日本の経済状態を誤解している日本人!景気が良くなると思えない理由とは?

半数の日本人の日本の経済への認識は今おかしなことになっています

日本の経済状態は悪い。

恐らく日本人ならば誰もがそう思っていると思います。

勿論最低の国という訳でもありませんが、

バブル経済時期の経済力を維持している日本企業は既になく、

情報化社会への乗り遅れと最先端技術開発への参入の失敗による影響は大きく、

完全に没落成金の末路が重なって見えます。

しかし日本の経済状況を私たちは意外と誤解しているところがあると言うか、

誤解させられているように感じます。

テレビを始めとする各種メディアを見ていると、

近隣の韓国や中国に関しての経済状態の悪化を語る情報を見ることは多いものの、

「世界全体の中で日本の経済と言うのはどんなものか?」

という事について触れている事は多くなく、

日本の経済政策による効果のほどがポジティブに語られることも殆ど見ません。

インターネットで拾える情報の方でならば多少そうしたことへの情報もありますが、

そうした情報を目にするのは日本の経済の情報と言うものを積極的に知ろうとすればと言う前提のもとです。

簡単に極端な事を言うのであれば、

日本の経済状況と言うのはあまり世界と比べて知る機会が日本の経済について興味を持って調べなければ多くの人にはないという事。

情報規制や情報統制とまでは言いませんが、

ただ普段テレビや新聞での社会を知るための情報を取得していると言う人は言ってしまうとメディアに騙されているところがあると言えるでしょう。

はっきり言ってそうした日本の経済状態への興味関心があって調べる人以外で、

今の日本の経済状態であるなら自分は大丈夫と思っている人の大体半分が老後を迎えたときに、

おそらく「こんなはずでは」と言う思いをする事になります。

それぐらいには日本の経済状態と言うのは良くありません。

でも多くの人は悪いとは感じることはあってもどれほど悪いのかと言う程度を誤解しているのです。

そこで今回の記事では一体どんな状態が日本の経済状態なのか?

どうしてそんな日本の経済を誤解する事になるのか?と言ったことを考察しました。

あなたは日本の経済状況をどう感じ、

「どんなもの」だと考えていましたか?

日本の経済に何故誤解が生まれるのか?

この記事のタイトルから考えるにまずこの

「日本の経済に何故誤解が生まれるのか?」

という事について方って行かなくてはなりません。

日本の経済について良くなるという見通しも、

悪くなると言う見通しも様々語られてはいますが、

当然殆どの場合情報は書く人の主観でそうした良し悪しについてが書かれており、

自分が手に入れた情報の中でも「自分がそう思いたい」情報が自分の考えとして残ります。

何故そんな事が起こるのかと言いますと、

メディアで取り上げられているような根拠と言うのは具体的にどうなるという事がイマイチ想像しにくいからです。

例えば日本の

  • GDPについての推移
  • 民間債務の変動
  • 政府発表の試算に基づく平均給与

などと言われたところで実際に自分がいくら損するとか得をするとか、

いくらこれから必要になるお金が増える減るということまでは触れられていないから。

GDPとは国内総生産(こくないそうせいさん、英:Gross Domestic Product、GDP)のことであり、一定期間内に国内で産み出された付加価値の総額のことである。

GDPの意味が分からない人は居なくとも、

それを上げることによる影響と上げるために必要な要素を挙げた上で実際に日本のGDPはどうなって、

具体的に私達の生活がどう変わるのかをぱっと思い浮かべられる人なんてかなり少数です。

もっと言うなら日本の経済の今後と言うものについて情報発信している人のすべてが、

そうしたデータからそれだけの事を考える事が出来ている人かと言うとそんな事も無いと言うのが実際のところ。

なので例えば「日本の民間債務の対GDP比率は167%」と言われたところで、

何が何やらと言う話になるわけです。

勿論これが意味するところが国民がしている借金の金額が増えているという事ぐらいまでは分かる人が多いのですが、

それを実感することとしてどんなことがありますか?

と聞かれると「うーん」となるわけです。

しかしコレを

「そうした借金をなんとかするため税金と言う形で国が私達から平等にお金を集めにきます」

と言われたら「勘弁してくれ!」と多くの人が思うわけです。

ざっと考えるとこうした事があるので殆どの人は最終的に情報にある

「以上の事から良いと言える」

とか

「このような事から悪いと言える」

という所が一番頭に残る訳です。

その為、多くの人は日本の経済状態について誤解をするという事が起こるわけです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

1 2