今後需要が増える老人ホームについてどれくらい気にしてますか?

shutterstock_254893402

今後の高齢化社会が問題視される現代!あなたもお世話になるかも知れない老人ホームのこと、どれくらい知っていますか?

我が国日本では、これから将来に向かって、高齢化社会になると言われています。

若い世代よりも高齢世代が圧倒的に多くなるということですが、そうなると介護が必要な人がたくさんいるのに、介護する人が圧倒的に足りないということになります。

これからますます需要が増えると言われる老人ホームは、それらの問題に直面する位置にいます。

一口に老人ホームと言っても、一般の老人ホームや特別養護老人ホーム、有料老人ホーム、デイサービスなど、その形態は様々です。

みなさんは、このこと、どれくらい知っていますか?

老人ホームの形態によって大きく差が出る入居費用や利用料金について見てみましょう!

先にも述べましたように、老人ホームにも様々な形態があります。

一般の老人ホームや特別養護老人ホーム、有料老人ホームの場合、基本的にその施設に家族であるお年寄りを預け、住まわせてもらう施設となります。

デイサービスはその施設に出掛けて、一時的に一定の時間をその場所で過ごし、介護サービスを受けるというものです。

施設に入居する場合と、一時的に利用する施設とでは、当然掛かる費用にも差があります。

もちろん、施設によっても料金形態や金額に違いはありますが、平均的な利用料金や入居料金についてすこしまとめてみました。

一般的な老人ホームの場合、介護が付いているかいないかでもその金額に差が出ますが、だいたい初期費用として400~500万円、毎月15~18万円が相場のようです。

特別養護老人ホームや有料老人ホームでは基本的にその施設に住むことになりますから、当然、介護が付いてきます。

その為、一般的な老人ホームと比べるとかなり高額になってしまいます。平均的な金額は、初期費用0~3000万円、毎月18~100万円だそうです。

しかし、これらは介護が必要なお年寄りが入居利用するパターンが最も多い為、介護が必要ない元気なお年寄りの場合、普段は家に住んで生活しているが、毎日、或いは定期的にデイサービスを利用するようです。

デイサービスの場合、入居してその施設に住む訳ではありませんから、送迎や利用料金だけで済みます。

実は結構ハードルが高い!?老人ホームは入居費だけでは済まないという事実!!

実際、これらの老人ホームやデイサービスを利用するには経済的にある程度ゆとりがあったり、資産が多いという家庭でないとハードルが高いのも事実です。

先にも述べましたが、初期費用も高額ですし、毎月掛かる入居料(家賃のようなもの)もかなり負担となります。

それだけでも普通の家庭には負担が大きいのですが、施設にお年寄りの家族を預けたらそれで終わりという訳ではないのです。

介護が必要なお年寄りなのですから、寝ている時にベッドのシーツを汚してしまうことも多いでしょう。

そのシーツ交換にもお金が必要になります。

また、おむつも毎日交換することになりますから、そのおむつ代も毎月必要になります。

他には、雑誌や新聞の購読を依頼した場合は娯楽費として別途費用が加算されてしまうのです。

老人ホームを選ぶ時に注意しておきたいことのまとめ

では、何をどういう基準で老人ホームを選べば良いのでしょうか?

まず、一番問題になるのがやはり資金でしょう。

家計とも相談して予算に見合った施設を選ぶ必要があります。

次に、いざという時に通える場所に施設があるのかどうかでしょう。

お年寄りですから、いつどんな形で体調が悪くなるか分かりません。、

そんな時に、なるべく短時間で駆けつけることが出来る交通アクセスや距離であるかを調べておく必要があります。

更にもっと問題なのが、施設の経営方針と介護職員達の仕事ぶりの良し悪しです。

近年、老人ホームで不幸な事件が急増しています。虐待だけでなく、殺人まで起こっています。

人手不足が問題視されている介護施設ですから、一人の介護職員が何人ものお年寄りを受け持たされている施設も多いのです。

そうなると、預けた自分の家族がちゃんと介護してもらえているのか、不安になってしまいますよね?

高いお金を払っているのに、見ていない間に虐待されているのではたまったものではありません。

口コミで気になる施設のことを調べてみたり、実際に施設を訪問して職員達の仕事ぶりをつぶさに見ておくなどが必要になってきます。

また、初期費用や入居料とは別に請求されるお金が何にどれくらい必要なのかもしっかり調べておきましょう。

老人ホームにおいて、お金のトラブルが多いのはなぜか

老人ホームでは、お金に関するトラブルが最も多いようです。

中でも一番多いのが「入居後」や「途中退去」における金銭トラブルです。

その原因の主なものが、「入居契約時の契約条件を充分に確認していないから」と言われています。

これは老人ホームに限ったことではありません。

他にも重要な契約事で契約書をよく読まないで契約してしまって後になってもめ事になるなんて話はよくあることです。

しかし、こういった契約事において、契約書を熟読し、充分理解した上で契約するのは絶対に必要なことなのです。

契約書には小さな文字で難しい言葉や理解しにくい文言がたくさん並んでいます。

それゆえに分からないことや納得出来ないことはきちんと説明を求め、全てをきちんと理解・納得の上で契約しなければなりません。

家族ではなく、いずれは自分が老人ホームに入居しようと思っているなら、もっと確認しておきたいことがあります。

家族が老人ホームに入居する場合でも、自分の家族を預ける訳ですから、細かいことまでしっかり確認しておく必要があるのはこれまで述べてきた通りです。

しかし、いざ自分が入居しようという場合、全てはわが身に降りかかることになります。

まずは自分の好みに合うのかどうかが大事です。

生活スタイルは人それぞれ。家族の場合と違って自分の生活スタイルには妥協はしたくないものですよね?

まずは事前にしっかり体験入所や施設見学をしてみることをお勧めします。

それでもし気に入ったら契約へと進む訳ですが、そこで問題になるのが入居費用や初期費用、いざ入居してからの毎月かかる生活費です。

自分が入るのですから、そこもしっかり確認し、間違いのない内容で契約するようにしましょう!

自分や家族の楽しい老後を過ごす老人ホーム。快適に過ごすことが出来るよう、しっかり検討しましょう!

ここまで述べてきましたように、老人ホームにも様々な形態がありますし、それぞれにそれなりのお金も必要になります。 せっかく家族や自分が入居して大切な老後の生活を送る為にお金を払うのですから、安易に契約してしまわないように意識しましょう。 分からないこと、納得出来ないことはきちんと解決して、全てを納得しましょう。 問題があった施設も多く報道されていますが、全ての老人ホームが問題を起こしている訳ではありません。 あなたや家族に合った施設で、楽しい老後を過ごしましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

今後需要が増える老人ホームについてどれくらい気にしてますか?
Reader Rating 1 Vote