ガン保険と医療保険の違いとは?保証内容と自分の掛け金を見直そう!


保険の選択をどうすればいいのか?

がん保険や生命保険、確定拠出年金などの選択をどのように選択していますか?

しかし、知識も無いというのに、何かを選ばなくてはならない状況に陥った人も多いと思います。

今日は、癌保険と医療保険について考えてみたいと思います。

がん保険と医療保険

がん保険と医療保険は同じではありません。

異なるものです。

両方共に入ることができれば、安心ですが、保険料はなるべく抑えたいものですよね。

それに、それぞれの特約を入れることで、両方の強みが入った保険が出来上がるために、どちらに加入するか迷う人は多いです。

がんとは

がんは、日本人の死因の一番高いものです。

とはいえ、年齢別で高い死因を見ると異なります。

0歳から4歳までの死因は先天異常です。

5歳から9歳までの死因は不慮の事故で交通事故か溺死です。

10歳から14歳までの死因の一意はがんです。

15歳から39歳での死因の一意は自殺です。

40歳から89歳までの死因一意はがんです。

90歳から99歳までは心疾患で、100再以降は老衰です。

がんは、40歳から89歳までの広い年齢の範囲で死因のトップにあることから日本人の二人に一人がなるともいわれてしまいますが、統計的にはちょっと異なりますので後述します。

遅れるほど治る確率は低くなり、早く治療しても再発する可能性が高いです。

遺伝子はタンパク質の組み合わせでできていてがん遺伝子が発生してもすぐに発病しません。

遺伝子に傷がつくと細胞をがんにしてしまいます。

がんの増殖を促進する遺伝子とそれを防ぐ遺伝子が存在しています。

そのバランスが崩れるとがんの増殖が始まります。

正常な細胞の一部ががん化しても免疫の動きが十分に発揮されれば防ぐことが出来ます。

がんが発症するには、加齢、喫煙や過剰な飲酒、ストレス、栄養不足、睡眠不足、環境汚染、ウィルス感染などの要因が長いとしにわたって蓄積することによって影響しています。

がんの進行とともに正常な細胞を駆逐し、体が衰弱していきます。

ところで、がんの発生確率はご存知でしょうか。

がんになる可能性は男性で生涯で26パーセント、女性で16パーセントです。

男性の高いものでいくと、肺が6パーセント、胃が4パーセント、大腸が3パーセントとなっています。

女性では、胃、結腸、大腸、肝臓、肺のがんになる可能性が高く2パーセントとなっています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

1 2