お金がないと生活していくのに金銭的だけでなく精神的余裕がなくなる


あなたはお金にどのようなイメージがありますか?

誰もがほしいと望むもの。

ないと困るけど、ある分にはいくらあっても困らないもの。

人の人生を大きく変える原因になるもの。

人の欲望のすべてがつまったもの。

若いころはお金がなくても、と思っていたが、

結婚して家庭をもつと、お金の必要性を身に染みて感じている。

お金がないと、生活していくのに金銭的だけでなく精神的余裕がなくなる。

実際に我が家の夫婦喧嘩の原因で一番多いのがお金のこと。

生きていくにあたって、特に現代では、お金がかかる物、事が多い。

「お金は汚い」と言われることが多いのはどうしてだと思いますか?

お金には、人の欲望が詰まっているから。

お金を持っている人は、そのお金でいいことも悪いこともやろうとする。

お金がほしい人は、お金ほしさにどんなことでもやろうとする。

汚いだけのものではないと思うが、汚いと思わせるような事件が多いから。

特に政治絡み。

自分で一生懸命得たお金なら、それなりの使い方をするが、

使っても自分の損にならないお金なら、いくらでも使ってやろうとする。

お金をきれいな使い方をするほうが難しいのかもしれない。

あなたがお金がないと感じた時はどのような時ですか?

今、現在。結婚して、こどもが小さいころまではまだよかったが、

幼稚園に行きだして、さらに下の子がうまれて、常に金欠状態が続いている。

幼稚園に行きだすと、ママ友付き合いがものすごく増え、

高いランチはめったに行かないけど、安い弁当を買うのだって、

庶民からしたら毎日の積み重ねがかなりの金額になってしまう。

下の子がうまれると、同じものを2つ買わなくてはならなかったりと、1回の様々な出費が倍増する。

子育てはいろいろな意味でお金がかかる。

お金がないときにはどのような感情を抱きましたか?

お金がほしい。

とにかく100円でも1000円でもほしい。

芸能人や政界人にとっては、1万円なんて一瞬でなくなってしまうのかもしれないが、

我が家にとっての1万円は、1週間生活できる額。

サラリーマンが稼げる額には限りがあるので、

セレブに生まれたかったとか、

宝くじがあたればなとか、

非現実的な感情がうまれる。

もっとお金にこまっている人もたくさんいるのだから、

と思ってみたりするが、やっぱりお金がほしい。

とにかくほしいの一言。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

1 2