お金がない生活を楽しむ為には心を豊かにしてくれるパートナー・友人・家族を大切にすることが大事

日本はお金にまつわることを学ぶ機会があまりにも少ない

昔と違い、無一文で自給自足出来る生活をすることは現実的にほぼ不可能な中、お金は生活をする上で必要不可欠なものです。

それを得る為に、自分を高め、努力し我慢しながら労働を行っている人が大半だと思います。

お金のあるなしが、

その人の価値を決めるとは思わないが、

そのあるなしによってその人の人生が変わることは間違いなく、

扱う側にも使い方など、

それなりに勉強が必要なのにもかかわらず、

現在の日本の教育ではお金がすべてとすることを良しとしない

美学なのか、お金にまつわることを学ぶ機会があまりにも少ない。

私自身はお金は自信を高めるツールとして、価値のあるものだというイメージがあります。

「お金は汚い」と言われることが多いのはどうして?

良くお金は汚いと言われますが、お金は汚くはなく、それを扱う人間が汚いということだと思います。

欲におぼれた一部の人間が、お金の為に犯罪に手を染める、お金があることを自慢する、ない人を卑下するなど、

人間が安易にとる行為によってこのような言われ方をするのだと思います。

本来、お金というものは人の生活を豊かにするものであって、決して汚いものではないはず。

お金を扱う人がその利用方法や価値をしっかりと理解して使うことが重要だと思います。

あなたがお金がないと感じた時はどのような時ですか?

外に出ていて、財布の中をみたら小銭しか残っていなかったり、

家計簿をつけていて確定している支出額を引いたら、

僅かばかりしかお金が残らないと知った時にお金がないと感じ、危機感と寂しさを覚えます。

また、

  • 御祝い事などで相手に贈り物をするとき
  • 祝儀を渡すとき
  • 欲しいものがあり、その価格と財布の中身を見比べた時など、

数えきれない程そのようなことはあるが、

その度頑張らないとと思い自分を奮い立たせ、明日の仕事に向かいます。

お金がないときにはどのような感情を抱きましたか?

お金がないときは、

  • 将来に対する言いようもない不安と寂しさ
  • 家族に対する申し訳なさ
  • 自分に対するふがいなさ
  • 無駄な買い物をしたという後悔
  • もっと頑張れば良かったと過去と振り返っての後悔

などマイナスな感情を持つことが大半で、あまり考えたくないというのが率直な感想です。

しかし、現実問題として避けれないものなので、

向き合って今何が出来るのか、

最終的には無理やりにでも前向きな感情に持っていくように努力し、

明日を前向きに生きるようにしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

1 2