国民年金と厚生年金みなさんは心配ではありませんか?

shutterstock_159525173

国民年金と厚生年金、あの年金問題はどうなったのでしょう?

何年か前にありましたよね?年金問題。

あれからあまりマスコミでも取り上げられなくなりましたが、どうなったんでしょう。

年金便という形で、定期的に加入している年金の状況を確認出来るようになって久しいですが、まだ完全には解決していないのでは?

老後の生活に直結するお金の問題ですし、今一度ちゃんと調べておきましょう!

まずは国民年金と厚生年金の違いについて調べてみましょう!

みなさんは国民年金と厚生年金のどちらに加入していますか?

一般的に厚生年金は会社勤めしている人が加入するもので、それ以外は国民年金ということになるでしょうか。

同じ年金なのにどこがどう違うのかをちゃんと説明出来ますか?

簡単にまとめてみましょう。
国民年金・・・日本国内に住む20~60歳の全ての人が加入する公的年金制度です。
       自営業者、農林漁業者、学生が加入する年金であり、保険料は個別に個人が支払います。

厚生年金・・・民間会社の会社員や公務員が加入する公的年金制度です。
       会社から支払われる給料から天引きされ、保険料は会社と個人で折半して支払います。

国民年金と厚生年金だけじゃない!?他にもある年金とは?

老齢年金・・・老後に受け取れる年金のことで、老齢基礎年金を基本とし、厚生年金加入者は報酬比例部分を受け取るものです。

障害年金・・・高度な障害を負ってしまった場合に給付される年金で、障害等級1級と障害等級2級とがあります。

遺族年金・・・加入者本人が亡くなった場合に遺族が受け取れる年金です。
       ただし国民年金の場合、18歳未満の子供がいる時にその子供に対して給付されることになっている為、子供がいない夫婦には給付されません。
       また、子供がいる場合でも、子供が18歳以上になった時、この給付は停止されます。
       しかし、厚生年金における遺族年金は手厚いと言われます。
       遺族基礎年金と亡くなった世帯主のこれまでの厚生年金保険料に応じた年金額が、条件を満たせば「中高年寡婦加算」などの形で子供が18歳を越えても給付されます。

国民年金と厚生年金の不公平が存在する理由をご存知ですか?

一般的に国民年金よりも厚生年金の方が老後に受け取れる年金額が大きいと言われます。

同じように年金を支払っているのにどうしてこのような差が生じるのでしょうか?

それは国民年金の存在が原因になっているそうです。

なぜ?それは厚生年金の保険料の中に国民年金の保険料が含まれているからなのです。

つまり、厚生年金に加入していれば、厚生年金に加えて国民年金(老齢基礎年金)も受け取れるのです。

この国民年金から給付される老齢基礎年金は、単純に加入期間で年金額が決まります。

これによって、例えば給料が20万円だという人と、倍の40万円だという人とでは、厚生年金の年金額に差はあっても、老齢年金部分の差はないということになるのです。

そもそもこのことが不公平感を生み出していると言われています。

では、国民年金と厚生年金で、どちらに加入しておくのが得なのでしょうか?

基本的に福利厚生を実施している会社に入れば、厚生年金や社会保険への加入は義務化されていますから、厚生年金に加入しませんというのは認められないかも知れません。

しかし、例えば収入を加減できるパートやアルバイトという形態で仕事をしている主婦や学生は、一定の収入額に届かなければ会社の厚生年金や社会保険には加入出来ないと言われます。

そんな時は、国民年金と厚生年金の特性を利用して少しでも得する方を選ぶことが出来ます。

ネット上で調べてみると、最も多い回答は「国民年金の方が得」というものでした。

その理由は、1.納付額に対して給付額が高い
      2.単純に支給額のみを比較すると厚生年金の方が多い
      3.給料の額に応じて強制的に徴収される厚生年金は、国民年金の赤字の穴埋めに使われてしまって目減りしている為、コストパフォーマンスが悪い
などがありました。

厚生年金はマイナスイメージしかないのか?

これまで述べてきたような内容から見ると、どうも厚生年金にはマイナスイメージしか沸いてきませんね?

でも、本当にそうなのでしょうか?毎月高い保険料を強制的に天引きされるのに、メリットはないのでしょうか?

そんなことはありません。厚生年金にもメリットがあるのです。

調べてみると以下のようなメリットがあるようです。

1.退職金の準備になり得る。

2.会社社長や役員になっていても加入できる。

3.負担増はないがより多くの年金が受け取れる。

4.税制上の優遇が受けられる。

5.加算部分の年金が終身支給される。

6.優秀な人材の確保・定着に繋がる。

7.失業給付との調整がない。

8.年金の受給要件が公的年金よりも緩やかである。

年金は老後の生活の唯一の糧です!よく考えて常に意識を持つようにしたいものです!

実際、年金というのは、国民年金であれ厚生年金であれ、老後の生活の唯一の糧となります。 現代では年老いても働く人が増えていますが、それでも若い人のように毎日バリバリ働くことは難しいものです。 そうなると毎月稼げる給料も満足のいく金額にはならないでしょう。 あくまで年金の給付だけでは足りない分を補う程度だということになります。 年金問題で、将来、もらえる年金に不安が残りますが、こればかりは国にお金を預けているようなものですから個人ではどうすることも出来ません。 とはいえ、だからと言って年金を納めないということも出来ません。 年金の今後にも常に意識を持ち、動向を調べてみることも必要でしょう。 場合によっては個人で年金受取型の保険に加入することを検討するのも良いかも知れませんね!

       

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

国民年金と厚生年金みなさんは心配ではありませんか?
Reader Rating 1 Vote