「アダム・スミス」と「道徳感情論」‐経済思想に強くなろう2

shutterstock_334257233

「アダム・スミス」に関する誤解を解いて正しい経済思想を身に着けよう

前回は「アダム・スミス」をその主著である『国富論』を通じて解説しました。

今回は『道徳感情論』という著作を通じて彼の主張をみていきますが、実は彼の真意を理解する意味では、この「道徳感情論」の方が「国富論」よりも重要だったりします。

なぜならば、現代では彼の学説には多くの誤解が蔓延しているからです。その辺りも含めてみていきたいと思います。

アダム・スミスと「道徳感情論」

「アダム・スミス」の学説に関するもっとも大きな誤解に「自分の利益だけを考えて行動していればよい」という一種のエゴイズムを推奨しているというものがあります。

つまり、自らの利己心さえ満たされれば社会の秩序や平穏など意に介さずともよいというような考え方が中心となっているという誤解です。

しかし前回の記事で述べたように、アダム・スミスはもともと「道徳哲学」の教師であったことを思い出してください。

彼は最も有名な著作である『国富論』を上梓する前に、『道徳感情論』という本を書いています。

ちなみに、当時は「国富論」よりもこちらの方が多くに人に読まれたとされています。

そこで彼は「同感の原理」という、社会の秩序はどのようにして達成されるのかについて論じています。

その中には「市場の秩序」も含まれているのです。

「同感の原理」とは、人間が他の人間に対して「想像上の境遇の交換」によって、「きっと相手はこのように思っているだろう、感じているだろう」という感覚を意識的に自らの内に引き起こすことです。

少し面倒な表現になりましたが、たとえば、相手の悲しそうな表情を見てその感情を推し量ったり、それに感情移入するような感覚のことをいいます。

スミスによれば、人間は利己心のほかに、この「同感の原理」をもつとしており、これによって是認という営みが、様々な「徳」を自立させる根源となっていると述べています。

しかし、この原理が成立するのはある程度見知った間柄の人間同士であり、全く見知らぬ人間が多数存在するような社会であったり市場の中においては、この原理は限界があるともいっています。

そのため、スミスは同著のなかで「同感の原理」をより一般化した「公平な観察者」という「設定」を置いています。

これはある程度単純化した概念として、市場の慣習や伝統と言い換えるとわかりやすいと思います。

これらの基準によって、社会の秩序が望ましい方向に向かっているのか否かを判定するというわけです。

この「公平な観察者」から見て、市場というものが秩序があるのか否かを判断しているのが「道徳感情論」の主な内容です。

つまりスミスの定義している「利己心」というのは、自らの利益の実現であることは間違いないけれども、あくまでも秩序のある市場を前提とした利己であって、市場の秩序を失わせる程行き過ぎてしまったり「暴走」してしまった利己心は否定しているのです。

たとえば「暴力」を肯定してしまうことは、市場経済の崩壊に繋がるため、スミスは絶対的にこれを否定していると解釈することができます。

こいった行き過ぎたエゴイズムを否定した形で、人々が自らの利益を実現していけば、それが万人の幸福に繋がるのであるというのがスミス経済学のエッセンスなわけです。

アダム・スミスの説く「道徳」

では、なぜアダム・スミスは「道徳」をテーマにしながら「経済成長」を取り上げていたのでしょうか?

それは「経済の成長」によって、先に述べた「万人の幸福」が実現されれば、社会の最下層の人々であっても、過去の王侯貴族よりも豊かになれる可能性があることを示すためだったのです。

そして「経済成長」によって、身分を問わず万人の生活水準が上がり、万人が幸福になることで秩序も維持され、理想的な「道徳」も醸成されることを意味します。

それは他人のことを考えているのではなく、過度なエゴイズムを否定するような形で自らの利益を追求することで実現できるというメッセージを与えたという点が、アダム・スミスが

経済学の父といわれる由縁といえるでしょう。

あくまでも「万人の幸福」というのが彼にとっての重要なテーマだったわけです。

ただし、これはあくまも「当時の基準」においての「諸国民の富」であったことを忘れてはいけません。

なぜならば、『国富論』では「植民地政策」に多くの頁を割いているからです。

当時の「植民地」というのは、アダム・スミスをしても「万人」の中には入っていなかったわけです。

それは当時の社会状況など諸々の要因が重なるわけですが、とにかくいえることは、市場の秩序というものは過度なエゴイズムを排除することが肝要であるというのが彼の最も重要な主張だということです。

したがって、アダム・スミスを市場原理主義の権化であるかのように扱うのは妥当ではないということになります。

特にスミスは「正義」や「慈恵」という概念に対して独自の考えを展開しており、特に「正義」は社会の成立に不可欠なものとしています。

決して盲目的に市場に全てを任せておきさえすれば問題は解決するというような認識ではないことがわかります。

「道徳感情論」を通じたアダム・スミスの様々な解釈

これまで述べてきたように、「道徳感情論」は「国富論」における「富の配分」や「経済成長」の概念と内的な繋がりをもっています。

「道徳感情論」は、即ち「利己心」の発動にも「限界」があるのだということを説明しているとも解釈でき、また「利己心」は「経済成長」にとって必要ではあるが、それだけでは十分ではないと主張しているともいえます。

即ち、社会的な慣習や通念を概念化したともいえる「公平な観察者」の存在を想定することによって、この者の「同感」を得るように、それぞれの人間が己の利己心に抑制を働かせるようになります。

それによって社会秩序が維持されるのだというのが、この本の主な趣旨であるといえるでしょう。

スミスの提唱した「競争的な市場」というのは、そのようにしてもたらされた秩序の具体化ともいえますし、その点からみた「公平な観察者」というのは、即ち「価格体系」であるともいえます。

つまり、価格によって市場が自動的に調整されるメカニズムを示唆したものであるとも解釈ができるわけですし、同時に、社会の内部に各々が意図せざるかたちでの進歩を作り出す潜在的な力があることを示唆しているとも解釈ができます。

この辺りの主張は、間違いなく当時興隆してきた「啓蒙思想」の主張に強い影響を受けたものであるのは容易に察せられます。

無論、いわゆる市場の「価格メカニズム」に関する詳細な分析に関しては、スミスの活躍した時代からおよそ100年後の「新古典派」の経済学者達の学説を待たなければなりません(「新古典派」の経済思想については別記事にて解説する予定です)。

ですがスミス自身も、その主張のうちに価格の調整機能に関する大まかな描写をしており、利己心や自愛に基づく自由な交換が利益を生み出し、社会全体に進歩をもたらすのだという経済感をもっていたといえます。

「誤解」の蔓延

現代ではアダム・スミスの学説や解釈について多くの誤解が蔓延しているようです。

冒頭でも述べたように「見境なしに」自己利益を追求するための理論的根拠としてスミスを上げるような人もおり、些か混乱の様相を呈しています。

しかしこれまで述べてきたように、スミスの主張はかなり現実的なものです。

確かに剥き出しとなった利己心や利益を追求するために巡らせる計画などは、いずれも自らの利益に資するものであることは間違いないでしょう。

しかし、倫理的あるいは実際的な側面からも、これら以外の動機から人間が思慮を巡らせることも十分にありえるのだとスミスは述べています。

彼は「思慮」を「自らにとって十分に役立つ徳である」とみなしており、また「慈悲心や正義感、寛容あるいは公共心」といった資質もとても有用であるとしています。

このように、人間のもつ様々な「徳」や「倫理」の重要性を強調しているにも拘らず、「国富論」のごくごく一部を拡大解釈したり、自分に都合のよい勝手な解釈を根拠にして、見境のない利益の追求だけを主張するような学説すら存在しているのが現状です。

特にスミスは、このような自己利益の過剰な追求にこだわる傾向を「策謀家」であるとして、利益だけを求めて異常な程のリスクを享受するような者を批判しているのです。
事実、彼のいうような「策謀家」は多くの社会に存在しています。

たとえば、アメリカでは向こう見ずにサブプライムローンを仕組んでリーマンショックの原因を作り上げてしまった人々の多くは、スミスの定義するところの「策謀家」であったといえるでしょうし、我が国でも投機によって市場全体を混乱させてしまうような人を見かけます。

このような人々の警鐘を鳴らしているのが彼の著作のもう一つの顔であって、無計画、無秩序に利益を貪ることを推奨などしていないということだけは覚えておきましょう。

経済学の父に対する誤解を解く

アダム・スミスはその著書「道徳感情論」において、「利己心」が「経済成長」にとって不可欠ではあるが、あくまでも社会秩序などに代表される「公平らな観察者」の「同感」を得るようにしなければならないとしています。 即ち「利己心」を「暴走」させてはならず、あくまでも「抑制」を働かせることによって安定した秩序のもとで正しい「利益の配分」がなされ、さらには「万人の幸福」が実現できるのだと主張していたのです。 ※参考文献一覧 アダム・スミス(2013)『道徳感情論(講談社学術文庫版)』高哲男訳,講談社. アダム・スミス(1978)『国富論 (1)(2)(3)』大河内一男訳,中央公論新社. 堂目卓生(2008)『アダム・スミス―『道徳感情論』と『国富論』の世界』中央公論新社. ロバート・L. ハイルブローナー(2001)『入門経済思想史 世俗の思想家たち』八木甫ほか訳,筑摩書房. 西部邁(2012)『西部邁の経済思想入門』左右社. ナイアル・キシテイニー(2014)『経済学大図鑑』小須田健訳,若田部昌澄監修,三省堂.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

「アダム・スミス」と「道徳感情論」‐経済思想に強くなろう2
Reader Rating 2 Votes