お金は汚いと言われますが、一体誰が言っているのか?


あなたはお金にどのようなイメージがありますか?

私にとってのお金は、当たり前ですが、なくてはならないもの、あるからこそ、心に余裕が持てるものだと思っています。

今の私は、それほどお金に困っているとは感じてはいません。

それは他人と(周りの人と)比較した場合に、多く保有しているからです。

それが、自身の余裕にもつながっているものだと考えています。

なければ、目の前の生活ために四苦八苦する必要が、人生に余裕がなく、齷齪とした生活になってしまいます。

だから、私にとってお金とは余裕を生むものと思っています。

「お金は汚い」と言われることが多いのはどうしてだと思いますか?

お金が汚いと言われますが、では、誰がそういうのでしょうか。

世間一般のお金持ちの方が言うと思いますか。

私はそうは思いません。

自身が一般より(その人の価値観に左右されるが)お金を持っていないと感じている、考えている方がそのように言うと思います。

お金はなくてはならない、この世の中で生活するにはなくてはならないものです。

それを汚いというのは、間違った考え方だと思います。

別の視点になりますが、お金が犯罪の原因となることが多いこともお金は汚いと言われる所以の一つかもしれません。

あなたがお金がないと感じた時はどのような時ですか?

仕事を辞めたいと思うときです。

つらく、どうしようもなく、仕事を辞めたいと思うことは、社会人である以上一度や二度はあることだと思います。

そのような中で実際に辞めることはできませんでした。

なぜかというと、お金がなければ生活が出来ないからです。

親に泣きつくこともできたのでしょうがそれは、一社会人としてあまり良いとは思えないからです。

もし、仕事を辞めたいと思ったときに、お金が十分にあれば、辞める決断を出来たのかもしれません。

お金がないときにはどのような感情を抱きましたか?

無性にむなしいと感じたと思います。

その様に書きましたが今思えば実際にそのように思ったかは定かではありません。
その当時でも、ある程度のたくわえ、頼れる親もいましたので、本当にそのように思ったかはよくわからないというのが本音です。

お金がないことはすべてに影響すると思います。

それは最初に述べたように、余裕につながるものだと思うからです。

お金がなければすべてが、うまく回らない原因の一つではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

1 2