これだけは知っておきたい「格安スマホ」

shutterstock_140090374 (1)

格安スマホとは?

   
格安スマホとは、スマートフォンと格安SIMカード(通信プラン)を組み合わせ、大手通信会社の回線を使い、月々の支払料金を抑えているスマートフォン・プランのことです。

通信データ量や機能などを制限していて、端末料金(24回払い)と通話料金プラン合わせて2000円台が中心価格帯となっています。

格安スマホに向いている人

  
 結論から言うと、ほとんどの人は格安スマホにしたほうが良いと思います。

ただ、例外的に、社会人で取引先の人に電話をかけることが多い人の場合は、格安スマホは適していません。

それ以外の人、例えば子供や学生、主婦や主夫、高齢者、会社用ではなく個人用のスマホを使っている社会人の場合には、スマホ代をかなり安くすることができるので格安スマホが断然お勧めです。

格安スマホのメリット

  
 
格安スマホのメリットは、次のとおりです。

1.月々の携帯電話の料金が2000円くらいになる。
 
格安スマホの最大のメリットは月額料金の安さです。

今まで月7000円や8000円だった携帯代が2000円くらいになります。

毎月6000円の節約になります。年間だと7万円以上の節約になります。

料金が下がっても、使い勝手はほとんど変わりません。

2.契約に縛られない。

ドコモやau、ソフトバンクなどの大手キャリアの場合は2年毎に契約が更新されます。

更新する月に他社へ乗り換えをしないと、月5000円程度で使い続けることができなくなっています。

大手キャリアは、最新のスマホが実質タダで手に入る上に最初の2年間は月5000円程度で使うことができます。

しかし契約から2年を経過すると月額料金が7000円から8000円くらいに値上がりします。

2年後に他社へ乗り換えると、また新しいスマホが手に入り、月額料金を5000円ぐらいで引き続き使うことができます。

ただし、事務手数料等で乗り換えには5000円くらい別途手数料がかかります。

乗り換えは2年ごとの更新月に行わないと1万円程度の違約金がかかります。

面倒なので何もせずに、ずっと大手キャリアを使い続けた場合、契約から2年後に月額料金が7000円から8000円に値上がりするだけです。

端末も古いままです。

   
最近、政府が大手キャリアの月額料金が高すぎるので安くするようにと大手キャリアに呼びかけたところ、大手キャリアが長期ユーザの場合に、月額料金を5%程度引き下げると言い出しましたが、未だはっきりしていません。

格安スマホの場合、スマホの月額料金を2000円程度にすることができる上に、一度手続きをすれば、それからわずらわしい手続きに悩まされることがなくなります。

格安スマホを何年使おうと、料金は月2000円くらいです。

新しい端末を分割で購入する場合、最初の2年は月3000円くらいになりますが、2年経過すると、月額料金は2000円くらいに下がります。

大手キャリアだと2年ごとの契約月に解約やMNPをしないと1万円の違約金がかかります。

格安スマホの場合は、1年以内に解約した場合、最大で1万円の違約金が発生する場合がありますが、契約から1年を超えるといつMNPで他社へ移行しても、そして解約しても違約金はかかりません。

3.長く使える。

大手キャリアの場合は、2年ごとにスマホを実質0円くらいで新しいスマホに変更することができます。

お得に感じる人がいるかもしれませんが、それ以上に月額料金が高く設定されています。

スマホを新しくしなくても高い料金を払わされるので、多くの人が2年ごとにスマホを新しくして思います。

    
大手キャリアを使っていて、2年を超えても他社へ乗り換えなかった、あるいは機種変更もしなかった場合、単純に高い月額料金を払い続けているだけになります。

格安スマホの場合、スマホ(1万円から8万円)を自分で購入しなければならないので、ずっと使い続けようとします。

基本的に3,4年は不満なく使えると思うので、長い目で見ると圧倒的に格安スマホがお得になります。

 

格安スマホのデメリット

   
格安スマホのデメリットは、次のとおりです。

1.端末を購入する必要がある。

格安スマホの最大のデメリットは、最初に端末を購入する必要があることです。

ドコモやauのスマホを持っている場合には、このデメリットがありません。

今使っているスマホをそのまま格安スマホで使うことができます。

つまりドコモやauのiPhoneやスマホならそのまま格安SIMをさして使うことが出来ます。

    
ただし、ドコモのスマホ(白ロム)を格安SIMで使う場合、テザリングが基本的にできなくなります。

テザリングが必須な場合は格安スマホやSIMフリー機種を購入する必要があります。

ドコモのiPhoneの場合はテザリングができます。

auのスマホ(白ロム)を格安SIMで使う場合は、テザリングができます。

    
ただし、ドコモのiPhoneと異なり、auのiPhoneではテザリングができないのに注意が必要です。

スマホを持っていない人、スマホを持っていてもソフトバンクのスマホの場合、新しく白ロムや格安スマホ、SIMフリーのスマホを購入する必要があります。

ほとんどの人にとって不満なく使える価格帯が2万円から3万円になります。

格安SIM(格安スマホ)で端末の性能が悪くて不満を言っている人がいますが、この人たちは1万円の格安スマホを購入した人たちです。

2.通話代が30秒20円
  
 大手キャリアの場合、話し放題のプランや同じキャリア同士だと通話料金無料の時間帯があったりしますが、格安スマホにはありません。

格安スマホの通話代は30秒20円が基本です。楽天電話をつかうと通話の質を落とさずに30秒10円にすることができます。

家族や友達などに電話をしたいときはLINEの無料通話を使えばいいので、格安SIMの通話代の高さを気にする必要はないと思います。

3.キャリアメールが使えなくなる。
  
今までドコモやau、ソフトバンクなどの大手キャリアを使っていた人が格スマホにするということは、大手キャリアの契約を解除するということになります。

そして大手キャリアの契約を解除するとキャリアメールが使えなくなります。そのような場合は、Gmailを使うことをお勧めします。

Gmailは、無料のメールサービスです。

Gmailでメールアドレスを作成して、家族や友達などにメールアドレスの変更の連絡をしましょう。

Gmailもスマホで普通に確認できるので心配無用です。

    
家族も大手キャリアを使っていて、家族の分も一緒に手続きをしようとする場合、ここでトラブルが発生する場合があります。

キャリアメールが使えなくなって、慣れないGmailになることで、文句が出る可能性があります。

別段、Gmailだから難しいというのはないのですが、余計なトラブルで文句を言われないように、実際にMNPをする前に、家族分も含めて全部Gmailへ移行させて慣れさせる必要があります。

自分の分だけなら、トラぶっても対処できると思いますが、何も知らない家族がトラブルと家族からひどい目に合う可能性があります。

家族分も格安SIMへMNPをする場合は、気をつけてください。

4. 通信速度が遅くなる。
      
格安スマホの通信速度は大手キャリアの通信速度よりも遅いです。

ただ、実用上ほとんど問題はありません。

ほとんどの時間帯で格安スマホでも大手キャリアと遜色ないくらい通信速度が出て、快適に使うことができます。

ただし、平日の昼間(12時20分から50分)の時間帯は、ほとんどの格安スマホで通信速度が遅くなります。

    
サイトを閲覧するくらいなら少しだけ我慢すれば見ることができますが、動画やアプリのダウンロードはこの時間帯は避けたほうがいいです。

平日の昼間(12時20分から50分)の時間帯さえ目をつぶれば、普通に満足する通信速度が格安スマホでも出ています。

注意点は、格安スマホの中にも速度が速い格安スマホ、平均的な格安スマホ、遅い格安スマホがあります。

速度が速い格安スマホと平均的な格安スマホは普通に使えますが、遅い格安スマホの場合はサイトの読み込みも遅くなるので、イライラする場合があります。

5.おサイフケータイやワンセグに対応していない?
   
格安スマホだと、おサイフケータイやワンセグが使えないと思っている人がいますが誤解です。

格安スマホでもおサイフケータイに対応したスマホを使えば格安スマホでもおサイフケータイが使えます。

おサイフケータイと格安SIMに関しては下記のリンクに詳しく書いてあるので参考にしてください。

格安スマホでも使えるおサイフケータイ、白ロムとXperia J1 Compactワンセグに対応しているスマホなら格安スマホを入れてもワンセグを使うことができます。

ワンセグに対応したSIMフリーの格安スマホは数機種販売されていますが割高です。

ワンセグを使いたい場合は、ドコモやauのワンセグに対応した白ロムを購入しましょう。

ドコモやauのワンセグに対応した白ロムなら格安SIMを入れてもワンセグが見られます。

6.アプリのデータが消える?
       
誤解している人がいますが、格安スマホにしたからといってアプリのデータは消えません。

ドコモのスマホを使っている人は、SIMカードを入れ替えるだけで格安SIMが使えるので、パズドラやモンスト、Lineなどのアプリもそのままのデータで続けることができます。

新しいスマホにした場合は、古いスマホのほうにアプリのデータがありますが、ほとんどのメジャーなアプリは機種変更のためのデータ移行の方法があるので、格安SIMにしたからといってゲームアプリを最初からやり直すなんてことはありません。

気になる人は、アプリ名と機種変更で検索してみるといいかと思います。

格安スマホのメリット・デメリットを理解しよう

    今後ますます、格安スマホの需要は増えることが予想されますが、メリット、デメリットを理解して、購入する必要があります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

これだけは知っておきたい「格安スマホ」
Reader Rating 1 Vote