何事もポジティブにとらえることがお金が無い状態から抜け出す最大の方法である


あなたはお金にどのようなイメージがありますか?

欲を満たしてくれるものではありますが、時には人格を変えてしまう偉大なものです。

また、使うのは簡単で、一瞬でなくなってしまいます。

しかし、手に入れるには努力がともないます。

人は、お金を手に入れるために毎日大切な時間を削って必死に働きます。

お金がたくさんあれば、たいていのものは手に入ります。

時には心を動かすこともできます。

お金とは、みんなが無条件に大好きで欲していて、その存在だけで人間を動かしてしまう大きなものだと思います。

「お金は汚い」と言われることが多いのはどうしてだと思いますか?

お金があれば、なんでも手に入るからだと思います。

人間、お金があれば好きなことが自由にできます。

学校、娯楽、大きな一軒家、旅行など楽しくて快適な思い出をつくることができます。

また、時には人の心を動かすこともできるものです。

お金があるから結婚する、お金があるから働かない。

そういった人間の醜い部分を動かしてしまう偉大なものです。

間違っていることを正しいことに覆すこともできます。

そのような力を持っているため、きたないと言われるのだと思います。

あなたがお金がないと感じた時はどのような時ですか?

私は留学をしたいと思っていました。

しかし、留学には大金が必要です。

お金がある人はどんどんと海外に行っていますが、わたしにはそのような余裕がないので行くことができませんでした。

お金があれば夢を叶えられたのに、悔しいです。

また、欲しいものを見つけた時、財布にお金がないと買うことができません。

そのような状態でも、着たい服を着るという夢を叶えることができません。

つまり、夢を叶えられない時にお金がないと感じます。

お金がないときにはどのような感情を抱きましたか?

裕福な家庭を羨ましく思います。

どうしてあの子の家はお金を出してくれるのだろう。

あの子は稼いでもないのにいつも新しいものを持っている。

このように、お金に困っていない人を羨ましく思う気持ちが芽生えます。

それと同時に、悔しいので稼いでやる、と言ったお金を手に入れるための意欲が生まれます。

お金がないことを理由に諦めたくないと思い、同じような贅沢ができるようになりたいからです。

それが、仕事への貢献度につながっているのだと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

1 2