お金がなくても人との繋がりを大切にすれば、そこからお金を手に入れる糸口が見つかる

shutterstock_393507973

あなたはお金にどのようなイメージがありますか?

私にとってお金とは、ある程度の幸せを得る近道ができるアイテムというイメージがあります。

いくらお金があっても幸せは手に入れられないと言いますが、お金があることによって心に余裕が生まれ、尚且つ自分だけの幸せでなく他の人を幸せにすることもできます。

お金は自分をより一層幸せにしてくれるツールとして、また、生きていく為には絶対に必要な存在です。
無人島や自給自足じゃない限り、現代社会ではお金で何事も上手くいくといっても過言ではないと思います。

「お金は汚い」と言われることが多いのはどうしてだと思いますか?

お金が汚いと言われる理由の一つとして、まずはお金の存在価値が高すぎて本来なら守られるべきはずの人間界の秩序を乱すことができるからだと思います。

お金があれば好きなものも買えるし、嫌いなものは排除できる。

たとえば、性格の悪い金持ちが性格の良い貧乏人をいじめていたとしたら、最初は性格良い貧乏人の味方をするかもしれません。

しかし、性格の悪い金持ちに一生暮らせる分のお金と、趣味にも困らない程度のお金をあげるから味方をするのはやめてくれないか?と、言われたら大体の人はお金をもらいいじめは黙認するでしょう。

だって、本当なら関わらなくてもいい案件に首を突っ込みさえしなければお金が貰える。

これ以上良い話はないはずです。

こういった人間界の秩序を乱すことができる”お金”は汚いと言えるのかもしれません。

あなたがお金がないと感じた時はどのような時ですか?

欲しいと思うものが買えなくなったり、実生活の中で食費を削ったりした時です。

また、友人からの遊びの誘いにお金がなくて行けない時にもお金がないと感じます。

趣味に費やす時間はあってもお金がないと趣味も捗らない時は虚しささえ覚えます。

他には、暫く下ろしていなかった通帳を見た時に、頭の片隅でこれくらいあるだろうと考えていた額が通帳に入ってなかった時も自分が消費したお金とはいえ、お金がないと感じてしまいます。

お金がないときにはどのような感情を抱きましたか?

虚しさと、情けなさと、働かなければいけないという感情を主に抱きました。

今はフリーターなので多額のお金を受け取ることもないのですが、今後正社員として働いた時にどうやってやり繰りしていけばいいのか?だとか、そもそも正社員になるまでどうやって貯金をすればいいのだろうか?といった不安も抱きます。

お金が将来をも変えると思うので、今の内からしっかりと考えて動いていかなければ…このままじゃいけないなと感じます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

1 2