「失敗」を乗り越えるための「ヒント」を学ぼう

shutterstock_314848493

失敗」に対する考え方を変えて、どんどん「挑戦」しよう

「失敗」という言葉には、ひたすらネガティブなイメージが付き纏います。

しかし、一部の成功者は「失敗」を私達が思うようなイメージで捉えてはいないことがわかっています。

特に幾つになっても「挑戦」を続ける人は、「失敗」を「失敗」と思っていない人が多くいるようです。

彼らの考え方を学ぶことで「失敗」を乗り越えて挑戦し続ける人になるための第一歩とすることができると思います。

そこで今回は「失敗」を乗り越えるための数々の有用な「ヒント」をご紹介します。

「失敗」が存在しない分野などない

「失敗したらどうするの?」

多くの人が、人生で一度はこの言葉を言われたことがあるでしょう。

巷にも、よく「失敗しないための~」や「失敗しようが無い~」というような書籍がありますし、失敗しないためのコツやノウハウを謳ったセミナーも沢山あります。

このように、人間は「失敗」を極度に恐れる傾向があります。

しかし「失敗」をすればそこから学びがありますし、そもそも絶対に「失敗」をしない安全なやり方が確立されている分野など存在しないといってもいいでしょう。

無論、何の対策もなく努力もしないまま失敗するに任せるというのは愚か以外の何者でもないわけです。

しかし、様々な思考をめぐらせ打てるだけの施策を打って色々と試した結果、失敗してしまったとしても、悔しさ以上に学びがあることがほとんどです。

数学的に考えても、世の中に100%が保障されているものなどほとんどありませんし、絶対に安全なんていうこともありません。

多くの「失敗」をした上で、人は結果を出していくものです。

それに世の中には「失敗」を乗り越えるためのヒントが沢山あります。多くの書籍などから「失敗」の乗り越え方や考え方を学ぶことができます。

一度機会を見つけて、それらの書籍などから自分の納得のいく答えを探してみるのもいいでしょう。

「失敗」を乗り越えるヒント

少し昔になりますが、「失敗」を乗り越えるためのヒントとして、アラン・L. マクギニスという作家が、その著書の中で、ユダヤ人の牧師である「ラビ」の元を訪れた男の話を挙げていました。それは以下のような話だったと思います。

「失敗」の連続で悩んでいる男が、ユダヤ人の教師であるラビの下を訪れます。

そして「私は人生の敗北者です。やるべきことの半分もうまくいっていないのです」とラビの手を握り締めながら言いました。

それを聞いたラビは「そうですか」とだけ答えました。

「何かよい教えをお授け下さい」と男はさらに訊きました。

するとラビは長い間考えを巡らせていましたが、やがて次のように答えたのです。

「『ニューヨークタイムズ年鑑』の930ページを見てみなさい。きっと心が穏やかになることでしょう」

そう言って、ラビは微笑んだのです。

男が年鑑を調べて見つけた記事は、一体何だったのでしょうか?

実は、そのページに掲載されていたのは、偉大な野球選手達の生涯打率が記載されたものであり、当時の最高のスラッガーは『タイ・カップ』とされていました。

男が彼の成績を見てみると、最高と評価されたタイ・カップでさえも生涯平均打率はたったの三割六分七厘だったのです。

このことを知った男は、再びラビのところへ戻り、尋ねました。

「三割六分七厘。あなたが仰っていたのはこれでしょうか?」

「そうですよ」とラビは答え、こう続けました。

「タイ・カップは大体三打席で一回のヒットを打ったことになります。それでも生涯でヒットを五割も打っていないのです。これで私の言いたいことが、わかりますか?」
そう言って、ラビは微笑みました。

感動に包まれながら男は言葉を漏らしました。

僅かな「失敗」だけを理由に自分を惨めな負け犬と考えていた男は、ラビの目を見つめてはっきりと「ええ」と答えたのです。

私たちはたった1度や2度の「失敗」を「環境」や「運命」のせいにして、あきらめてしまうことがあります。

しかしどんな立派な人でも「失敗」をしているのです。

「失敗」を深刻に受け止めてしまう人は、考え方を根本的に変えて、目の前のことだけに全力を尽くしてみましょう。

一流の野球選手でさえ、ほとんど「失敗」しているのです。

「失敗」を人のせいにしてはいけない

「失敗」に伴って、してはいけないことの代表に「他人のせい」にすることがあります。

私たちはついつい自らの過失と思われることでも、その責任を他人に押し付けてしまいたい衝動に駆られることがあります。

しかし、人間は口では相手の非を詰っていたとしても、自分の失敗を心の底から他人のせいにするほど愚かではありません。

心の中では多少なりとも自分の責任であることは感じているものです。

そして他人のせいにしてその場を済ませても、よほどの人でない限り「後ろめたさ」が必ず残るものです。

どんなことでも「他人のせい」にしてしまう人は、この「後ろめたさ」がどんどん「溜まって」いってしまい、その反動によって「被害妄想」も拡大してしまうことになります。

つまり誰にも責められてもいないにも拘らず、後ろめたさの反動で「自分は正しいのだ」ということを殊更に強調するようになるのです。

よく、全く関係のない論点なのにも拘らず「~のせい」というような話を持ち出す人は、この典型例であるといえます。

特に、親子の関係や男女の関係においてこういうことが起こりがちであり、これがエスカレートすると、犯罪の正当化のためにそのような主張をするような人まで出てきてしまうのです。

現代はリアルの社会でもネット上でも、このような言説や記事が溢れかえっているのが現状であるといえます。

無意識に「自分は正しい」と言って回るようなタイプは様々な場面で「他人のせい」にして生きてきたために、自分で歯止めを利かすことができなくなっています。

しかし、その「正さ」を貫くのは相当に大変です。

なぜならば、これまで述べてきたように「失敗」をしてしまうのが人間であり、完璧でないのが人間です。

そしてその「失敗」を踏み台にして挑戦し続けることが大事であることは、これまで述べた通りです。

しかし、常に自分を不当に正当化し続けるような人は、その事実を隠して生きなければなりません。

同様に現代では「謝罪できない人」が増えているといいますが、これも同じぐらい辛い結果をもたらします。

「後ろめたさ」が徐々に心を蝕んでいってしまうのです。

それは、例えるなら濁った血液のように身体に溜まってしまい、徐々に精神に多大な負荷をかけるようになります。

そうなっても、人間は自分の過失をなかなか認められないものです。

しかしほとんど場合、責任の一端は自分にあります。

そうであるならば、仮に明らかに相手に過失がある場合でも一度は自分の落ち度にも目を向けなければ、自分自身の精神にもよくない効果をもたらしてしまいます。

他人の過失ばかりを責めるのはやめて、自らの非を素直に認められる人になりましょう。

沢山「失敗」をするうちに正解に辿り着ける

成功する人は、たくさん失敗をしているうちに正解にたどり着けることを感覚的に知ってるので、失敗を恐れずにどんどん挑戦を続けます。

この方法が違ったら別の方法を試してみるなど、様々なアプローチを試しながら、失敗経験を積み重ねていきます。

そしてその結果として、良いものを作っていくという信念が大切です。

そもそも初めから正解があるわけではないですし、一つとも限りません。

そういう意味で「失敗」は、別の可能性を示すために必要な経験であるともいえます。

無論、うまくいかない方法を長く続けても意味はありませんので、修正する必要があるわけですが、その度に学びを得ているともいえます。

なぜならば、人間は一生未熟なままだからです。

あらゆる面において「完璧」になることなどありません。

人間はいくつになっても学びながら成長していくものです。

たとえば、松下幸之助さんは92歳で亡くなる年に大学を創ろうと思っていたそうです。

そのようなことを聞くと、きっと立派な教師として教え子を育成するのだろうと皆が思うことでしょう。

しかし、松下さんは教師としてや、まして自分が学長になるためではなく「生徒」の第一号となるために創設を考えていたそうです。

90歳を越えても物事を学ぼうという意欲が溢れていたわけですが、この精神こそが世界の松下を支えていた原動力だったのかもしれません。

このように「学び」に対しても偉大な成功者と普通の人ではアプローチが違います。

普通の人はこの「学び」に伴って、どうしても「失敗」を極度に怖がる傾向があります。

間違った選択をして恥をかきたくないという思考パターンが、体の芯まで染みついてしまっているわけです。

一方、松下さんのように成功する人は、たくさん失敗をしているうちに正解にたどり着けることを感覚的に知っていたので、どんどん挑戦を重ねられるわけです。

むしろ、一回失敗をすることに正解に近づいていると考えられるので、よりモチベーションを上げながら取り組むことができるのかもしれません。

この違いこそが、成功者とそうでない人との最も大きな違いともいえるでしょう。

「失敗」を恐れてはいけない

既に手垢のついている教訓かもしれませんが、「失敗」を乗り越えるためには「失敗」ばかりを恐れていてはいけません。 常に「挑戦」を続けるには「失敗」を糧として「学び」に変えていく必要があります。その思考パターンこそが、成功の礎となるのです。 ※参考文献一覧 アラン・L. マクギニス(2000)『今できる事から始めよ!あなたには夢としか思えないことを成し遂げる力がある』稲盛和夫訳,三笠書房. 本田健(2004)『夢をかなえるお金の教え 豊かさの知恵‐お金と幸せを呼びこむ「経済自由人」という生き方』フォレスト出版.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

「失敗」を乗り越えるための「ヒント」を学ぼう
Reader Rating 3 Votes