人の中には、居住する場所と事務所を分けている人が結構います。

それは仕事と生活の境界線をはっきりさせるという意味合いが強いのだと思われます。

このようにどれほど「やる気」の出ない日でも、こういう工夫をこらしながら机やテーブルに向かって仕事をはじめると、不思議なことに徐々にエンジンがかかってきて、集中力が高まってきます。

これはいわゆる「作業興奮」という状態で、クレペリン検査で有名な心理学者のエミール・クレペリンが指摘した現象です。

要はどれほど嫌だったり興味が無いことであっても、いざ着手することで徐々に脳が刺激を受け、興奮することで集中力が高まってくるということです。

「やる気」が出ないときのように、初めから物事に集中して取り組んでいなかったとしても、作業をしているうちに「集中」してくるのです。

したがって、気分が乗らなかったり何となく「だるい」と思うような場合でも、とにかく仕事や作業を始めてみることが大切なのです。

これは方々でいわれていることですが、とにかく「始めてみる」ということは有効な手段なのです。

「やる気」が萎えてしまうときは環境を変えてみる

ある経営コンサルタントの人は、仕事をする「地域」に何箇所もワークスペースを確保しているといっていました。

事務所のほかにスターバックスなどのカフェや、場合によってはビーチなどにある施設を利用して仕事をすることもあるそうです。

これも環境を変えることで散漫になり始めた集中力をリセットすることが狙いなのでしょう。

このように、「やる気」が徐々になくなってきたと感じたら、思い切って環境を変えてみるというのは有効な手段だと思います。

たとえば、ある作業の途中で別の仕事をやりたいという衝動を感じたら、別の仕事に取り掛かる代わりに、今現在の仕事を持ったまま、環境の違う場所に移動してみるのです。

つまり自宅の机で何かの仕事をしている時に、そわそわして集中できなくなってきたら、別の部屋に移動したり、思い切って外出してどこか別の場所に移るのです。

さらにそこでも落ち着かなくなったら、今度はカフェに移動したり、図書館に行ったりしてみるということです。

このように、とりあえず動いてみることも有効だと思います。

しかし、当然ながらこの例が必須であるというわけではありません。

重要なのは、あなた自身にとって有効な方法は何なのかということです。

すぐに答えは出ないかもしれませんが、あくまでも自分がもっともパフォーマンスを出すことの出来る方法を見つけることが、仕事をする上でも単純作業をする上でも、とても重要です。

「適度」に報酬を与えるようにしてみる

自分に定期的に「報酬」を与えることも「やる気」を引き出す上では有効な場合があります。

いわゆる「自分へのご褒美」というやつです。

ただし、自分に「報酬」を与えて「やる気」を喚起しようとする場合、その「報酬」がなくなったときに一気にやる気がなくなってしまう可能性が高いので注意が必要となります。

ポイントとしては、与える「報酬」の「大きさ」および「タイミング」です。

あらゆる仕事や作業を終了させてから「報酬」をまとめて与えるよりも、むしろ「小さな報酬」で構わないので、作業の合間合間に与える方が効果的だとされています。

ただし「報酬」の効果がなくならないように、また自分にとってきちんとした「報酬」となるように工夫はしなければなりません。

実際、仕事の合間に「休息」をとることで脳と身体のリフレッシュをしている人は多いと思います。

定期的に心を休めることも重要です。

ただしこの「休息」も「義務」のように感じてしまうようになると効果がなくなってしまいます。

適度な「報酬」はやる気を引き出すのに効果的ですが、あくまでも自分のやって楽しいことやリフレッシュできると感じることでなければいけません。

そのあたりに留意して、臨機応変に「報酬」を考えましょう。

「自分自身」を知ることで「やる気」の源泉とすることができる

あなたは何らかのプレッシャーがあるとやる気が出るタイプでしょうか?

それとも、事前にきちんとした手順が決められている作業などの方が、精神的に楽でやる気が出ると感じるでしょうか?

このように自分に関する知識があれば、やる気を引き出しやすくなります。

さらにはそれに基づいて自分の仕事のやり方に調整を加えることができるようになり、それがさらにやる気の源泉となっていきます。

そのためには、まずは自分の「強み」や「長所」を見極めることです。

自分自身の長所とは何であるかを知ることが重要となります。

そして機会をつくって、定期的にそれに意識を集中させてみましょう。

そうやって、どのような状況の下でその強みが最大限に活かせるかをじっくりと考えてみることをお勧めします。

それがさらに「やる気」を継続させるためのヒントとなり、長所をさらに成長させることにも繋がるからです。

たとえば、自分の長所をさらに発展させるには、どのような技術や知識が必要なのか考えてみましょう。

そして、自分の強みを活かしてさらにその先を目指すための施策について、色々と考えてみることをお勧めします。

このように「自分自身」について時間をとって考えることは、自分の「やる気」をコントロールしていく上で極めて重要なのです。

「挫折」によって「やる気」を失ってしまったときは?

人間は「挫折」などによって「全体的に」やる気を失ってしまうことがあります。

何か目標としていたことを達成できなかったり、何か身に堪える出来事があって、あらゆることにやる気を失ってしまったような状態です。

実は、元来やる気に満ち溢れていた人であればあるほど、何か大きな失敗などで完全にやる気を失ってしまうというようなことが起こりがちであるという調査結果があります。

このような状態に陥った場合、何とかやる気を復活させるために「成功した体験を蓄積する」ことが重要になってきます。

小さいもので構わないので成功を体験するということです。

そうすることで、成功に対して「楽しい」とか「嬉しい」という本来の感覚が戻ってきます。

それに伴って脳も活性化し、やる気が出てくるのです。

成功を体験することは脳の「快感」に直接的に働きかけることに他ならないからです。

ただし、あまりにも簡単すぎる仕事は逆効果となるおそれがあります。さらに自分のプライドを傷つける可能性すらあるのです。

基準としては、やはり今の実力において成功確率が半々より多少上くらいのものがいいかもしれません。

場合によっては、成功確率をさらに上げるために誰かにバックアップしてもらうのもよいでしょう。

一度成功することで自信がつき、脳における感情のネットワークが刺激されて、やる気は再び大きく高まることでしょう。

「やる気」復活のコツ‐「小さな成功体験」を重ねよう

小さな成功体験の連続は、自己イメージを高めモチベーションを活性化してゆきます。

これは子供でも大人でも、誰でも使えるテクニックではないでしょうか?

小さなことでも誉められたり、上手くできたりすると「さらに頑張ってみよう」という気になるのが人間というものです。

しかしそれでも失敗してしまったり、何か嫌な出来事があってモチベーションが維持でないことがあります。

そんなときは、既に述べたように過去の成功体験を振り返ったり、何かプラスになる面を見つけて再び立ち上がる必要があります。

実際、成功体験は今現在のものが一番強力であることは確かです。

ですが、過去の成功体験を振り返ったり、未来の成功イメージをを先取りするという方法もあります。

いずれにせよ、挫折感があったり、上手くいかないような「スランプ」の状態は、このような成功体験が徐々にではありますが、解決していってくれます。

過去の成功体験をイメージしたり、未来の自分を想定して、そこから現在の自分を見つめるというテクニックもあります。

自分の思うようにいかないとイライラしてしまったり、先のことに対して必要以上に不安になってしまいがちです。

しかし、そんなときだからこそ、これまで頑張ってきたことや蓄積してきた体験が生きてくるのだといえます。

「やる気」を引き出す方法を知ることは、どんな場面でも有効である

「 お金」に関する諸々の勉強や仕事に限らず、人生の多くの場面で「やる気」を出す方法や「やる気」を失った状態からリカバリーする方法は重宝するものです。 ある意味、これほど汎用性のある「ノウハウ」はないのかもしれません。 今回挙げた方法を試してみながら、自分なりの「やる気」を引き出す方法を見つけてみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

「やる気」をアップさせてお金持ちになろう!
Reader Rating 2 Votes